鬼滅の刃 184話 ネタバレ 感想 地上に出た無惨 次に死んだのは?

漫画「鬼滅の刃」、最新184話「戦線離脱」のネタバレ感想です。愈史郎が鳴女をコントロールし、無限城ごと無惨を地上へと連れて行こうとする。甘露寺や伊黒たちは愈史郎が鳴女のコントロールに集中できるよう無惨の気を引く。無限城はついに地上へと姿を現した

 

 

184話の続き、鬼滅の刃最新185話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃183話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃182話のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 183話 振り返り

 

鬼滅の刃 183話 ネタバレ

愈史郎が鳴女のコントロールに集中できるようにと、甘露寺は無惨の気を引こうとするも動きが止まらない無限城では攻撃がうまくできない

無惨は愈史郎から鳴女のコントロールを取り返そうとする、伊黒と冨岡が無惨を攻撃。その隙に愈史郎はコントロールを奪い返す

落下する無惨は鳴女を遠隔で握りつぶす。炭治郎は甘露寺のピンチを救おうと刀を投げ無惨の頭を貫通。無惨は怒る。無限城は地上へと飛び出した。

 

鬼滅の刃 最新184話 ネタバレ 感想

 

炭治郎の運命

炭治郎は外へ出たことに気づく
輝利哉は場所が想定の場所からずれ市街地だと聞き焦る
夜明けまではまだ1時間半とかなり時間があった

 

 

 

あと1時間半か・・・たしかに無惨相手に1時間半はキツイけど
なんとかなるような時間の気もしなくもない

市街地という設定は何かの伏線ですかね
市民が犠牲になって無惨を仮に追い詰められたとしても、すぐに食料にされてしまうとか
ついに鬼と鬼殺隊の存在が公になるとかですかね

 

炭治郎は甘露寺、伊黒、冨岡の姿は発見できるも
他の皆は見つけられなかった

瓦礫から怒った無残が姿を現す

 

背中の触手数増えてません?
めっちゃ怒ってる

 

 

 

無惨は冨岡たちに攻撃を開始
伊黒が首を狙い刀を入れるも斬った瞬間に再生されて全く効果がない

 

これ。。。毎度読むたびに勝てる気がしない
毒とか爆発じゃなきゃ厳しそう

 

間合いが近すぎて反撃を食らいそうなところへ
鬼殺隊隊員たちが壁となる。身を挺して柱を守った

やめてと泣き叫ぶ甘露寺
しかし隊員は盾となり次々と死んでいく

 

隊員は市街地にいた隊員なのか一緒に外に出てきた隊員ですかね

 

 

 

炭治郎も遅れずに攻撃に参加しようとするが口から血を吐き倒れ苦しみだす
無惨は自分の血を攻撃に混ぜていて、鬼にせずに細胞を破壊し死に至らしめていると説明
そして炭治郎の死を伝えた

 

炭治郎の目がーー
目というかもう死んだの?ほんと?
まさか死んでないよね?と思いたいけど鬼滅だとほんとに死んでそうでもあり・・・ちょっと心配。

愈史郎がまだ実は生きてた鳴女使って幻想見せてないかな?
それとも死んだはずが鬼になって生き延びる?

 

鬼殺隊の状況整理

冨岡/甘露寺/伊黒 VS 無惨
愈史郎/悲鳴嶼/不死川/カナヲ/伊之助/善逸/村田 – まだ地中?

炭治郎、しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡

 

鬼滅の刃 185話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。