鬼滅の刃 193話 ネタバレ 感想 白髪が気になる無惨

漫画「鬼滅の刃」、最新193話「困難の扉が開き始める」のネタバレ感想です。目を覚ました炭治郎は直前に炭吉として縁壱から日の呼吸を直接見せてもらい、12の型をすべて繰り出した最後に13の型が完成することを理解する。夜明けまで無惨を一人で相手にヒノカミ神楽12の型で攻撃を続ける覚悟をする

 

 

193話の続き、鬼滅の刃最新194話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃192話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃191話のネタバレ感想はこちら

鬼滅の刃最新コミック19巻のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 192話 振り返り

 

鬼滅の刃 192話 ネタバレ

炭治郎は目を覚ます直前に炭吉として縁壱から日の呼吸を見せてもらったことを思い出す。日の呼吸の12の型を円のように繰り出し、その円環が13番目の型になるのだと理解

縁壱は炭吉に耳飾りを託す。もう会うことがないのだと理解した炭吉は縁壱にお礼を伝え、価値のない人間じゃない。この耳飾りも日の呼吸も後世に伝えると約束する

無惨は縁壱の姿が炭治郎に重なって見える。イラつく無惨、炭治郎はヒノカミ神楽を繰り出すも、途中で攻撃を受けて12の型すべてを繰り出すことが出来なかった。夜明けまで12の型を繰り出し続けると誓う

 

鬼滅の刃 最新193話 ネタバレ 感想

 

ジャンプ表紙!
そして巻頭カラーでした
見開きは炭治郎と無惨

 

 

4周年記念で人気キャラ投票やるんですね-
猗窩座は何位かな(笑)

 

無惨 対 炭治郎

無惨は死の淵で炭治郎が死を回避するための感覚や力の扉を開いたことに気づく
しかし無惨はそれでも縁壱には遠く及ばないと考えていた

 

縁壱と今の炭治郎どちらが強いのか気になってたんですが
まだまだ縁壱ですか
縁壱瞬間にバラッバラにしてたしね

 

炭治郎は日暈の龍・頭舞い、火車を繰り出しを繰り出す
6つ繋がったと手応えを感じるも、脳も心臓も動き回り胴まで攻撃が届かない
無惨の攻撃で四肢はちぎられるように痛み、心臓が破裂しそうだと感じていた

 

 

 

順調だと思ったんですけど、辛いんですね・・・直接攻撃は受けてないように見えても
防いでるだけでも大ダメージってことか

 

夜明けまで残り1時間
炭治郎は今の一秒に集中
幻日虹、灼骨炎陽で攻撃

無惨は技の精度が落ちた、赫刀も元に戻るだろうと予想する

 

夜明けまでのカウントダウンきましたね!残り1時間かー後もうちょい

 

無惨の攻撃を喰らってしまう炭治郎
トドメを刺そうとする無惨、しかし炭治郎は攻撃を防ぎ続ける
違和感を感じる無惨、自分も遅くなっているのだと理解する

体に取り込んだ珠世の細胞を蘇らせ使った薬について問いただす

 

 

 

おおお、無惨器用ですね。そんなこともできるの
ただ現実じゃなく精神世界?の中かな

 

珠世は人間に戻す薬と・・・
しかしそれ以上は言わず、無駄に増やした脳みそで考えたらどうだと微笑む

 

珠世さん、めちゃ悪い顔(笑)

 

怒った無惨は珠世の頭を握りつぶす
細胞から記憶を読み出す
珠世はしのぶと愈史郎と薬の調合をする
しのぶは薬は複数のかけ合わせにしようと提案
人間に戻す薬が効かなかった時に、老化の薬を使うことに
老化の薬は1分で50年無惨を老いさせるものだった

 

 

 

す・・・すごい。1分で50年?
人間に飲ませたら死んじゃうやつですね

皆で薬を作るシーンは19巻のエピソード間のおまけで描かれてましたね。
愈史郎がしのぶに苛ついてるのに笑いました

 

無惨は珠世が自分に薬を使ったのが5時間近く前
薬が効き始めるまでの時間を考慮しても3時間は効いているだろうと予測
無惨は9千年自分が既に老いているのだと理解する
頭髪の色が戻らないのもそのせいだと

 

!!!!!!!
白髪気にしてたんだ・・・戻らないってあれ、戻るものなの?黒に戻るの?
あと九千年老いてるってショック受けるとこもなんかクスッとしてしまいました
鬼も歳取るの気にするんですね

 

夜明けまで残り59分
炭治郎は日の呼吸の12の型を続けて攻撃することが出来た
もっと速く正確に繰り返すと意気込む

 

 

 

12の型が連続で繰り出せました
勘違いしてたんですけど円状に12の型が連続で繰り出されたら
ピカーとか光って13の型として攻撃が発動するんだと思ってた(笑)ちがったー

無惨も老化しているので炭治郎チャンスですが
ここで禰豆子がこっちに向かっていることがむしろ心配になってきました
追い詰められた無惨がなりふり構わず禰豆子に襲いかかるって展開になりやしないかな・・・・

 

鬼殺隊の状況整理

VS 無惨
炭治郎 – 右目を失いつつも覚醒
悲鳴嶼 – 左脚を失う
不死川 – 建物にツッコんでて不明
冨岡 – 右腕が斬れる
伊黒 – 左腕を失う? または左腹部負傷
伊之助 – 左腕が斬れる
善逸 – 右脚を失う
カナヲ – 戦意喪失

 

 

 

甘露寺 – 負傷により戦線離脱
愈史郎/村田 – 炭治郎を治療
禰豆子 – 走って炭治郎の元へ

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡

 

鬼滅の刃 194話へ続く
 

 

 

x

「鬼滅の刃 193話 ネタバレ 感想 白髪が気になる無惨」に4件のコメントがあります

  1. 私もネズコがこの場に現れるのって最悪の結果になるのではとヤキモキしている側です。セルに吸収された人造人間17号のような目に遭わなければいいのですが、、、
    それにしても、この状況で無惨が「えーっと3時間は効いているってことは60分×3の180分。ってことは50年×180で、、、げっ!9000年?」なんて計算をしているかと思うとなんか笑えますね。

    1. marukoさん
      コメントありがとうございます。禰豆子、弱った無惨に喰われちゃう展開ありそうですね。17号懐かしい(笑)
      無惨の9000年のコマに大笑いしてしまいました。「お前らしつこい」とか無惨にはいろいろ名言がありますね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。