呪術廻戦 136話 ネタバレ 感想 九十九由基 VS 夏油 伏黒津美紀登場

漫画「呪術廻戦」の最新136話「渋谷事変53」を読んだネタバレ感想です。夏油と裏梅から獄門疆を奪い返そうとする虎杖たち、虎杖を弟だと信じて疑わない脹相も参戦するが裏梅の呪術を前に苦戦。そこに九十九由基が現れた。

 



スポンサーリンク


 

136話の続き、呪術廻戦 最新137話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦135話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦135話の振り返り

 

呪術廻戦 135話 ネタバレ

虎杖の死の危険を感じ取った脹相は虎杖を弟と信じ、裏梅と夏油に襲いかかる。しかし夏油と裏梅は脹相をかわす

全員で夏油を追い詰めてなんとか獄門疆を奪い返そうとするが裏梅の氷凝呪法「霜凪」で凍ってしまう。

裏梅がトドメを刺そうとしたその時、九十九由基が現れた

 

呪術廻戦 最新 136話 ネタバレ 感想

 

九十九由基 VS 夏油

九十九はかつて夏油に話した世界から呪霊をなくす方法の話しを持ち出して時間を稼ぐ
ラルゥが動く時間を捻出するためだ

呪力から脱却することが人類の未来だと語る九十九に夏油は真っ向から反対
呪力の最適化こそが未来だと

 

 



スポンサーリンク


 

ラルゥ!!ってあのトランスジェンダーのマッチョですよね。九十九の仲間なの?
打倒偽夏油のために手を組んでいるのでしょうか

 

九十九は最適化プランには穴があると反論
日本以外で呪術師の発生はすくなく、最適化するには天元が必要
呪力が最適化されて術師となり得るのは、そうすると日本人限定となる
呪力を日本が独占してしまうと他国が黙っていないだろうと

夏油は九十九の反論を笑って一蹴。そもそも目的が違うのだと。
自分が創るべきなのは自らの手を離れた混沌だったのだと話しながら、術式を展開

夏油が何をするつもりか瞬時に理解した九十九だったが時既に遅し
夏油は先程取り込んだ真人の術式「無為転変」を展開
九十九はそれが天元の結界ではなく、術式の遠隔発動だと気づく

 

取り込んだ真人、さっそく有効活用してるーー
九十九は時間稼ぎ出来たんですかね・・・

 

 



 

夏油はマーキング済みの2種の非術師に遠隔で無為転変を施したのだという

その一人は、病室で眠っていた伏黒津美紀
伏黒の義姉だった

 

おおおおおのおおおおおお
これは、伏黒姉弟対決になっちゃうのかーー

 

夏油は虎杖のように呪物を取り込んだ者、吉野順平のように術式を所持しているが脳のデザインが非術師の者の脳を術師のに変えたのだと
そうすることで呪物を取り込んだものは器として強度があがり、脳のデザインが変わった者は術式を発揮する仕様を手に入れたのだと説明

 

伏黒姉はどっちでしょうか、額に字みたいなのが浮かび上がってたし、前者なのかな

 

夏油が封印を解いたため、二人は目を覚ましたのだという
そして二人には呪力の理解を深める為に、殺し合いをさせると

 

早速二人で殺し合いということは夏油側につくわけでもないのか・・・伏黒ねーちゃんが生き残るんだろうな

 

脹相の毒が効き、裏梅の氷が解ける
ボロボロになりながらも再び夏油に立ち向かおうとする面々

 

なお日下部(笑)
気を失ったふり続けるの嫌いじゃないけど、そこにいるの危ないと思う

 

 



スポンサーリンク


 

まだ話の途中だと夏油
配った呪物は術師たちの成れの果てだが、契約したのは術師だけじゃないと
次の瞬間、夏油の身体から呪霊が大量に飛び出す

夏油は獄門疆を手にその場を去ろうとする
虎杖に別れを告げて、宿儺に再び呪術全盛、平安の世が始まると言い残した

 

渋谷事変まもなく終了ですかね
夏油は逃げおおせて、あとは雑魚?の呪霊たちを祓って・・・って五条先生も取り返せなかったし、いっぱい人間死んじゃったし
敗戦ってことですかね・・・

 

呪術回戦 137話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。