この音とまれ! 最新 85話 ネタバレ 感想 一英の全国演奏曲

漫画「この音とまれ!」の最新第85話「眠れる獅子」のネタバレ感想です。百谷に謝る由永、退部届を目撃し百谷を説得する愛。百谷は箏曲部を続けることに。一英では箏曲部顧問が今年の全国出場校のDVDのを見てこのままでは一英の優勝は厳しいと気合を入れ直す。ジャンプSQ2019年12月号掲載エピソード

 

 

前話、この音とまれ! 84話のネタバレ感想はこちら

 

前話、この音とまれ! 84話の振り返り

 

この音とまれ! 84話 ネタバレ

由永は百谷のことをよく知らずに攻めてしまったことを反省し、髪を切る。百谷は翌日、通孝から感謝のLINEを貰い嬉しそうに微笑む。謝罪した吉永も受け入れる

通孝は忙しい日が続きノートを獲っていなかったことに気づいて焦る。同じクラスの長田がノートを貸してやる。長田は愛たちが通孝を心配するのを目撃し、改心したのだった

百谷は部室の前で退部届を手に考える。そこへ愛がやってきて4パートのかけあいが完成したら気持ちいいからと退部届けを破る。実康も百谷に謝り、百谷は部室へと迎え入れられた

一英の顧問は全国出場校の演奏DVDを見て今年はこのままじゃ一英の優勝は厳しいだろうとワクワクする

 

この音とまれ! 最新 85話 ネタバレ 感想

 

ひさしぶりの一英登場

今莉は先日ソロで出たコンクールの結果が3位だと発表されていた雑誌をぐしゃぐしゃにして捨てる
部室では美蘭の演奏をリュカが嬉しそうに聴く

 

 

ヘラヘラとバカにしているのかと怒る美蘭
リュカは天気の良い日に美蘭の音を聴くのが好きなのだと説明する

 

一英久しぶりの登場!
美蘭は相変わらずめっちゃ怒ってるし、リュカはニコニコで通常運転ですね(笑)

 

今莉が部室へ入ると希央がコンクール3位おめでとうと声をかける
あんなの暇つぶしだと応えると希央は元天才少女は違いますねと煽った

 

ほんと・・・仲悪い
今莉がなぜ元と呼ばれているのかは後でわかってくるのかな?
皆プロを目指すライバル同士だから、ある程度は仲の悪さはしょうがないのでしょうか

 

 

 

貴船先生が部室へ入ると、全員起立して挨拶
先生は全国大会に勝ちたいかを尋ねる
メンバーは勝たなきゃ許されないと口にする
リュカは何も言わなかった

 

こうなってくるとリュカだけちょっと浮いてるというか不思議な感じがしますね
美蘭が一番やべーとおもったんですが・・・

 

先生は聴かせたい演奏があると映像資料室へメンバーを連れていき
時瀬の演奏を聴かせた
さとわに敗れた過去を思い出す今莉
リュカはさとわの演奏に涙
彼らの演奏は相思相愛だと評価

 

 

美蘭がそれを聞いて、そんな馴れ合いはごめんだと怒りを顕にする
先生は美蘭を制して、話を始めた

時瀬の演奏を聴き、己の最大限をぶつける一英の演奏も好きだがもっと欲が出てきてしまったという
そして全国の演奏曲を、先日演奏した「マジック(戯)」で行くことを告げる

喜ぶ美蘭だったが、先生はソロパートは美蘭ではなくリュカにして新しい解釈で「戯」をやるのだという

 

これまたリュカが美蘭に怒られちゃうパターンじゃないですか
リュカが独奏パートをやることで一英にもハーモニーが生まれるということですかね

 

時瀬の箏曲部 部室
晶先生が練習をみる
百谷は演奏の後に思わずダメな箇所を指摘してしまい口をつぐむが
光太が気づき、遠慮せずに言って大丈夫だとフォロー

 

 

 

光太、ナイスフォロー!!よく気づけましたね
百谷がなんだかようやく1年ぽく見えてきました。皆に囲まれてる姿が初々しいです

 

通孝は時間になり先に琴を片付け出ようとする
家で愛の琴を遣わせてもらっているが、琴の大事に作られているのがわかるし
大事にしたいと思えるのだと話す

通孝が去った後、さとわが週2くらいで部活後通孝の家へ行くのはどうかと提案
楽器はどうする?と訊かれ毎回持って帰ると応える
晶先生は何か思いつき、この件は私に任せてほしい、いい案があるという

 

晶先生のいい案ってなんでしょう?
琴持っての移動が大変だから・・・もしかしてビデオチャットかな?

 

この音とまれ! 86話へ続く

 

 

 

「この音とまれ! 最新 85話 ネタバレ 感想 一英の全国演奏曲」に6件のコメントがあります

  1. もも〜ちゃん

    アメトリコさん 毎度お馴染みもも〜ちゃんです。 

    ますます楽しみが増えてきましたねえ。ももやが一年生ぽく見えるって、すごい発見です! なんかようやく心を許してくれ始めてるんですかね。 嬉しいです!

    1. もも〜ちゃんさん
      コメントありがとうございます
      百谷がようやく初々しさ出してきてたまりません(笑)

  2. もも〜ちゃん

    リュカって、何となく「蜜蜂と遠雷」のまさるみたいですね。 本人も才能あふれる芸術家ですが、人が好きで周囲の人をライバル視せずに、それぞれの演奏を心から楽しむ、みたいな? それ故に「あんたら全員敵」みたいな人から見ると異質なんじゃないでしょうか?
    さとわ、この学校入ってたら相当しんどかったでしょうねえ。 時瀬で良かったです、ホント。 あのモジャモジャちゃんもいつか言ってましたけど、「さとわちゃんはただ一緒に頑張ってくれる仲間を探していた」でしたっけ? なんかそこら辺からきてるんじゃないですかね?

    1. もも〜ちゃんさん

      コメントありがとうございます~。一英のキャラは皆、これから色々と背景が描かれそうですね
      「蜜蜂と遠雷」は読んでない/観てないのですが面白そうですね

      さとわが一英入ってなくてよかったっていうのは同意です。一英もきっとそうなると今のメンバーじゃなくて誰かやめてたりしそう・・・

      1. もも〜ちゃん

        「蜜蜂と遠雷」映画は観ていないのですが、原作は何度か読みました。 好きな作者さんで、何度読んでも引き込まれる作品です。 
        あと同じく音楽漫画で「ピアノの森」ってご存知ですか? あれの主人公、カイも天才ピアニストで、純粋に音楽が好き、音楽を通して人間関係を構築し、音楽で身を立てていこう、と言う若者で、他人と競争することに興味がない点が、リュカと通じる気がします。 
        音楽って本来楽しむものだと思いますが、競争することに意義を感じている人も沢山いますからねえ、そこからドラマが生まれるんでしょうね。 

        1. もも〜ちゃんさん

          ありがとうございます。「ピアノの森」は原作もアニメも観ました!カイとリュカはたしかに通ずるところがあるかもしれませんね。
          ピアノとお琴で違いますけど、音楽へのスタンスはたしかに似ているかも!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。