鬼滅の刃 181話 ネタバレ 感想 復活した無惨に最初に対峙したのは?

漫画「鬼滅の刃」、最新181話「大災」のネタバレ感想です。無惨の元へ向かう炭治郎と冨岡は玄弥と時透の死を知り涙。無惨は肉の繭から復活。集まった隊士たちを食い殺して、珠世を殺した。愈史郎は無惨に珠世が殺されたことを知り、怒る。

 

 

181話の続き、鬼滅の刃最新182話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃180話のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 180話 振り返り

 

鬼滅の刃 180話 ネタバレ

炭治郎は冨岡と無惨の元へ急ぐ。途中カラスの報告が耳に入り、炭治郎は涙が止まらなかった

炭治郎はヒノカミ神楽の12の形しかしらない受け継ぐことができなかった自分だが無惨を倒すと誓う

輝利哉は無惨の復活を感知、隊士たちに無惨の元へ行くなと指示するが、間に合わず復活した無残

隊士たちを食い殺し、珠世の頭部を握りつぶした。愈史郎は珠世の死を知り驚愕する

無惨は鬼殺隊を皆殺しするという

 

鬼滅の刃 最新181話 ネタバレ 感想

 

扉絵は輝利哉!無惨の復活に脂汗止まらん・・・感じですかね

 

 

 

無惨と最初に対峙するのは・・・

采配を誤ったと自らを責める輝利哉
周りの声が聞こえない
かなたは輝利哉をビンタしてまだ戦いは終わっていないと活を入れる

 

ビンタ超強烈でしたね・・・輝利哉の顔が腫れ口から血が出るくらい
ひょっとしてかなたとくいなはめちゃくちゃ強いのかしら

 

輝利哉は父たちも同じお館様として苦しみに耐えてきたのだと正気を取り戻す
無惨の元へ柱たち、戦力を集めるように指示する

カラスは無惨の復活と集結するようにと伝えまわる
伊黒は鳴女に足止めされていることに危機感を覚える

 

 

甘露寺は鳴女を放って集まったほうが良いのかとカラスに尋ねる
次の瞬間、甘露寺の着物を誰かが背後から引っ張った

 

話の流れと距離からすると背後から引っ張ったのは伊黒かなーと思うのですが
それとも伊黒に鳴女は任せてと悲鳴嶼/不死川が迎えに来たという展開でしょうか
袖が制服だった、かつ柱を背後から引っ張れる強さと考えると悲鳴嶼/不死川コンビが一番しっくりくるかな?

 

琵琶が鳴り響く中
炭治郎と冨岡は無惨の元へ到着

殺された家族を、仲間を想い呼吸が荒くなる炭治郎
目を血走らせながら冨岡が落ち着けと伝える

 

炭治郎、人が変わってる・・冨岡さんもめっちゃ怒ってるのが伝わる・・・

 

 

 

無惨はお前らは口を開けば誰かの仇だ、本当にしつこいと言う
身内が殺されても自分は生き残ったのだから、それでいいじゃないか
大災にあったのだと思えばいいと持論を展開する
他の人間のように静かに暮らせないのは、鬼狩りが異常者の集まりだからだと火に油を注ぐ

空虚な目で炭治郎は、お前は存在してはいけない生き物だとつぶやいた

 

無惨さん、何言い出すかと思ったらいきなり説教
まともなこと言ってる風なのがまた・・・

言ってることはむちゃくちゃですが新型無惨はルックスがお見事ですね
身長もめちゃでかくない?

炭治郎も冨岡さんも無惨のペースにまんまとのせられた感がありますが大丈夫でしょうか
怒りに任せて攻撃をしかけてしまう炭治郎を庇い、冨岡が致命傷を負うとか・・・嫌だなーー

正直無惨が最強感ありすぎて
ここから全員集まっても勝てる気がしないんですが・・
皆手負いだし・・・・どうするんだーーお館様ーー

 

 

 

鬼殺隊の状況整理

炭治郎/冨岡 VS 無惨
甘露寺/伊黒 – 上弦の肆、鳴女と戦う
悲鳴嶼/不死川 – 無惨の元へ向かう
愈史郎/村田 – 無惨の元へ向かう
カナヲ/伊之助/善逸 – 負傷していたが愈史郎が治療済み?

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡

 

鬼滅の刃 182話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。