鬼滅の刃 196話 ネタバレ 感想 禰豆子の記憶 夜明けまで35分

漫画「鬼滅の刃」、最新196話「私は」のネタバレ感想です。炭治郎と伊黒の攻撃で無惨を追い詰める。無惨は逃亡。追いかけるふたり、伊黒は愈史郎の札を使い鏑丸と視覚を共有。夜明けまで残り40分を切る、無惨は息を切らし始める。

 

 

196話の続き、鬼滅の刃最新197話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃195話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃194話のネタバレ感想はこちら

鬼滅の刃最新コミック19巻のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 195話 振り返り

 

鬼滅の刃 195話 ネタバレ

縁壱につけられた古傷が浮かび上がり、無惨は縁壱のことを思い出し苛ついていた。炭治郎は透明な世界に入らなくても古傷が無惨の脳と心臓の位置だと解ると気づく

無惨は夜明けまで残り40分だと知り、急に走り逃げ出す。急ぎ追う炭治郎、無惨が道に横たわる隊士たちの亡骸を踏みつけていくのを見て怒りがこみ上げる。隊士たちの刀を投げつける。無惨は弱っている今、貫通はまずいと警戒。そこへ伊黒が飛びかかり、背中から刀を突き刺した。

炭治郎は愈史郎の札を鏑丸につけ、伊黒の視覚を鏑丸と共有させた。ふたりは攻撃を続け、無惨を足止めする。炭治郎が戦うのを街に近づいた禰豆子が目撃、その右目には涙が溢れていた。

 

鬼滅の刃 最新196話 ネタバレ 感想

 

196話掲載のジャンプ14号には鬼滅の刃シールがおまけで付いてましたね!!

 

扉絵は街へと向かう禰豆子の姿
もうあと徒歩10分くらいですかね・・・もう行かないほうが良いと思うんだけどな・・・

 

 

 

無惨のピンチ

街へと向かう禰豆子
呼吸は荒く、頭の中では人間の頃の記憶が蘇っていた
鬼歯は急速に引っ込みはじめ、家族が無惨に殺された時の記憶が蘇る

その後、鬼となった間の記憶も蘇りはじめる
炭治郎が涙ながらに禰豆子をおんぶして歩いた時のこと
そして冨岡や鱗滝さん、善逸や珠世さんたちに出逢ったこと

禰豆子は倒れ、ひざまずく
鼓動が大きくなる
産屋敷や柱たちに出会い、鬼たちと戦ってきたことを思い出す
禰豆子の爪も人間のものに戻る
立ち上がり炭治郎が禰豆子と呼びかけ手を差し伸べる姿を思い出す
名前を呼ばれ、頭痛に耐える
繋いだ炭治郎を手を思い出す
禰豆子は完全に人間に戻った
「私は竈門禰豆子!! 鬼に家族を殺された」

 

 

 

全11ページに及ぶ回想シーン
セリフがほとんど無いのに、記憶が蘇っているんだってわかる描写はさすがです!!
鬼の間は何考えてるのか解りづらかったけど、ちゃんと人間として全部記憶が戻ったんですね

珠世さんのあの薬効き目が凄い!
愈史郎が量産できれば、たくさんの人を救えそうですね

 

無惨は戦いながら命の気配を感じていた
柱たちが愈史郎に治療を受け戻ってくるのだろうと予感する
鬼狩りという組織が生き物のように自分を絡め取ろうとするのを感じていた

カラスが夜明けまで35分と伝える

 

カラスが伝える時間でまさか無惨時間測ってないよね?体内時計?とかで解るんだよね、きっと。ね?
もしカラスのせいで時間バレてるなら黙っててくれたほうがよくない?

 

 

 

無惨はこれ以上危険を犯す必要はないと腕を膨張させる
炭治郎は分裂して逃げるつもりだと伊黒に状況を説明
しかし、腕はそれ以上大きくならず元に戻る

無惨は珠世の薬は人間返り、老化、分裂阻害の3つだったのかと理解

珠世はハズレですと微笑む

吐血する無惨

珠世は薬は4つ
3つ目で弱った所で細胞破壊の薬が効き始めると言う

 

ココに来て珠世さんの薬がまた効いてる!
正直最初のほうにサクッとやられてしまって、珠世さん浮かばれないな・・・と思ってたんですけど
さすが無惨をずっとそばで見てきただけはありますね。無惨の考えのずっと先を読んでいたとは!
死してもなお、絡みつくような珠世さんの執念がすごすぎます

 

 

後35分足止めさえできれば・・・・

ちょっと気になっちゃったのが無惨が感じた「命の気配」とやらに禰豆子が入ってないかですね
禰豆子が喰われる展開だけは、胸が張り裂けそうになるからほんと・・・近づかないでほしい

 

鬼殺隊の状況整理

VS 無惨
炭治郎 – 右目を失いつつも覚醒
伊黒 – お札で鏑丸と視覚を共有して戦う

禰豆子 – 炭治郎まであと僅か。人間に戻る

 

 

悲鳴嶼 – 左脚を失う
不死川 – 建物にツッコんでて不明
冨岡 – 右腕が斬れる
伊之助 – 左腕が斬れる
善逸 – 右脚を失う
カナヲ – 戦意喪失
甘露寺 – 意識不明。治療まもなく完了?
愈史郎/村田 – 悲鳴嶼たちを治療

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡
多くの鬼殺隊隊士 – 死傷

 

鬼滅の刃 197話へ続く
 

 

 

x

「鬼滅の刃 196話 ネタバレ 感想 禰豆子の記憶 夜明けまで35分」に5件のコメントがあります

  1. 実は仲間たちも相当傷ついていて、今後の戦闘能力が気になっていただけに、無惨の生死に関わらず、今後の連載をどう続けるのか気になっていました。ですがいくら売れている漫画とはいえ、連載を続ける目的のためだけに禰豆子が無惨に喰われるという展開だけは絶対に避けてもらいたいですね。それならもう無惨が死んで大団円、惜しまれつつも連載終了でいいですよ。

    1. marukoさん

      コメントありがとうございます!
      柱も傷ついていて、戦いが終わっても確かに戦力は残ってなさそうですよね。ただ無惨も無傷じゃ終われなさそうなので逃げおおせても再戦はずっと後になるのでしょうか

  2. 状況整理に一般隊員の多くが殉職した事も記しておいてあげて欲しい

    引き延ばしはなあ、外伝攻勢の他は無いと思いたいけど
    JOJO方式(世代交代型)はあるかも?

    1. JOJO方式面白そうですね。初期3部の頃のDIOが無惨かぁ・・・
      鬼殺隊隊士たちの殉職も記載しておきます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。