呪術廻戦 135話 ネタバレ 感想 虎杖に新たなブラザー爆誕

漫画「呪術廻戦」の最新135話「渋谷事変52」を読んだネタバレ感想です。偽夏油と戦う虎杖、そこへ京都メンバー、パンダ、日下部、脹相が。脹相は夏油が母をもてあそんだ加茂憲倫だと気づく。襲いかかる脹相に裏梅が割って入る。

 



スポンサーリンク


 

135話の続き、呪術廻戦最新136話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦134話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦134話の振り返り

 

呪術廻戦 134話 ネタバレ

夏油は極ノ番、「うずまき」について語る。取り込んだ呪霊を一つにまとめ超高濃度の呪力をぶつけるのだという

京都メンバーが参戦するも敵わず、ピンチに日下部とパンダが登場。続いてやってきた脹相は夏油を見て、それが憎むべき相手、加茂憲倫だと気づく

夏油に襲いかかる脹相、そこへ裏梅が割って入る

 

呪術廻戦 最新 135話 ネタバレ 感想

 

脹相アニキ

脹相は自分の術式の影響で、弟たちの異変を感じ取れるのだった
渋谷の地下で絶望していたのは虎杖の死を感じたから
加茂憲登倫が身体を変えて生き延びているように、虎杖も自分の弟なのでは?と考えたのだった

脹相は全力でお兄ちゃんを遂行すると赤血操術を繰り出す

 

 



スポンサーリンク


 

お兄ちゃん(笑)脹相めっちゃいいキャラしてんじゃん

そのせいで不思議と緊張感なし!

 

裏梅が脹相の穿血を受け止める
速さに驚く裏梅
脹相はそのまま今度は夏油に攻撃
しかし夏油にはクリーンヒットせず

パンダ先輩は脹相の戦いっぷりを見ながら虎杖に他人だよな?と確認する
他人どころか一度殺されかけていると応える虎杖

 

脹相のこんな有効活用があったとは!
でも脹相だけじゃ勝てないし、メンバー総力戦ですかね

 

全員で攻撃をしかけ、獄門疆を奪い返そうとする
次の瞬間、悪寒が走る
裏梅が氷凝呪法「霜凪」を放つ
メンバーは氷で凍らされてしまう

 

ついにでた!裏梅の実力
やっぱ強いですね。下手に動けば身体が割れるって・・ヤバい技っす

 

 



 

氷を溶かそうとする脹相、裏梅がトドメを刺そうとしたところで虎杖が氷を割って飛び出す
宿儺のせいか、氷結が虎杖だけ甘かったようだ

空から西宮も攻撃するも、素手で払われてしまう
西宮は歌姫先生の準備ができるまで時間を稼ごうという

イラつく裏梅は伝達者としてパンダたちを殺さず残しておけと夏油に言われていたが、虎杖ひとりで充分だと
氷凝呪法「直瀑」で全員にトドメを刺しにかかった

死を覚悟した面々の前に、九十九由基が現れ氷を弾き飛ばした

 

歌姫が来たのかと思いきや
ままままっまままさかの九十九ねーさん

これはすごいことになりそうです。地味に裏梅が厄介なんですがもう1人くらいつえー仲間がほしいですね
九十九は夏油で、残りで裏梅対応でしょうか

 

呪術廻戦 136話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。