鬼滅の刃 197話 ネタバレ 感想 夜明けまで25分 炭治郎のピンチを救うのは

漫画「鬼滅の刃」、最新197話「執念」のネタバレ感想です。炭治郎が戦う街まであと僅かまで迫った禰豆子、体が変化し始め完全に人間に戻る。同時に鬼になる前の記憶、そして鬼になってからの記憶も蘇った。無惨は分裂して逃亡を試みるも、珠世が分裂阻害と細胞破壊の薬も投じていたため防がれる。

 

 

197話の続き、鬼滅の刃最新198話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃196話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃195話のネタバレ感想はこちら

鬼滅の刃最新コミック19巻のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 196話 振り返り

 

鬼滅の刃 196話 ネタバレ

街へと向かう禰豆子、歩くたびに鬼の特徴である八重歯や爪が引っ込み、人間に戻り始める。体の変化と合わせて鬼になる直前の記憶、そして鬼になっていた間の記憶も蘇った

完全に人間に戻った禰豆子は涙を流し自分が竈門禰豆子で家族を鬼に殺されたのだと理解する。

夜明けまで残り35分。分裂して逃げようと考えた無惨だが、珠世は4つ薬を投じていたのだった。人間返り、老化、分裂阻害、細胞破壊の4つだった。

 

鬼滅の刃 最新197話 ネタバレ 感想

 

夜明けまで残り25分

珠世は無惨に絡みつき、語りかける
お前を殺すためにお前より強くなる必要はない、お前を弱くすればよいだけ
私たちはお前を殺すために手段を選ばないと

 

珠世さんの執念
薬効いてますね!喰われるとこまで筋書き通りだったのでしょうか
そう考えると切ない

 

 

 

無惨は本来は柱たちの赫刀での攻撃も縁壱のそれとは劣り
再生修復も容易かったが、珠世の4種の薬がそれを難しくし、赫刀での攻撃で追い詰められていると感じていた

童磨に使った薬とは全く異なる4つの薬は
分析・解析にも時間がかかっていた

 

無惨の動きが止まる
珠世の薬のせいだろうと考えた、炭治郎
次の瞬間、無惨の体から衝撃波が放たれる
伊黒と炭治郎は地面に倒れ痙攣が止まらない

 

衝撃波チートじゃない?(笑)
これなんでもっと早くやんなかったんだろう
無惨の胸の傷に沿って牙が生えて口みたいになってるの怖い・・・
こんなの急にできましたよね・・・人間食べる気満々ってことですか?

 

カラスが死に、輝利哉も攻撃を受け苦しむ
槇寿郎が体を気遣う
かなたはカラスのお札が外れたせいで状況が確認できない
同じ様にくるしみつつ、夜明けまで残り25分だと告げる

 

 

 

おおお
しんどいけど残り25分!!前話から10分たってる
ほんともうちょっと

 

無惨が逃げてしまうのに気づきながらも体が動かない炭治郎
そこへ伊之助がやってきて無惨の行く手を阻む

術で応戦しようとする無惨だったが、疲労で思うように攻撃ができない

伊之助は自分たちを庇って数珠のおっさんと半々羽織の腕が千切れた、鬼殺隊隊士たちの死体は一緒に飯を食った仲間だと恨む
足も手も命も全部返せ
できないなら百万回死んで償えと涙

無惨に斬りかかる
無惨は腕を地中に突っ込み、伊之助の足元から突き上げる攻撃

 

伊之助ー涙
こんなの泣いちゃうわー
せっかくなんとか無事だったのに

というかあの全体攻撃の最中、伊之助は庇われていたんですね
泣かせる

ピンチに現れたのは禰豆子かと思ったけど、人間に戻ったし強いわけ無いか・・・

 

 

 

伊之助は無惨の腕に喰われながら、先に自分が死んでしまうと覚悟
しかし善逸が現れ、腕から伊之助を救う

善逸は炭治郎の心音がするから、まだ生きている、ふんばれと伊之助を励ます
続けて炭治郎に絶対に死ぬな、人間に戻った禰豆子と一緒に生まれ育った家に帰るのだと励ます

 

伊之助に続いて善逸まで・・・
善逸脚大丈夫なのかな思ってたんですけどあるね・・・脚

 

ふたりが粘って無惨と戦う中、炭治郎は神経を血鬼術のせいで狂わされているなら
日輪刀が有効だろうと刀で心臓のそばを刺した
ジュウゥという音がする中、炭治郎は痙攣が収まるのを願う

息が上がる無惨。もう腕を上げることもできない

悲鳴嶼と冨岡は傷を負いながらも無惨めがけて歩きだしていた

 

ああ・・・冨岡さんほんとに右腕ない(泣)
全員満身創痍ですが、無惨は次何を考えるのでしょう
ひたすらどうやって逃げるかに振り切るのかなー

 

 

それともやっぱり・・・禰豆子ちゃん喰われちゃう説発動でしょうか
胸に口もできたし・・・

 

鬼殺隊の状況整理

VS 無惨
炭治郎 – 右目を失いつつも覚醒
伊黒 – お札で鏑丸と視覚を共有して戦う
伊之助 – 治療を受けて参戦
善逸 – 治療を受けて参戦

禰豆子 – 炭治郎まであと僅か。人間に戻る

 

 

悲鳴嶼 – 左脚を失いつつ、無惨のもとへ
冨岡 – 右腕を失いつつ、無惨のもとへ
不死川 – 建物にツッコんでて不明
カナヲ – 戦意喪失
甘露寺 – 意識不明。治療まもなく完了?
愈史郎/村田 – 悲鳴嶼たちを治療

しのぶ、時透、玄弥、珠世 – 死亡
多くの鬼殺隊隊士 – 死傷

 

鬼滅の刃 198話へ続く
 

 

 

x

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。