女優失格 61話 ネタバレ 感想 松田聡名と理沙の共演 朝陽のスマホ

漫画「女優失格」の61話「天才の血統(2)」を読んだネタバレ感想です。撮影現場に特別出演予定の大物俳優、松田聡名がやってくる。世夜は理沙に松田聡名は朝陽の父親だと説明。理沙は松田と話した瞬間、何故か自分の父親が誰なのか知らない話を監督としたことを思い出した・・女優失格はLINE漫画で人気連載中。

 



スポンサーリンク


 

61話の続き、女優失格最新62話のネタバレ感想はこちら

前話、女優失格60話のネタバレ感想はこちら

 

前話、女優失格 60話の振り返り

 

女優失格 60話 ネタバレ

理沙と夏の演技力により、メリー高はどんどん評判が上がっていっていた。ふたりに刺激を受けた世夜は演技を真剣に・・・と朝陽に相談。朝陽はキレて反対する。

翌日、悠斗は記事をリークしたのは世夜じゃないと信じるが、記者からはアイドルが情報提供者だと聞いたが誰か思い浮かばないかと世夜に尋ねる。世夜は何も知らないと応えつつも頭には朝陽のことが浮かぶ

撮影現場には特別出演の松田聡名がやってくる。松田はハリウッドにも進出した大物俳優。理沙との共演を楽しみにしているという、理沙は松田に触れられた瞬間、監督が理沙の父親が誰か知らないのか?と質問してきたことを思い出した。世夜は松田は朝陽の父親だと説明する。

 

女優失格 最新 61話 ネタバレ 感想

 

松田聡名の実力

理沙は朝陽が松田聡名の息子だと噂されていたことを思い出し
松田聡名のことを別に好みじゃないし・・アイツの親だしと気持ちを整理する

 

松田聡名と世夜のシーン
理沙は聡名が世夜を引き立てる演技をしているのがわかった

 



スポンサーリンク


 

続いて聡名と理沙のシーン
台本を読みながらリハ後、本番に臨む

松田聡名は本番になると先程とは別人のように演技をする
本当の松田聡名の演技を前に気圧される理沙

理沙演じるキャラへの憎しみから聡名が涙を見せると
理沙は言葉を失い、泣く場面ではないのに涙がこぼれた

 

聡名の圧がすごい。これが演技派と呼ばれる所以
あの理沙が言葉を失いそうになるなんて

 

カットがかかり
聡名は実に面白い、これより楽しいことはこの世にはないとつぶやく

 

聡名こええよ、顔が怖すぎだよ

 

 



 

理沙と握手し、天才だが変な癖があると指摘
理沙は聡名を前にただぼーっとして何も言い返せない

聡名は理沙の輝く才能に比べ、理沙を育てた人は無能だったんだなと続け
その場を去った

 

理沙ママへの恨みなのでしょうか。理沙が生まれた後、聡名に黙ってお母さんが姿を消したとか?

 

ふたりの様子を見ていた監督は「・・・まさか」と何かに気づく

 

世夜は家に帰り松田聡名がメリー高に出演したことを朝陽に伝える
朝陽は理沙と共演したと聞いて急に怒り出す

何かおかしいと気づいた世夜は朝陽が席を外した間にスマホを確認

 

おいーーパスコードしっとんかい!(笑)
そういうとこが仲良し感出ちゃってるぞー

 

世夜は佐藤圭介記者と朝陽がやり取りしているメッセージを発見
顔を洗っていた朝陽にこれは何だと問い詰めた

 

 



 

ようやく朝陽がやべーやつだと世夜が気づいてくれますね
世夜への執着心から理沙に嫌がらせしているのだとばかり思っていたので、まさか異母姉弟で父親からの愛に飢えて?の犯行とは思いもしませんでしたね。

次回は世夜と朝陽の口論でしょうか。グループ脱退とかそういう大事になりますかねー

 

女優失格 62話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。