鬼滅の刃 182話 ネタバレ 感想 キレた愈史郎 無惨 対 炭治郎・冨岡

漫画「鬼滅の刃」、最新182話「激怒」のネタバレ感想です。輝利哉は無惨を復活させてしまい、指示を誤ったと自分を責める。甘露寺と伊黒は鳴女相手に苦戦し、無惨の元へとたどり着けていない。冨岡と炭治郎はついに無惨の元へ、無惨はしつこい、鬼狩りは異常者の集まりだという

 

 

182話の続き、鬼滅の刃最新183話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃181話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃180話のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 181話 振り返り

 

鬼滅の刃 181話 ネタバレ

采配を誤ったと自分を責める輝利哉。かなたのビンタで正気を取戻し、輝利哉は無惨の元へ柱たちを集めるように指示する

甘露寺と伊黒は鳴女相手に苦戦。カラスの指示を聞いてどうすればいいかと迷う甘露寺の手を誰かが引っ張る

無惨の元へ炭治郎と冨岡が到着。殺された家族や仲間を思い出し怒りを顕にする炭治郎だったが、無惨はしつこいとあしらう

 

鬼滅の刃 最新182話 ネタバレ 感想

 

ジャンプ表紙と巻頭カラー
そして!付録に「鬼滅の刃ゆるシール」!!ゆるシールヤバい。可愛すぎる
上弦の壱、ウィンクしてる(笑)

巻頭カラー見開きは
無惨VS炭治郎・冨岡・そして禰豆子

禰豆子寝てる・・・

 

 

 

無惨 対 炭治郎・冨岡

生き物に対してここまで冷たい気持ちになったのは初めてだと炭治郎

 

無惨のカラー!!!
銀髪?白髪?とにかくかっこいいわ・・・

 

炭治郎は首を切っても無惨は死なないから
太陽のもとへどうにか引きずり出そうと考えていた
皆の到着を待つ間、無惨の情報を引き出し伝えなければと

 

強すぎて本当に太陽の光が効くのかすら怪しくないですか?

 

 

 

無惨は腕を刃物のように変化させ冨岡と炭治郎を襲う
なんとか避けるふたり
炭治郎は避けながら無惨の懐へ
攻撃しようとするも、逆に右目に攻撃を受けてしまう

 

ああああ!!炭治郎の右目
これは・・・大丈夫?失明する??

 

何が起こったか理解できない炭治郎を冨岡が拾い上げ間合いを取る
冨岡は、斬り込まなくていい、無惨の力は上弦の比ではないと説明

 

これどうやって勝つんだーー
斬り込まなくていいって。逃げて情報収集して他の柱の到着を待つってこと?

 

 

 

無惨は夜明けまで時間稼ぎか
柱3人でそれができるのかと訊く

驚くふたりに無惨は伊黒と甘露寺は鳴女に殺られたと伝える

 

柱3人って、冨岡、悲鳴嶼、不死川ですね
炭治郎たちは戦力として無視なんだね

 

琵琶が鳴り響く中、鳴女を前に血を流し倒れたままの伊黒と甘露寺

無惨は攻撃を再開
炭治郎は冨岡の足手まといになるまいと冨岡から離れる
片目でも匂いで物を嗅ぎ分けれると奮起するも攻撃の速さに息が続かない
壁にぶつかりピンチ
そこへ壁をぶち破って甘露寺が登場!

 

甘露寺きたーー!!
シリアスな場面なのに「やめなさいよーーーー!!」は笑う

 

死んだはずの甘露寺がなぜ?と驚く無惨と冨岡
甘露寺は猫足恋風で無惨を攻撃
手応えを感じるも、無惨には全く効いていない

 

甘露寺、攻撃効いて無くて「未だ嘗てない衝撃」とか驚いてて笑っちゃいます
一気にゆるーい感じになりますね

 

 

 

炭治郎のもとには伊黒が現れる
無惨は鳴女は何をしているのだと声を荒げる

 

鳴女の目に愈史郎が札を貼り
鳴女を操っていたのだった
愈史郎は珠世を奪ったことを後悔させると、城全体を動かし地上へ叩き出そうとする

 

前話で甘露寺を引っ張ったのは愈史郎だったのかー
愈史郎ってこんなに強いんだ。治療要員かとばかり・・・御札めっちゃ便利ですね
鳴女を操り、無限城もろともぶっ壊すつもりなのでしょうか
それくらいしないともう無惨を地上へと運べないですよね

愈史郎と一緒にいた村田はどこ行ったのでしょうか
そして残りのメンバーも愈史郎が鳴女を操ってるので比較的早く無惨のとこへ行けるハズ?

にしても炭治郎の目の怪我気になります・・・片目になっちゃうんですか、そういえばカナヲも目治ったんだろうか

 

 

 

鬼殺隊の状況整理

炭治郎/冨岡/甘露寺/伊黒 VS 無惨
愈史郎 – 上弦の肆、鳴女を操る
悲鳴嶼/不死川 – 無惨の元へ向かう
村田 – 謎
カナヲ/伊之助/善逸 – 負傷していたが愈史郎が治療済み?

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡

 

鬼滅の刃 183話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。