土竜の唄 最新 598話 ネタバレ 感想 ベルチェノワとキャプテンデルタ

漫画「土竜の唄」最新第598話「ベルチェノワ」のネタバレ感想です。玲二とパピヨンはヘヴンリーアマゾネス号を乗っ取るべく操縦室へ乗り込む。船長の男が銃を乱射そして、そこにもうひとりの新敵、ベルチェノワが登場。持っていたシャチの武器で攻撃を開始。ビッグコミックスピリッツ2018年16号掲載エピソードです

 

 

598話の続き、土竜の唄最新599話のネタバレ感想はこちら

前話、土竜の唄 597話のネタバレ感想はこちら

 

土竜の唄 597話の振り返り

 

土竜の唄 597話 ネタバレ

ヘヴンリーアマゾネス号を乗っ取ろうと計画したパピヨン

玲二はパピヨンのカードで揃えた服を来て一緒に操縦室へ

船長はふたりの登場に驚きつつも銃をぶっぱなす

応戦しようとする二人の前に現れたのは、ベルチェノワ

ベルチェノワは脇に抱えたシャチの形をした武器で歯を乱射。パピヨンに命中する

 

土竜の唄 最新 598話 ネタバレ 感想

 

見開き扉絵は
ベルチェノワアップ
いや・・・正確にはベルチェノワのシャチ(武器)

ベルチェノワ謎が多すぎ(笑)

もうすぐ600話目ですね
記念すべき600話目はもちろん表紙&巻頭カラーですよね?
毎回グラビアなんてなくていいです!(笑)

 

 

 

パピヨンVS船長
ベルチェノワとパピヨンが戦うのかと思いきや
ベルチェノワは玲二、船長がパピヨンでした

船長も謎キャラでしたがいろいろ判明しました
・名前はキャプテンデルタ
・海賊
・5ヶ国語ペラペラ
・轟周宝に7億円もらえるので今回の仕事を引き受けた
・つばがいくらでも出せる(笑)

いや・・・つばの攻撃。意味なくない?
「オレは唾をいくらでも出せるんだ!」

 

パピヨン、苦戦してたけど・・・嘘だろ。こんなやつに。

 

玲二VSベルチェノワ
ベルチェノワのお尻に見とれて油断した玲二はシャチの武器でぶっ飛ばされる
シャチの武器は”シャチランス”と呼ばれてて「槍」だったのですね

 

ベルチェノワしかも、キャプテンデルタのこと「お父様」って呼んでたけど
マジに父娘なんでしょうか・・・全く似てないけど。
しかも本当にベルチェノワのお父さんがデルタだとしたら、娘の前で
「一日中ウォーキング69を味わえる!!」とかヤメて(笑)

 

 

 

ベルチェノワは更にほぼ全身を鋼鉄鱗で覆い防御も万全
さすが、デビルマーメイド

牡蠣の効果も虚しく早速満身創痍のパピヨンと玲二
なんとかするんでしょうけど、このふたり倒した頃にはもう・・・体力残ってなさそう

 

土竜の唄 599話へ続く
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。