鬼滅の刃 186話 ネタバレ 感想 縁壱が炭吉に語る 壮絶な過去

漫画「鬼滅の刃」、最新186話「古の記憶」のネタバレ感想です。禰豆子は目を覚まし、父の誘導に従って炭治郎の元を目指す。無惨相手に戦う冨岡、伊黒、甘露寺だったが傷を負ってしまう。悲鳴嶼、不死川も参戦するも無惨は圧倒的強さを見せる。村田は負傷した炭治郎を連れ戦線離脱する。

 

 

186話の続き、鬼滅の刃最新187話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃185話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃184話のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 185話 振り返り

 

鬼滅の刃 185話 ネタバレ

禰豆子は父の声で目を覚ます。炭治郎の元へ向かうように命じられ、左近寺たちが言うのも聞かず一心不乱に走り出す。

無惨相手に冨岡、甘露寺、伊黒が戦うも傷を負ってしまう。甘露寺のピンチに悲鳴嶼が登場。不死川は無惨の背後を取り一刀両断、その後無残に火をつけた

冨岡は村田に炭治郎の治療を頼む。村田は自分の名前を覚えてもらっていたことに感激しながら、炭治郎を連れ戦線離脱する

 

鬼滅の刃 最新186話 ネタバレ 感想

 

炭吉と縁壱

無惨の毒をくらい瀕死の炭治郎、頭の中では炭吉の姿になっていた
姿は炭吉、意識は炭治郎
戸惑う炭治郎の元へ縁壱が姿を現した

 

 

 

しょうがないんだけど縁壱見ると黒死牟が頭に浮かんでしまって身構えるわ・・

 

現実世界では村田が炭治郎に必死に心臓マッサージ
しかし心臓は止まったまま、そこへもう1人の隊士がやってきて先に下敷きになっている愈史郎を助けて手当させようという

 

愈史郎は瓦礫の下敷きになっていたのか・・鳴女の亡骸もそばにあるんですかね

 

縁壱は炭吉ややすこに話を聞いてほしかったのだという
炭治郎は十三番目の型について聞こうかと考えるも、先祖の残した遺伝の記憶の中、好きなように言葉を発することはできなかった

 

あぁ・・・そうなのかー好きなことしゃべれないのか
地味に辛いですね

 

縁壱は幼い頃の母、兄との思い出を語り始める
出家するよう言われて家を出た後、縁壱は山の中の田んぼで、うたと出逢ったのだった
家族を亡くしたうたと友達になり、十年後には夫婦となったのだ

 

 

 

縁壱さん、結婚してたんだ・・
もう縁壱の過去は黒死牟編で大方語られたのかと思ったのですが。。。まだ秘密あったんですね。
さすが始まりの呼吸の剣士

 

うたの出産に備え産婆を呼びに行った縁壱
しかし戻るとうたとお腹の子は鬼に殺されていいた

 

あ・・・やっぱ辛い思い出だった(泣)

 

10日ほど亡骸を抱いてぼうっとしていたより壱の元へ柱がやってくる
縁壱は家族と静かに暮らす夢すら叶わないのは鬼のせいだと考え、鬼狩りになることに
柱たちに呼吸を教え、兄も鬼狩りに加わりすごい勢いで鬼たちを倒せるようになったのだった

しばらくして縁壱は鬼の始祖である無惨に出くわす
出逢った瞬間にこの男を倒すため生まれてきたのだと確信した

 

縁壱のところへ最初にやってきたのは炎柱だったのですね
髪型でわかる(笑)

 

無残が一緒にいたのは珠世さんでしたがどうして一緒にいるのでしょうか
短編集の1話目のエピソードみたいに理由あって協力しているのかな
だとすると愈史郎もいるんだよね、きっと。

 

 

縁壱がどれくらい無惨を追い詰められたのかを見るのが楽しみです
この流れで十三番目の型について教えてもらえるのかな?

 

鬼殺隊の状況整理

悲鳴嶼/不死川/冨岡/甘露寺/伊黒 VS 無惨
愈史郎 – 下敷き
カナヲ/伊之助/善逸 – まだ地中?
村田 – 愈史郎を救出
炭治郎 – 瀕死
禰豆子 – 走って炭治郎の元へ

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡

 

鬼滅の刃 187話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。