呪術廻戦 134話 ネタバレ 感想 偽夏油の正体 京都メンバー到着

漫画「呪術廻戦」の最新134話「渋谷事変51」を読んだネタバレ感想です。偽夏油に先手必勝とばかりに殴りかかる虎杖だったが、夏油の呪霊操術を前にボコボコにされる。真人は夏油の呪術でボール状に姿を変えられてしまう。

 



スポンサーリンク


 

134話の続き、呪術廻戦最新135話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦133話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦133話の振り返り

 

呪術廻戦 133話 ネタバレ

虎杖に合流する前に東堂は新田と副都心線のホームで五条悟が閉じ込められた獄門疆が持ち去られたことを察する。

宿儺と漏瑚の戦いに巻き込まれたパンダと日下部。日下部は虎杖が肉体をコントロールできていないことを咎め、虎杖の死刑に賛成だという

マレーシア、クアラルンプールでは夏油から逃げた冥冥と憂憂の姿が。

夏油に殴りかかろうとする虎杖だったが呪霊操術を前にボコボコにされる。真人が隙を突き夏油に襲いかかると、夏油は真人をボール状にしてしまう

 

呪術廻戦 最新 134話 ネタバレ 感想

 

京都メンバー到着

ボロボロの虎杖を前に夏油は「極ノ番」について説明する
極ノ番とは領域を覗いた術式の奥義のようなもので、夏油の呪霊操術の極ノ番は「うずまき」と呼ばれ
取り込んだ呪霊を一つにまとめ超高濃度の呪力をぶつけるのだという

 

 



スポンサーリンク


 

取り込まれた真人が超高濃度化された武器になるわけですねー
極ノ番のことすっかり忘れてたので説明してくれて嬉しい

 

うずまきの真価は準一級以上の呪霊を使用した時に起こるという
術式の抽出だと言って真人を閉じ込めた球を飲み込む

 

真人の術式が使えるようになるってことですかね
人造人間とか無為転変かな

 

夏油は敵の気配に気づいていた
見上げると、箒に乗った西宮が

合図で加茂が攻撃するがかわされる
真衣の銃も防がれる

背後から三輪が抜刀するが、簡単に刀を掴まれて片手で折られてしまう

 

京都メンバー登場でテンションあがったのにーーー夏油強すぎだあああ

三輪ちゃん一転ピンチ

 



 

 

夏油は「うずまき」を発動
衝撃で地面に巨大な穴があく

攻撃を食らう寸前のところで日下部とパンダが救出に

脹相も登場
脹相は夏油の姿を見るなり鼓動が速くなる
それは、母をかつてもてあそんだ憎むべき相手、加茂憲倫だった

 

パンダパイセン来てテンションあがったのも束の間
夏油の正体が判明しましたね
加茂さんと同じ加茂!

 

加茂の名を聞き驚く京都メンバー、本当なら150歳を越えていると
日下部は夏油の結界術や術具の所持を考えると妥当だと考えていた

夏油は加茂憲倫も数ある名の一つにすぎない、好きに呼びなと気にしていない様子

脹相はよくも弟を殺させようとしたなと、夏油に迫る
そこへ裏梅が乱入
引っ込め三下、これ以上待たせるなと戦闘モードに

 

 



スポンサーリンク


 

脹相が秒殺される予感・・・謎多き裏梅の実力が垣間見えるかもしれませんね
裏梅はそもそも何待ってたんですかねー。偽夏油に用があったのですかね、それとも虎杖、宿儺かな

京都メンバーも参戦で盛り上がってきました!逆に虎杖ほぼ出番なかったなー(笑)

 

呪術廻戦 135話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。