鬼滅の刃 204話 ネタバレ 感想 最終回じゃなかった! 戦いから3ヶ月後

漫画「鬼滅の刃」、最新204話「鬼のいない世界」のネタバレ感想です。精神世界の中、無惨に抗い目覚めようとする炭治郎。死んでいった仲間たちが天へと手をのばす炭治郎を持ち上げてやる。炭治郎は天から伸びる禰豆子たちの手をとり、人間として目覚めることができた。

 



スポンサーリンク


 

204話の続き、鬼滅の刃 最終回205話のネタバレ感想はこちら

前話、鬼滅の刃203話のネタバレ感想はこちら

前々話、鬼滅の刃202話のネタバレ感想はこちら

鬼滅の刃最新コミック20巻のネタバレ感想はこちら

 

前話 鬼滅の刃 203話 振り返り

 

鬼滅の刃 203話 ネタバレ

炭治郎の精神世界の中、目覚めようと天に手をのばすが無惨が炭治郎を引き留めようと炭治郎を責める言葉を吐く

心折れそうになる炭治郎だったが、これまで死んでいった仲間たちが炭治郎を持ち上げる。天へと手をのばすと、上から禰豆子の手が伸びる。無惨は必死に炭治郎に縋るが炭治郎はその手をとり人間として目を覚ました。

建物の影から様子を伺っていた愈史郎は炭治郎の無事を確認し涙。珠世のかんざしを取り出して、涙ながらに報告した

 

鬼滅の刃 204話 ネタバレ 感想

 

今週のジャンプ23号は鬼滅の刃スペシャルコラボポスターが付録でした!!
アニメと原作のコラボですね!

 

 



スポンサーリンク


 

鬼のいない世界で・・・

戦いから3ヶ月後の蝶屋敷

桜が舞うのをベッドで見つめる炭治郎たち
禰豆子はおじいちゃんのようにしわしわになった炭治郎の左手を握る
上げ下げはできるが握ったりすることはできなくなっていた

炭治郎の右目も形が整っているだけで機能はしていなかった

 

炭治郎・・・目も左手もやっぱり治ってなかったのか
無惨に乗っ取られて唯一イイことだったのにな。。残念

 

炭治郎の上で眠る伊之助と善逸
禰豆子と炭治郎はふたりを気にもとめず、人間に戻れてよかったと話す

 



スポンサーリンク


 

愈史郎曰くしのぶの薬と最初に噛んだのが抗体を持つ禰豆子だったことが幸いだったのだと
愈史郎は更に炭治郎には鬼としての素質があった
太陽を一瞬で克服した、つまりは禰豆子や無惨よりも素質があったのだと語る
そんな中、自我を失わずにいれたのも凄いことだと

炭治郎の頑張りをねぎらい、愈史郎は部屋を出ようとする
炭治郎は珠世のことをずっと覚えていられるのは愈史郎だけだから、死なないでと伝えた

愈史郎を見送る言葉で死なないでって言ったの驚きです
どこかさみしげな愈史郎の表情だったのも炭治郎の言葉で納得です

炭治郎ほんとに人の気持ちがわかるんだなー

 

同じ頃
義勇と不死川は最後の柱合集会へ
輝利哉は鬼殺隊の解散を宣言
かなた、くいなと共にふたりにこれまでの功績を感謝し頭を下げた
冨岡は輝利哉が立派に務めを果たしたので産屋敷家の先祖も誇りに思っているだろうと告げる
輝利哉は冨岡の言葉で涙する

 



スポンサーリンク


 

 

ええ話やーー。輝利哉くん、まだ子供なのにほんとに頑張った
これからどういう人生を送るのでしょうか

鬼殺隊・・・解散か。隊士や柱たちの第二の2人生も気になっちゃいますね
警察官とか官僚になるんですかね

  

炭治郎のもとに宇髄がまきを、須磨、雛鶴たちを連れやってくる
大騒ぎした後に今度は千寿郎と槇寿郎がやってきた
槇寿郎は杏寿郎の鍔を付けて戦ってくれたことを感謝する
続いて刀鍛冶、隠たちがやってきて病室は満員に

伊之助は病室を抜け出して台所へ
アオイが作る料理をつまみ食いするのを見つかってしまう

 

平和!平和すぎる。嬉しい

 

アオイはお腹が空いたならこっちを食べてと
伊之助専用のお盆を差し出す。ここにあるのはいつでも食べて良いと
伊之助はアオイの優しさに頬を赤らめた

 

ぬうーーー、伊之助可愛すぎるだろーー

 

 



スポンサーリンク


 

庭に出た炭治郎
カナヲと一緒に桜の木を眺める
桜は初代花の呼吸の剣士が植えたもので、名前を必勝というのだという
桜を見上げて、叶ったと教えてあげたいと微笑むカナヲ
炭治郎はカナヲの思いを聞いて優しいと感じていた

カナヲの傷を気にかける炭治郎、全然痛くないと応えてカナヲは不死川からもらったという鏑丸を首元から呼び出した

 

いきなり鏑丸出てきてびっくりした(笑)しかも首元から

 

不死川は廊下で禰豆子に遭遇
炭治郎が鬼化しそうになった時に寝ていたことを詫びる
禰豆子は自分は2年くらい寝ていたこともあるし、炭治郎も戦いの後1ヶ月位寝てたしと笑う
寝るのが好きだと笑顔で語る禰豆子の姿が、弟の玄弥と被り
不死川は優しい目をして禰豆子の頭をなでた

頬を赤らめる禰豆子、一部始終を盗み見ていた善逸は不死川に怒る

 

善逸の小物感(笑)
玄弥と被って見えちゃうとこ、思わずうるうるしてしまいました

 

鱗滝さんや冨岡もやってきて炭治郎と禰豆子は再会を喜ぶ

炭治郎たちは無事に退院し隊士たちの墓参りへ
その後生まれ育った家へ戻り、伊之助、善逸、禰豆子、炭治郎の4人で仲良く暮らしたのだった

そして時は流れ現代・・・

 

えええ!!驚きの最終コマでした
まずは、最終回覚悟していたので最終回じゃなくってよかった?です。
にしても、実質最終回みたいなもんでしょうか。次は現代が舞台のようですので炭治郎たちに会えるのはこれが最後なのかな

 



スポンサーリンク


 

最後のコマは現代だけど日本じゃなくって海外ですかね?なんとなくニューヨークかなぁと思ったんですが
尖ってるのがエンパイアステートビルですかね
それとも新宿のドコモビルかな(笑)

また煽りに悩ましい一言が「次号最高潮」
そして次週のジャンプの紹介にも「超クライマックス」ってあって
とにかく最終回が近いことはわかるけど、まだ終わりじゃ無いのかなー?

現代が舞台。まだ幸せだと良いんですけど、わざわざ現代に舞台が移るということは鬼も復活してるのかな
そして生きているキャラがいるとすれば愈史郎なので愈史郎がまずは出てくるんですかね

 

ジャンプの最後のページで吾峠呼先生自らコメントされていましたが
最後のページで炭治郎の左手が復活してましたね笑笑
幸せな間違いなのでコミックスも修正なしでこのままが良いなー

 

 

鬼滅の刃 最終回 205話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。