呪術廻戦 最新 147話 ネタバレ 感想 夜蛾と楽巌寺そしてパンダ

漫画「呪術廻戦」の最新147話「パンダだって」を読んだネタバレ感想です。天元と共に死滅回游のルールを確認する。メンバーはそれぞれの役割を確認。真希は虎杖と伏黒に停学中の3年、秤金次に協力を仰げと指示。とあるお笑いライブの会場にはウケない中年芸人が死滅回游のプレイヤーとして覚醒した。

 



スポンサーリンク


 

前話、呪術廻戦146話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦146話の振り返り

 

呪術廻戦 146話 ネタバレ

天元とともに死滅回游のルールをおさらいする。そしてこれからの動き方を整理。真希は真希は禅院家へ戻り呪具を回収、そして天元に組屋鞣造のアトリエの件を依頼する

乙骨は先にコロニーに入り回游に参加し情報収集するという、そして真希は虎杖と伏黒に停学中の3年、秤金次に協力を仰げと指示。

 

呪術廻戦 最新 147話 ネタバレ 感想

 

夜蛾とパンダ

幽閉された夜蛾はパンダの作り方を楽巌寺に問い詰められるが知らないと応える

精神世界、天元が守る森の中で呪骸のタケルとと話をする夜蛾
タケルは皆が心配しているという
夜蛾はしばらく帰れない、長い出張だという

タケル達はまさみちがいないと寂しいと応える

 

 



スポンサーリンク


 

夜蛾は夏油と五条を唆し 渋谷事変を起こしたとし、死罪になったんですよね
殺されちゃう前にパンダの造り方訊かれてましたが
上層部は楽巌寺が言ってたみたいに、増産して軍隊を作るつもりなのでしょうか

 

日下部は同じく拘束されていたパンダを開放してやる
夜蛾には恩があると、過去を回想する

夜蛾は日下部の甥を呪骸、タケルにしたのだった
息子を亡くし、失意のどん底にいた日下部の妹をなんとかしてやりたかったのだった

タケルが息子だと理解した妹はタケルを抱きしめて涙する
日下部はその姿に涙をこらえ、夜蛾に礼を伝えた

 

泣かせる!!タケルはこれからも出てきそうな予感

 

脱出した夜蛾を術師が追う
楽巌寺も現れ、夜蛾を追い詰めた

夜蛾は死に際に呪骸の造り方を伝える
魂の情報を呪骸の核に入れる。相性のよい3つの魂を宿した核を呪骸に入れることで
魂が安定し、自我が芽生えるのだと

 

パンダもタケルも3つの魂が入っているのか・・・
パンダの過去は更に今後深ぼられそうですね

 



 

 

楽巌寺はどうして今更・・と驚く
夜蛾は自分から楽巌寺への呪いだと伝え事切れた

 

そこへパンダが急いでやってきた
戦闘態勢に入る楽巌寺
しかしパンダは楽巌寺の前を通り過ぎ、夜蛾のもとへ
どうして戦わない、憎くないのかと楽巌寺
パンダは人間と違ってそんなものには囚われない
楽巌寺も上に命令されてやっただけだろうと理解を示す

ただ、パンダだって泣くのだと涙が止まらなかった

 

ぱんだああああああ
やがああああああああ

今回のエピソードは泣かせるわー

次号休載なのですが死滅回游始まる前にルール忘れそう(笑)

 

呪術廻戦 148話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。