呪術廻戦 最新 152話 ネタバレ 感想 休載前ラストエピソード 禪院家殲滅

漫画「呪術廻戦」の最新152話「葦を啣む -跋-」を読んだネタバレ感想です。禪院直哉が禪院真希に襲いかかる。投射呪法で真希を圧倒し続ける直哉、脹相のときのようなヘマはしないと、攻撃の手を緩めない。しかし真希は投射呪法の仕組みを解明し、勝利する

 



スポンサーリンク


 

前話、呪術廻戦151話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦151話の振り返り

 

呪術廻戦 151話 ネタバレ

真希に襲いかかる直哉、投射呪法で真希を圧倒し続ける

真希は長期戦は不利だと判断「不知火型」で迎え撃つ

 

呪術廻戦 最新 152話 ネタバレ 感想

 

禪院家の最期

台所で料理していた母の元へやってきた真希
姿を見るなり拒否反応を示す母に、あの時どうして戻れと言ったのだ?と扇の待つ忌庫への入り口での会話について尋ねる
母は何の話?と意味がわかっていなかった

真希は母を殺めた

 

(扇がいるとわかっていたろうに、どうして止めたのかって、もしかしたら自分を助けるために言ってくれたんじゃ・・・と一縷の望みに賭けたけど、母はすっかり忘れていたのか?そもそも扇がいるって知らなかったのか、はたまた料理に夢中で思考停止してしまったのか・・助かるギリチャンスでしたが、無念ですね)

 

 



スポンサーリンク


 

虫の息ながらも、まだ息をしていた直哉
這いつくばりツメが甘いと毒づいていると、背後から首から血を流し、自我のない母が
母は直哉の背中を包丁で突き刺しトドメをさした

 

(前話の顔パンでは流石に死んでないと思ったけど、這いつくばるまでの攻撃力はあったってことですね。あとお母さんをいのままに操っているようですが新しい術式なのかな?)

 

母も息絶えて、あの世で幼い真希と真依をまえにして産んでよかったとつぶやいた

真希は真依の遺体を担いで禪院家を出る
外には西宮桃が
真依を託し、真希は禪院家の残りの炳と躯倶留隊を駆逐
その後、五条家と加茂家より呪術総監部に禪院家の御三家除名が提案されたが
総監部は保留としていた

 

葦を啣むシリーズ壮絶でしたね。
真希が超絶パワーアップしたのは嬉しいですし、直哉含め胸糞組を一掃してくれたのもスカッとはしました
が、真依が死んでしまったのは辛い・・

 

 

真依との約束だった全部壊すっていうのを父扇だけじゃなく母に対しても実行した真希の徹底力
この地獄を越えたからこその強さが、このあと発揮されるのでしょう

 

しばらく休載となってしまうのは残念ですが、
英気を養い、死滅回游編が壮大にパワーアップして再開しそうで期待高まりますね!

 

呪術廻戦 153話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。