鬼滅の刃 185話 ネタバレ 感想 禰豆子目覚めてすぐにガンダッシュ

漫画「鬼滅の刃」、最新185話「匂いのない世界」のネタバレ感想です。地上へと出てきた無限城。しかし場所は想定外の市街地。夜明けまでは残り1時間半。柱たちは無惨への攻撃を試みるもすぐに再生してしまい歯が立たない。無惨の攻撃の盾になろうと鬼殺隊の隊員たちは自らを犠牲にして柱たちを守る。炭治郎は無惨の攻撃による毒で死亡する。

 

 

185話の続き、鬼滅の刃最新186話のネタバレ感想はこちら

最新コミックス、鬼滅の刃18巻のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃184話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃183話のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 184話 振り返り

 

鬼滅の刃 184話 ネタバレ

地上へと出てきた無限城。しかし輝利哉の想定と異なり、市街地に出てしまう。瓦礫から姿を現したのは冨岡、伊黒、甘露寺、炭治郎。

無惨は瓦礫を吹き飛ばして怒りを顕にする。夜明けまでは残り1時間半、ここに留めておけると思うなと攻撃を開始。柱たちを守ろうと鬼殺隊の隊員たちが身を挺して盾となる

炭治郎は自分も攻撃しようと試みるが途中で血を吐いて倒れる。無惨は攻撃に血を含ませていて毒と一緒だと説明。炭治郎の死を宣告する。

 

鬼滅の刃 最新185話 ネタバレ 感想

 

目覚める禰豆子

父が夢の中で炭治郎が危ないと禰豆子に語りかけた
目を覚ました禰豆子は何も言わず屋敷を飛び出した

 

 

 

久々の禰豆子登場でしたが見た目変化なし・・・足も速いしまだ鬼じゃないかな
せっかくの珠世さんのお薬も効果無かったのか・・・無念

 

槇寿郎は輝利哉に指示を仰ぐ
輝利哉は禰豆子がどうしたのか見当がつかない
無惨に操られているのか、とにかく追わなければと焦ると背後から父耀哉の声がする
禰豆子の好きにさせろという言葉に従い、涙しながら好きにさせることに

 

輝利哉の涙は父、耀哉の声がしたからだよねー
戦闘中とはいえ泣いちゃうよねー

 

左近寺は禰豆子を追いかけるも敵わず
禰豆子は父が指差す方へ一心不乱に走る

 

無惨相手に甘露寺、伊黒、冨岡の3人で闘う
3人とも無惨から攻撃を受ける

 

 

甘露寺は傷が痛みだし、倒れる。助けに入ろうとする伊黒を制し自分のことだけを守れという
トドメを刺されそうになったところで悲鳴嶼が助けに入った

 

悲鳴嶼さん!!でもちょっと遅くないですか・・・
もう伊黒も甘露寺も冨岡も傷を負ってしまいました。炭治郎みたいになっちゃうのは時間の問題でしょうか
愈史郎だと治療できるのかな

 

悲鳴嶼に気を取られている間、無惨の背後を取り不死川が頭から一刀両断
しかし無惨はすぐに反撃に出る
かわしながら不死川は油?酒?を撒き、火をつけた

 

不死川さん「ブチ殺してやるこの塵屑野郎」とか、激かっこええです!
言ってみたい(笑)

火の攻撃は効果がありそう。撒いたのは酒なのかな?それとも油かなー
こんなのどこで手に入れたんでしょう

 

 

 

瓦礫の影から無惨を伺う村田
冨岡は村田の名を叫び、炭治郎を手当するように頼む

村田は名を覚えてくれていたことに感動しつつ
炭治郎を抱えて戦場を離れる

炭治郎の頭の中、炭治郎は空を仰ぎ、夜が明けたのかと錯覚
そして匂いがしないことに気づく

 

炭治郎は結局まだ死んでなかったようですね
無惨は結構適当なとこあるよね(笑)

村田が名前覚えてもらってたこと感動するのはほっこりしちゃいました
冨岡と同期だったのですね

この後の展開ですが、父に呼ばれ禰豆子が参戦でしょうが
飛んで火に入る夏の虫的に禰豆子が無惨に食われちゃわないか心配ですね
炭治郎や柱たちは禰豆子によって助かるけど、禰豆子は命を落とし無惨は最終形となるストーリーでしょうか
日の出まで残り1時間半でしたのでちょうど、日の出とともにクライマックスを迎えるのですね

 

 

 

鬼殺隊の状況整理

悲鳴嶼/不死川/冨岡/甘露寺/伊黒 VS 無惨
愈史郎/カナヲ/伊之助/善逸 – まだ地中?
村田 – 炭治郎を連れ戦線離脱
炭治郎 – 瀕死
禰豆子 – 走って炭治郎の元へ

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡

 

鬼滅の刃 186話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。