鬼滅の刃 191話 ネタバレ 感想 愈史郎の治療で炭治郎復活

漫画「鬼滅の刃」、最新191話「どちらが鬼か」のネタバレ感想です。愈史郎の札で姿を隠していた伊之助、カヲル、善逸が無惨に攻撃を開始。悲鳴嶼、不死川、冨岡も伊黒と同じく赫刀を発現させた。夜明けまで残り1時間4分。柱たちの反撃が始まる。

 

 

191話の続き、鬼滅の刃最新192話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃190話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃189話のネタバレ感想はこちら

鬼滅の刃最新コミック18巻のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 190話 振り返り

 

鬼滅の刃 190話 ネタバレ

伊黒は握力を使いすぎ失神しそうになる。無惨の攻撃を防ごうと冨岡が攻撃するも間に合わず。しかし伊黒は宙に舞い、攻撃をかわしていた

無惨の腕が斬り落とされる。切り口から伊黒たちでないと気づく。愈史郎の札で姿を隠していた伊之助たちが姿を現す。

悲鳴嶼は人数が出来て増えた無惨の隙をみて武器をぶつけ合い赫刀を発現させる。不死川と冨岡も刀をぶつけ合い赫刀を発現させた

 

鬼滅の刃 最新191話 ネタバレ 感想

 

センターカラー
扉絵は縁壱と炭治郎
炭治郎と並ぶと縁壱、横幅もおっきいですね!

 

 

 

炭治郎復活

愈史郎は何本も炭治郎に注射を射つが、炭治郎は目覚めない
村田は炭治郎が無意識のまま握ったままの刀を放してやろうとするが、炭治郎はどうやっても離さない

ようやく脈が戻るが、微脈すぎて愈史郎は諦めるしか無いかと考える
村田は必死に声をかけ続ける
そうするとギシィと大きな音がする
何の音かと驚く村田たち、それは炭治郎の握る刀からする音だった
炭治郎が目を覚ました

 

愈史郎が復活!
瓦礫の下から村田たちが助け出せたんですね。良かった。愈史郎たちお札貼ってないけど、大丈夫なのかな

 

後藤は建物の陰から柱たちと無惨の戦いを見守る
赫刀の発現で避けるだけじゃなく攻撃が効くようになったのが見え、夜明けまで保つのではと期待する

 

 

悲鳴嶼は感覚を透き通らせて、無惨の体を透視
脳と心臓が多数あることが判る、しかもそれが移動するから攻撃の難易度が高いと

悲鳴嶼はひとりでは無理だが、同じく透視できるものがいれば・・・と伊黒に体を透視するようにいう
伊黒も言われたとおりやってみると無惨の体が透けて見えた

 

赫刀と透視、そして柱たちのコンビネーションでい夜明けを待たずに一気に勝負を決めに行きますか−

 

次の瞬間、無惨は辺り一面を一気に攻撃
爆音と強烈な揺れを感じた後藤、改めて戦場に目をやるが柱たちの姿が見えない
見直すと、柱たちは皆無惨の攻撃を受け壁に激突、重症を負う

 

 

 

急展開!酷すぎる−−−
悲鳴嶼 – 左脚を失う
不死川 – 建物にツッコんでて不明
冨岡 – 右腕が斬れる
伊黒 – 左腕を失う? または左腹部負傷
伊之助 – 左腕が斬れる
善逸 – 右脚を失う

あーーくらくらしてきた・・・
そんな攻撃あるのにどうして最初から使わないわけ?なんなの無惨!

 

カナヲは無惨の攻撃が速すぎると絶望し、無惨の前に座り込んでしまう
立ち上がって闘うように自分に言い聞かせるが立ち上がれない

後藤がやめろーと駆け寄る

 

 

 

無惨がトドメを刺そうとする
炭治郎がヒノカミ神楽輝輝恩光で無惨の腕を斬り落とし
その間にカナヲを救出し、後藤のもとに預けた

 

ヒノカミ神楽十三の形でしょうか

円舞、炎舞、烈日紅鏡、壁羅の天、幻日虹、日暈の龍 頭舞い、火車、陽華突、灼骨炎陽、円舞一閃、斜陽転身、そして輝輝恩光?
まだ12個じゃない?

 

無惨は毒で右目が肉腫で腫れ上がり醜くなった炭治郎を目にし、どちらが鬼かわからないなという
縁壱と炭治郎が重なって見えた無惨は虫酸が走ると嫌悪感を顕に
炭治郎は終わりにしようと応じる

 

 

 

鬼殺隊の状況整理

VS 無惨
炭治郎 – 右目を失いつつも覚醒
悲鳴嶼 – 左脚を失う
不死川 – 建物にツッコんでて不明
冨岡 – 右腕が斬れる
伊黒 – 左腕を失う? または左腹部負傷
伊之助 – 左腕が斬れる
善逸 – 右脚を失う
カナヲ – 戦意喪失

 

甘露寺 – 負傷により戦線離脱
愈史郎/村田 – 炭治郎を治療
禰豆子 – 走って炭治郎の元へ

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡

 

鬼滅の刃 192話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。