鬼滅の刃 183話 ネタバレ 感想 愈史郎 対 無惨 そして鳴女の運命

漫画「鬼滅の刃」、最新183話「鬩ぎ合い」のネタバレ感想です。無惨相手に片目を負傷してしまう炭治郎。ピンチに現れたのは甘露寺と伊黒。鳴女が倒したハズだと驚く無惨。鳴女は愈史郎が御札を貼り操っていた。愈史郎は怒り、無惨をこのまま太陽のもとへと引きずり出そうと考えていた。

 

 

183話の続き、鬼滅の刃最新184話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃182話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃181話のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 182話 振り返り

 

鬼滅の刃 182話 ネタバレ

無惨を前にした炭治郎、なんとか仲間が到着するまでに無惨に関する情報を収集しようと考える。無惨は手を刃物のようにして伸ばして攻撃を始める

炭治郎は攻撃を避けながらなんとか懐へとたどり着き攻撃しようとしたが、逆に目に攻撃を受けてしまう。

無惨は鳴女から甘露寺と伊黒を始末したとビジョンの共有を受ける。絶望する炭治郎と冨岡。しかし炭治郎のピンチに甘露寺と伊黒が登場。驚く無惨が鳴女を呼ぶと鳴女は愈史郎に操られていた、珠世を殺されキレる愈史郎は無限城を動かし太陽のもとへ無惨を連れ出そうとしていた

 

鬼滅の刃 最新183話 ネタバレ 感想

 

扉絵はカナヲ、村田、伊之助、善逸
いやー村田3人とちゃんと合流してた
カナヲの目はやっぱちゃんと治らなかったのかなー。失明?
皆傷だらけだけど、とりあえず元気そう。善逸は無惨のとこ行くの嫌がってんだね(笑)

 

 

 

愈史郎 対 無惨

愈史郎の力で無限城が地上へ向かって動き出す
琵琶が鳴り響く中、甘露寺は移動圧に耐えながら無惨の姿に驚愕する

 

「今まで私が見たどの鬼より怖い」って笑う

 

甘露寺は悲鳴嶼に早く来て欲しいと願いながら
愈史郎の柱皆死んだふり作戦がおじゃんになってしまったと反省

 

甘露寺が出ると空気緩むー(笑)
無惨がそばにいると思えない

 

愈史郎は甘露寺に鬼だが味方だと説明し、鳴女の視覚を乗っ取り
脳内に侵入し無惨の支配を外し頭も乗っ取るのだと説明
そして、無惨には他の柱が死んだと思わせて、裏で集結して総力戦で叩くのだと作戦を指示した

 

 

 

愈史郎すごい!輝利哉より作戦ちゃんと考えてる
愈史郎の作戦地味だけど有効そうだったのにな・・・

 

甘露寺は城がめちゃくちゃに動くのは愈史郎が無惨と戦っているからだろうと察し
無惨を攻撃して愈史郎が有利になるように頑張らねばと考える

愈史郎の存在を理解した無惨は鳴女の支配を取り返し、鳴女の頭に手を付けてた愈史郎の細胞を吸収し始める

 

愈史郎がそんなことできるのかと驚いたけど
無惨もやり返せるのね、これは鳴女が触媒となってるからできるのかな?

 

無惨を伊黒と冨岡が攻撃
防御に手を取られる無惨、その間愈史郎がコントロールを取り戻す

城が動き、落下する無惨は鳴女を殺すことに
頭が潰れる鳴女
愈史郎はこのままでは城が崩壊してしまうと焦る

 

 

 

鳴女・・・サクッと殺されてしまった
頭グシャって、無惨なら手をグーにしただけでサクッとできちゃうのね

 

炭治郎は動く城に氏が見つつ、途中無惨に殺された鬼滅隊の隊員たちの亡骸を目にする
無惨への攻撃を開始するが反撃にあい、肩を負傷

甘露寺のピンチを救おうと刀を投げつけ無惨の頭を貫通させた

 

おおお!!でも無惨だと頭への攻撃そんなに効果ないんだった・・・

 

キレる無惨
その間、無限城はついに地上へと飛び出した

 

 

 

地上朝だったらなー・・やっぱ月出てるからまだ夜だ
何時くらいなんでしょうね
朝まで粘れるか・・・
城が地上へ到着したので仲間は全員集合しやすいのかなー

 

鬼殺隊の状況整理

炭治郎/冨岡/甘露寺/伊黒 VS 無惨
愈史郎 – 無限城を地上へ
悲鳴嶼/不死川 – 無惨の元へ向かう
カナヲ/伊之助/善逸/村田 – 無惨の元へ向かう

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡

 

鬼滅の刃 184話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。