呪術廻戦 151話 ネタバレ 感想 禪院直哉 VS 禪院真希

漫画「呪術廻戦」の最新151話「葦を啣む -肆-」を読んだネタバレ感想です。真依から呪術の力を受け取り完全体となった真希は禪院家を殲滅しようと戦う。躯倶留隊、炳と次々に倒した真希が最期に迎えるのは禪院直哉だった

 



スポンサーリンク


 

151話の続き、呪術廻戦最新152話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦150話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦150話の振り返り

 

呪術廻戦 150話 ネタバレ

扇を倒した真希、禪院家では警鐘が鳴り響く。躯倶留隊が真希を捕獲しようと襲いかかるが全滅。隊長の禪院信明は準一級以上の実力を持つ禪院家の術師集団、「炳」と真希を殺そうとする

真希は真依との全部壊す約束を守るべく、信明と炳の欄太、長寿郎、甚壱を倒す。そして、炳の筆頭である禪院直哉と対峙する

 

呪術廻戦 最新 151話 ネタバレ 感想

 

禪院真希 VS 禪院直哉

直哉は幼い頃に初めて見た禪院甚爾の姿が忘れられなかった
次期当主は間違いなく自分で、男のくせに呪力が一ミリもないと聞き
さぞかしショボクレた人だろうと考えていたのに、実際の甚爾の眼差しを見たときに直ぐ考えが誤りだったと理解したのだった

 

(甚爾の目怖え)

 

 



スポンサーリンク


 

直哉は連打
真希は防御しながら数を数えている

 

(真希は何数えてんでしょうか)

 

投射呪法で真希を圧倒し続ける直哉
お前は甚爾じゃない、誰も甚爾を理解していない、おそらく五条悟を除いては。と考えていた

 

(直哉めっちゃ強くない?脹相とやったときとレベチなんだが・・・あと投射呪法で下敷きみたいになるの面白いよね)

 

五条悟や甚爾の側に立つのは真希じゃない、自分だと真希への攻撃の手を緩めない
真希はマズイと感じていた

直哉の投射呪法は絶えず術式を重ねるほど、出せる速度が上がるのだ
直哉は脹相のときのようなヘマはしないと、攻撃を続ける
力は重さと速さだと真希に襲いかかる

真希は長期戦は不利だと判断
「不知火型」で迎え撃つ

投射呪法発動中の掌に触れたものは1/24秒で動きを作らなければならない、失敗すれば1秒フリーズしてしまう
直哉に触れられた真希、直哉は真希の背後を取り動けない真希に襲いかかる
しかし、次の瞬間真希のカウンターが直哉の顔面へ

 

 

真希は直哉も直毘人も1秒に24回動きを刻んでいたのだと理解していた
この体になってようやくそれが見えたという

 

直哉勝利のペースでしたが、最後は真希さんがかっこよくキメてくれましたね
数えてたのは投射呪法の1/24だったのかな

にしても真希、禪院家全滅させる強さということで
今や脹相や虎杖より強そうですねー

って呪具どこやーーー

 

呪術廻戦 152話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。