呪術廻戦 138話 ネタバレ 感想 その後の禅院家 虎杖と脹相

漫画「呪術廻戦」の最新138話「禅院家」を読んだネタバレ感想です。夏油だけでなく虎杖にも呪術総督部から死刑宣告。死刑執行役として乙骨が任命される。乙骨は虎杖により腕を落とされた狗巻の敵をうつべく立候補したのだった。

 



スポンサーリンク


 

138話の続き、呪術廻戦最新139話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦137話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦137話の振り返り

 

呪術廻戦 137話 ネタバレ

夏油が放った呪霊が東京に溢れかえり、首都は崩壊する。乙骨は狗巻の腕を落としたと虎杖を恨む。

呪術総督部は呪術師たちに通達。夏油に死刑宣告、五条悟は呪術界を追放され、夜蛾は死罪に。そして虎杖も即死刑に。死刑執行役は特級術師の乙骨だと。

 

呪術廻戦 最新 138話 ネタバレ 感想

 

禅院直毘人の遺言

 

禅院家では当主の禅院直毘人が峠を迎えていた
特別1級術師の禅院直哉、禅院扇、禅院甚壱が集まる

 

真希さんが死にかけてるって・・・渋谷事変であの後呪霊たちと戦ったってことかなー・・・もしくは
会話から真依は無事のようですが狗巻が腕失ったことを考えると宿儺登場説が濃厚ですかねー

 

 



スポンサーリンク


 

直哉は甚壱と扇を煽り、一触即発
そこへ直毘人が亡くなったと弁護士のフルダテが遺言状を持って現れた

 

直毘人亡くなってしまった・・・・おじいちゃんとはいえかっこよかったのにな

 

遺言状は冒頭直哉の期待通りだった
27代目の当主を直哉とすること
保管されている呪具及び全財産を直哉が相続、扇、甚壱いずれかの承認を得て直哉が運用

しかし、遺言状はまだ続いた
何らかの理由で五条悟が死亡または意思能力を喪失した場合
伏黒甚爾との誓約状が履行され、伏黒恵を禅院家へ迎え入れ
恵を当主とし全財産を譲るとあった

 

おおおおお、まさかの伏黒甚爾からのーー伏黒恵!!
当主になっちゃいましたよ

 

キレる直哉
恵の居所を女中に尋ねると東京で虎杖の捜索にあたっているのだという
直哉は宿儺の器を殺してやると伝えるように命じる
恵も虎杖と一緒に殺して、禅院家当主の座を取り返すつもりだった

 

伏黒も追われる立場になったわけですね・・・
直哉特一級なんで強いんでしょうね

 

虎杖は九十九由基に渋谷事変直後に言われた言葉を思い出していた
呪霊が夏油から解き放たれた時に、一度泳がせて様子をみるべきでは?と迷ってしまったと詫びる
代わりにあの場にいた仲間達を責任を持って送り届けるという

 

 



スポンサーリンク


 

天元のことにもまた触れていました
九十九由基、次出てくるのは結構先になりそうですね。結局あまり実力もわからなかったです

 

階段に腰掛ける虎杖に脹相が
気を使わずに高専に戻っていいんだと伝えるも
虎杖は人をいっぱい殺してしまったから皆とはいられないのだと目を伏せる

ふたりは呪霊を倒しに、外へと向かう

 

久しぶりの虎杖の表情はどこか大人びてましたね。あと顔の傷?がありましたけどあんなのいつ出来たんだろう
直哉と乙骨に追われるという、悪夢のような状況ですね
そろそろ夏油が何しているのかも描いてほしいです

 

呪術廻戦 139話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。