鬼滅の刃 195話 ネタバレ 感想 無惨の息切れ そしてあの人がまもなく到着

漫画「鬼滅の刃」、最新195話「めまぐるしく」のネタバレ感想です。炭治郎のピンチを救ったのは目を覚ました伊黒と鏑丸だった。両目を無惨の攻撃で失ってしまった伊黒。炭治郎は日の呼吸で心臓と脳を狙わねばと考える。そんな中、老化で着実に弱りだしている無惨の体に縁壱がつけた古傷が浮かび上がった。

 

 

195話の続き、鬼滅の刃最新196話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃194話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃193話のネタバレ感想はこちら

鬼滅の刃最新コミック19巻のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 194話 振り返り

 

鬼滅の刃 194話 ネタバレ

愈史郎は茶々丸を治療してやる。そして村田たちと共に傷ついた柱たちに血清を打つ。炭治郎は集中して透明な世界へ入ろうとするが酸欠で視野が狭くなる。

足も滑らせてしまい、無惨の攻撃を受けそうになるピンチ。そこへ伊黒がやってきて炭治郎を救う。炭治郎は伊黒が両目を失っていることに気づく

無惨は炭治郎たちにトドメを刺せないのは老化薬のせいだと考えていた。体内で老化薬の分解に時間がかかっていた。炭治郎は無惨の体に縁壱がつけた古傷が浮き上がったのを見逃さなかった

 

鬼滅の刃 最新195話 ネタバレ 感想

 

扉絵は薬をくわえて甘露寺の顔に近づく茶々丸
甘露寺まもなく復活でしょうか!?

 

 

 

無惨を追い込む

無惨は古傷で縁壱のことを思い出す
弱く見えたあの男につけられた傷に何百年も苦しめられるとはと苛立つ

炭治郎は無惨が着実に弱っているのを実感する
古傷の場所に心臓と脳があるだろうと考え、透明な世界に入らなくても急所を狙えることになった
そして、伊黒の目は愈史郎のお札でなんとかなるのではと思いつく

夜明けまで残り40分だとカラスが告げる

 

一気に40分まで来た!うっすらと明るくなってきてたりするんでしょうか
そもそも今何月ごろなんだろう

無惨は縁壱のこと考えてばっかりですね・・・相当トラウマだったんだな・・・

 

 

 

次の瞬間
無惨はスピードを上げ逃亡
炭治郎は伊黒に無惨が逃亡したと告げ、必死に後を追う
伊黒は無惨は誇りを持った侍でもないし、当然かと理解する

無惨が隊士たちの亡骸を踏みつけて行くのを目にした炭治郎は怒る
後方から隊士たちの刀を無惨の背中めがけて投げつける

 

逃亡!!!
この展開は驚きですね。誇りが無いのはなんかわかるけど
プライドは高そうなのにね・・・無惨は逃げちゃう自分は許せるのかな

 

無惨は炭治郎の投げつける刀が貫通するのは危険だと警戒
そこへ伊黒が追いつき、背中から赫刀を貫通させる

 

かっけええ!!

 

 

 

伊黒を振り払う無惨、炭治郎も追いつき日の呼吸
愈史郎のお札を伊黒に渡し、鏑丸と視覚を共有するようにと言うも
無惨の攻撃を喰らってしまう

炭治郎は攻撃を避けながらなんとか鏑丸に札を渡すことに成功
伊黒はこれで鏑丸と視覚を共有することができた

 

ちゃんと人間と見え方が異なるっていう設定
細かくて唸ってしまった
蛇の視覚をググりましたがあんまり目が良くないんですね・・・

 

ふたりは無惨を挟みながら攻撃を再会
無惨は息切れしている自分に気づき、体力の限界が近いことを悟る

 

 

 

戦う炭治郎の様子を街に近づいた禰豆子が捉える
人間に戻ったその右目には涙が溢れ出していた

 

もうちょいで無惨倒せそう!まさか伊黒がここまで粘るとは思っていませんでした。
無惨の息切れシーンはクスりとしてしまいました(笑)、9000年も歳老いてたらしょうがないよね・・・

もうこのまま行けば朝を迎えられそうですが・・・・本能の赴くまま、そして父の亡霊?に導かれるままやってきた禰豆子が
この後のストーリーで重要な役割を果たしそうですね。父に導かれてきたので炭治郎を救うという展開かとは思うんですが
無惨のこの弱りっぷりを見るに、やっぱり禰豆子食べられちゃう説が濃厚なのでしょうか・・・辛い

 

鬼殺隊の状況整理

VS 無惨
炭治郎 – 右目を失いつつも覚醒
伊黒 – お札で鏑丸と視覚を共有して戦う

禰豆子 – 炭治郎まであと僅か

 

 

悲鳴嶼 – 左脚を失う
不死川 – 建物にツッコんでて不明
冨岡 – 右腕が斬れる
伊之助 – 左腕が斬れる
善逸 – 右脚を失う
カナヲ – 戦意喪失
甘露寺 – 意識不明。治療まもなく完了?
愈史郎/村田 – 悲鳴嶼たちを治療

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡

 

鬼滅の刃 196話へ続く
 

 

 

x

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。