鬼滅の刃 180話 ネタバレ 感想 新たな死と無惨の姿

漫画「鬼滅の刃」、最新180話「恢復」のネタバレ感想です。上弦の壱を倒した悲鳴嶼と不死川だったが、玄弥と時透が果てる。不死川は弟、崩れ散る玄弥を抱きしめようと涙。悲鳴嶼は無惨を倒すまで終わりではないと不死川を連れ無惨の元へ急ぐ

 

 

180話の続き、鬼滅の刃 最新 181話のネタバレ感想はこちら

前話 鬼滅の刃 179話 振り返り

 

鬼滅の刃 179話 ネタバレ

悲鳴嶼は意識を失ってもなお上弦の壱に攻撃を続けようとする不死川を止める

半身となった玄弥は悲鳴嶼をそばに呼び、時透の手当をという。悲鳴嶼は意識のあるうちにと不死川を玄弥のそばに寝かせてやる

時透の亡骸にお別れを告げる悲鳴嶼。時透は死後の世界で兄の有一郎に再会する

目を覚ました不死川、玄弥の変わり果てた姿に驚き涙して取り乱す。玄弥は死ぬな幸せになれと伝えて消えた

悲鳴嶼はうなだれる不死川に無惨を倒すまで終わりではないと告げた

 

鬼滅の刃 最新180話 ネタバレ 感想

 
扉絵は玄弥と時透の後ろ姿・・・
もう衝撃的すぎた前話179話、今回は不死川と悲鳴嶼が無惨の元へ?かと思いきや
場面は変わって炭治郎たちと無惨の様子が描かれたエピソードでした

 

 

 

無惨復活

無惨の元へ急ぐ炭治郎と冨岡
途中、カラスが玄弥と時透の死を告げるのを耳にした炭治郎は涙が溢れたが走るのをやめなかった

 

大粒の炭治郎の涙・・それでも走るのを止めないのがセツナすぎる

 

炭治郎は千寿郎からの手紙でヒノカミ神楽には十三の形があるのを知る
自分が十二しか知らない、受け継ぐことができなかった者だと引け目を感じるも、それでも無惨を倒すと心に誓う

 

ヒノカミ神楽の形、12ですが、そんなにあったかなと思ってガイドブック見たら結構炭治郎使ってた
ガイドブック載ってる10個と猗窩座を倒した斜陽転身で11個

円舞、炎舞、烈日紅鏡、壁羅の天、幻日虹、日暈の龍 頭舞い、火車、陽華突、灼骨炎陽、円舞一閃、斜陽転身

でしょうか。残りの1つはこれから出てくるんですかね
そして炭治郎がまだ知らない十三の形も気になります

 

 

 

輝利哉は無惨の復活を感じる
くいなとかなたが隊士たちがまもなく無惨の元へ到着すると伝えると輝利哉は焦って待機を命じる

無惨の元へと到着した隊士たち
肉の繭から飛び出した無惨が隊士たちを食料として食い殺した

 

新無惨の姿・・・やべーー。口がいっぱい。このいろんな口で一気にたくさん食べたんだな隊士を
前よりも若返ってる感がありますね
髪の色も変わってるし、得意の擬態なのかな?と思ったけどそれ以上の変体ですね
これからセル(懐かしい)みたいにどんどん姿が変わってくのでしょうか。上弦の壱もそんな感じだったし

 

無惨は珠世の頭部だけをまだ手にしたまま
鬼を人間に戻す薬も効かなかったぞと語りかける
珠世は夫と子供を返せと涙する、無惨は珠世に自分が殺した身内の元へ行くがいいと頭を握りつぶした

 

 

 

いやだーーー玄弥と時透に続いて珠世さんもですか・・・
頭だけ残しとくとかほんと無惨は残酷ですわ

薬効いたけど、肉の繭の効果で治癒か・・・ほんとにどうやったら無惨倒せるのでしょうか
お館様も自爆までしたのに回復しちゃって。。。

 

愈史郎はカラスがつけていた眼から珠世の死を知る
第2隊士たちも無惨は食い殺した

 

愈史郎の精神状態が心配・・・
まず新型の無惨に最初に到達するのは誰でしょうか
現上弦の肆、鳴女と戦ってた甘露寺と伊黒でしょうか
それとも炭治郎、冨岡コンビが先かなー

甘露寺と伊黒はまだ見せ場ないから、鳴女との戦いを見せるか
そこは省略していきなり無惨との勝負でしょうか
無惨のラストシーンの皆殺し宣言から、無惨が攻めてくることも考えられますね

 

 

 

鬼殺隊の状況整理

炭治郎/冨岡 – 無惨の元へ向かう
甘露寺/伊黒 – 上弦の肆、鳴女と戦う
悲鳴嶼/不死川 – 無惨の元へ向かう
愈史郎/村田 – 無惨の元へ向かう
カナヲ/伊之助/善逸 – 負傷していたが愈史郎が治療済み?

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡

 

鬼滅の刃 181話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。