この音とまれ! 93話 ネタバレ 感想 由永と百谷の友情

漫画「この音とまれ!」の最新第93話「気がかりな子」のネタバレ感想です。朝練より更に前に学校へ行き練習に励む愛。妃呂はさとわの愛への気持ちを察し抑えなくて良いとアドバイス。さとわは妃呂の言葉に嬉し涙を流す・・・ジャンプSQ2020年8月号掲載エピソード

 



スポンサーリンク


 

93話の続き、この音とまれ!最新94話のネタバレ感想はこちら

前話、この音とまれ! 92話のネタバレ感想はこちら

 

前話、この音とまれ! 92話の振り返り

 

この音とまれ! 92話 ネタバレ

愛はさとわの母の言葉にいてもたってもいられず、早朝から部室へ。朝練の頃には既に眠くなっていた

さとわの様子を気遣う妃呂。朝練終わりに呼び止め、愛への気持ちをおさえなくていいとアドバイスする。

さとわは妃呂の言葉に嬉しくて涙。遅れて入った教室では事情を察した武蔵がさすが副部長とメモを手渡した

 

この音とまれ! 最新 93話 ネタバレ 感想

 

アドバイス

堂島家の朝
慧士が朝ごはんを作る
晶とおばあちゃんと3人で囲む食卓
味噌汁が濃いと言うおばあちゃん、フォローするかのように晶は話題を変え通孝の様子を訊く

慧士は通孝と練習した先日の出来事を語る
思った音量が出せずに苦戦する通孝に、慧士は一緒に手を取り自分の弾き方で弾いてみせる
音の違いに感動する通孝の鼓動が早くなる
忘れないうちにと琴に向かう姿に、慧士は涙が出そうだったと言う

 

 



スポンサーリンク


 

通孝のお母さんも退院してリハビリ中なんですね
よかった~~

 

晶はお兄ちゃんに頼んで良かったと言う
慧士は涙する
おばあちゃんは素人の面倒ばかり見てと、小言を言って立ち上がる
慧士に人に教える余裕があるなら演奏会で一曲くらい弾いたらどうだと言い残して部屋を出た
晶はなんだかんだ慧士がまたお琴に関わりを持ってくれるのが嬉しいんだろうと笑顔

 

慧士エピソードは毎度癒やされますねー

 

晶に部のほうはどうかと尋ねる
晶はちょっとだけまだ気がかりな子がいると言う

 

教室では由永が百谷に部活であったことを目を輝かせ事細かに説明していた
百谷は大変だから全部報告しなくていいと言うと由永は全然!とメモを見せる
百谷は自分の名前で「古典ぽくなるところ」とアドバイスしたことがメモされているのを見つける

話題は普段聴く音楽のことに
おすすめがあったらLINEにタイトルを送ってと百谷
由永は自分のおすすめ・・・と感動しドキドキする

 

由永がもう恋する乙女になってるーー(笑)
かわいい

 

 



スポンサーリンク


 

動揺し、スマホを取り出しながら思わず友達・・・みたいと口にしてしまう
百谷が反応する前に授業が始まってしまう。ウザがられただろうなと反省する由永

 

せっかくいい感じだったんだけどなーー
ふたりの友情の行方も気になるネタですね

 

百谷は授業を聞きながら、由永の音について考える
合奏中由永の音が浮くのは音質の問題
しかし音質を変えられるほど由永は器用じゃないと

 

気がかりな子は百谷だとばかり思ってましたが
由永でしたね(笑)なんかトラブルメーカーってイメージが百谷にもう付いてしまって・・・

 

愛、由永、光太、百谷で合わせる
かなりいい感じだったと興奮する光太と由永
マシだったがスッキリしないと愛
百谷が光太と由永がまだちょいちょい誤魔化してるからだと指摘
どの辺が間違っていたか訊く光太に百谷は気持ち良い場所に音が無いのだと説明
光太は他の音を聞きすぎてタイミングが遅れ、由永は焦って前のめりになってると
指摘され納得する光太
愛はそれだけ?と反応し、うまく言えないが音の雰囲気がギクシャクしてる。何か分からないかと百谷を見つめる

 

 



スポンサーリンク


 

百谷すごくないですか?ほんと練習捗るでしょコレ。ちゃんと細かに説明できるのって才能ですよね
愛も違和感感じてるけど言語化出来ないもんね

 

百谷はチラっと由永に目をやる
とっさに目を逸したことで自分のことだと気づく由永
百谷の頭の中では、光太から遠慮せずに言えと言われたことが蘇る
由永は何かあるなら言ってと百谷の気持ちを察したかのように話を急かした

 

百谷は、由永の音が浮いている、音質が周りとあっていないと語る
音質は技術的な問題ではなくもっと根本的なことだから言いたくなかったのだと

どうして由永だけ音が違うのかと考える一同
由永は自分の手を見て、他の皆と違う丸爪に気づく

 

亡き祖父との思い出が音質の違いの原因だった!?ということですか
次回は由永の過去が更に明らかになりそうですね

爪の違いかも?というオチを知ってから読み直すと
このエピソード中、色んな所で手元(角爪)が描かれていました!なるほど!

 



スポンサーリンク


 

 

この音とまれ! 94話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。