鬼滅の刃 190話 ネタバレ 感想 赫刀発現 あの人たち登場!

漫画「鬼滅の刃」、最新190話「ぞくぞくと」のネタバレ感想です。瓦礫から救出された茶々丸は無惨の元へと走り出す。茶々丸の薬で毒の効果が緩和された柱たち、しかし夜明けまではまだ残り1時間14分あった。伊黒は戦果をあげれていない自分が、と気を吐き赫刀を発動させた。

 

 

190話の続き、鬼滅の刃最新191話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃189話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃188話のネタバレ感想はこちら

鬼滅の刃最新コミック18巻のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 189話 振り返り

 

鬼滅の刃 189話 ネタバレ

鬼殺隊の隊士たちは騒ぎを聞きつけて集まりだした人たちに地盤沈下だと説明。隊士のひとりが瓦礫から猫を見つけ助ける。それは珠世が世話をしていた茶々丸だった

茶々丸は無惨の元へと走り出す。無惨と戦う伊黒は無惨についている口に吸われることで体力が奪われているのに気づく。

夜明けまで残り1時間14分、攻撃を避けるだけで精一杯な中、茶々丸が飛び出し薬を柱へ注射。茶々丸はすぐに無惨に殺されてしまう。柱たちは毒が緩和されるのを感じる

最も戦果をあげていないと感じていた伊黒は、時透が赫刀を発動したときのことを思い出す。刀を強く握り伊黒の刀は赫刀に・・・

 

鬼滅の刃 最新190話 ネタバレ 感想

 

全員集合

伊黒は赫刀を発現させるも、握力に力を振りすぎて酸欠状態で失神間近に
無惨の攻撃を避けようと走るも手以外の感覚が抜けていた
危機一髪のところで冨岡が襲いかかる無惨の腕を攻撃するも間に合わず

と思われたが、伊黒は空中に飛び攻撃をかわしていた

 

 

 

赫刀出すの一苦労ですね・・・酸欠になるくらい握るって相当だなー
握り続けてないと赫くならないのでしょうか。まだ謎が残りますね

 

空中の伊黒を攻撃しようとする無惨だが腕が切り落とされる
不死川たちとは異なる武器による切断面に違和感を覚える
続いて反対の左腕も切り落とされる
切断面から切れ味の悪い刀だと察する

無惨は愈史郎の術で姿は見えないが、3人いることに気づいた
無惨の攻撃を受けた善逸、伊之助、カナヲが姿を現す

 

どこ行ったかと思ったらーーー3人登場!!
久しぶりです
扉絵のお札と腕はカナヲ、善逸、伊之助のものだったんですね

 

 

 

悲鳴嶼は生きていたかと声をかける
伊之助は愈史郎のお札をいっぱい拾ってきたから何枚切られても山程あると豪語

無惨が攻撃を再開しようとする
伊黒が赫刀で両腕を切り落とす
無惨が再生しようとするが、赫刀で斬られた傷は再生が遅れることがわかる

善逸たちは姿を隠して攻撃を続ける

 

善逸と伊之助が出てくると空気緩みますねー(笑)

 

悲鳴嶼は3人の登場、そして伊黒の赫刀による攻撃でわずかに時間が出来たと感謝
武器を何度かぶつけ合い赫刀を発現させ無惨を攻撃

 

 

不死川も冨岡と刀をぶつけ赫刀を発現

カラスが夜明けまで残り1時間3分だと告げる

 

赫刀、あんなふうに出せたんですね
そして赫刀の読み方って「しゃくとう」だと思ってたけど悲鳴嶼さんの頭の中だと「かくとう」でしたね
どっちでもOKなのかな?

柱だけじゃなく伊之助たちも赫刀出せると勝率が上がりそうですけどね!

184話で夜明けまで残り1時間半
189話で1時間14分
190話で1時間3分

・・・・朝まで粘れる気がしない

禰豆子が到着するのはもう少し先かな
その前に愈史郎だよ!

 

 

 

鬼殺隊の状況整理

悲鳴嶼/不死川/冨岡/伊黒/カナヲ/伊之助/善逸 VS 無惨
甘露寺 – 負傷により戦線離脱
愈史郎 – 下敷き
村田 – 愈史郎を救出
炭治郎 – 瀕死
禰豆子 – 走って炭治郎の元へ

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡

 

鬼滅の刃 191話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。