女優失格 42話 ネタバレ 感想 監督から理沙へ謎のUSBメモリ

漫画「女優失格」の42話「愛とくしゃみは隠せない(1)」を読んだネタバレ感想です。世夜は朝陽に大麻事件と関わりがあるのか問い詰めるが、朝陽は先輩に言われて理沙を連れて行っただけだと説明。撮影現場では雨が降り出し、理沙は震える。悠斗は耳を塞いで一緒に体育館まで歩く・・・女優失格はLINE漫画で人気連載中。

 



スポンサーリンク


 

42話の続き、女優失格最新43話のネタバレ感想はこちら

前話、女優失格41話のネタバレ感想はこちら

 

前話、女優失格 41話の振り返り

 

女優失格 41話 ネタバレ

大麻の事件に関わっているのか訊かれた朝陽、そんなものはないとおどけつつ、あそこにいた先輩が強いタバコを一緒に吸いたいと言うから従ったのだと説明する

そのせいで理沙は引退したのだと世夜が責めると、朝陽はキレる。朝陽か理沙どっちが大事なのかと問い詰めると世夜は朝陽に決まっていると答えた

翌朝、撮影現場で雨が降り出す。母との記憶が蘇り立ちすくむ理沙。悠斗が理沙の耳を塞ぎ一緒に体育館へと向かう。二人の様子を世夜が後ろから見つめていた。

 

女優失格 42話 ネタバレ 感想

 

屋内で撮影が再開
理沙が1位の悠斗に生い立ちや母との関係を打ち明けるシーン
理沙は涙しながら演じきる
夏はシーンが終わってもカットがかからないのを変に思って監督の方を向くと、監督は涙を流していた

 

迫真の演技で涙でしょうか。監督が涙って意外すぎます

 

 



スポンサーリンク


 

監督はトイレへ
夏が追いかけてやってきて、助演になる代わりに出番を増やしてくれるという約束だったのに話が違うという
今でも増やしていると監督
しかし夏は納得行かない様子で、自分も理沙のようにできると主張

監督は何も応えず撮影に戻ると伝える

 

夏、これまで存在感なかったのですがそろそろ動き出しそうですねー
面白く引っ掻き回してくれそうです

 

撮影終了後
監督は無言で理沙にUSBを手渡した。

 

悠斗はスポンサーの九条顕代の元へ
九条はこのまま卒業させるのは惜しいという

お付きの女と外でタバコを吸う悠斗
最初は嫌だと喚くが皆、心地よくなり抜け出せないことに気づき絶望すると語る女
悠斗は女の方を見ないで気にかけてくれて優しいと応え、でもやめたほうがいい、甘えたくなるからと言い残して去った

 

韓国芸能界って本当に九条みたいな人いるんでしょうか
女じゃなくって男だといそうですよね・・・

 

家に戻った理沙がUSBファイルを確認すると・・・・そこには

 

 



 

お母さん関連ですかね。ファイルの中身。監督とお母さんがどういう関係なのか気になりますねー
九条と悠斗の関係はどうなるのでしょう・・・理沙が知ったらショックだろうなー

 

女優失格 43話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。