土竜の唄 最新 614話 ネタバレ 感想 ヤケル VS パピヨン

漫画「土竜の唄」最新第614話「暴れる萬蔵」のネタバレ感想です。轟周宝を捕らえようとヘリポートへ向かった玲二と赤桐たち、しかし途中で轟四人衆の萬蔵が立ちはだかる。防弾チョッキで一命をとりとめた萬蔵だったが・・・とどめを刺されそうなタイミングで玲二が飛び出した。ビッグコミックスピリッツ2018年33号掲載エピソードです

 

 

614話の続き、土竜の唄最新615話のネタバレ感想はこちら

前話、土竜の唄 613話のネタバレ感想はこちら

 

前話、土竜の唄 613話の振り返り

 

土竜の唄 613話 ネタバレ

玲二が赤桐や署長たちとヘリポートへ向かう途中、轟四人衆のひとり、萬蔵が立ちはだかる

玲二は萬蔵の銃弾に倒れ、署長たちも次々にやられる

数寄矢会の人間を全て記憶していた赤桐にも萬蔵が誰なのかはわからなかった

防弾チョッキを避け、赤桐にとどめを刺そうとする萬蔵。玲二は胸の手錠で銃弾を避けれており、萬蔵の後ろからチョークスリーパーを決める

 

土竜の唄 最新 614話 ネタバレ 感想

 

扉絵は胸元開けて誘惑してる純奈
セクシー純奈よりも、それよりなにより後ろの部屋がいろいろすごくて気になりすぎて
純奈のセクシーショット頭に入ってこない(笑)
柄だらけ!

 

 

 

萬蔵 VS 玲二
ヘヴンリーアマゾネス号を海上保安庁と警察、300名で捜索

玲二がチョークスリーパーで萬蔵を苦しめる間に署長達は目を覚まし起き上がる
チョークスリーパーが効いているのを実感した玲二はこのまま絞め落とそうとするが
萬蔵はなんと、自らの肩を打ち抜き、貫通させ玲二に一撃を喰らわせる

 

萬蔵、壮絶すぎる。
意外と弱い?って思ってたけどそんなにやっぱ甘くなかったですね。赤桐たちも見てないで手伝ってほしいんだけど・・・

萬蔵がラストシーンで放った一発は玲二に当たったんですかねー・・・

 

ヤケル VS パピヨン
ヘリポートではヤケルがパピヨンに襲いかかる
3対1じゃなくって順番に戦うスタイルなのね、轟四人衆は。

ヤケルが胸元から取り出した釜のような武器を見てパピヨンが一言

「イカした武器だ、合格!」

ありがとうございます!(笑)

 

 

 

パピヨンが攻撃を避けながらパンチをお見舞いするがヤケルに効いた様子はなく
逆に顔を武器で斬られてしまう

 

パピヨンパンチが全く効いてないんですが・・・パピヨン戦いすぎてお疲れなのか
それともヤケルはヤクでもキメて痛みに鈍感になってるとかですかねー
攻撃が効かなきゃ勝てませんよ!!

 

土竜の唄 615話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。