ノラガミ 最新79話 ネタバレ 感想 月刊少年マガジン12月号

漫画「ノラガミ」の最新79話「彼の愛、此の愛」のネタバレ感想です。100均くんを助けようとする夜卜。ついに兆麻を呼び、兆麻は夜卜の神器となった。月刊少年マガジン12月号掲載エピソード

 

 

前話、ノラガミ 78-2話のネタバレ感想はこちら

 

前話、ノラガミ 78-2話の振り返り

 

ノラガミ 78-2話 ネタバレ

父様に対抗スべく最強の神器を捜す夜卜。そこへハローワークで知り合った100均バサミになる神器が助けを求めてやってくる

狐の妖に追いかけられる100均を救おうと戦う夜卜。ビルの上に兆麻がいるのに気づき目が合う。名を呼べというアピールしてくる兆麻に根負けして夜卜は名を読んだ

兆麻は暦音(かずね)と呼ばれ、夜卜の神器となる。兆麻は涙した。

 

ノラガミ 最新79話 ネタバレ 感想

 

兆麻改め暦音(かずね)
兆麻はシャッターの降りた商店街の店の前でビールを飲んで酔っ払う
夜卜の呼びかけにも素直に応じない
夜卜が暦器を気に入ったと話すと兆麻は野良になった甲斐があると応じる

 

 

兆麻が暦音の由来を尋ねる
暦はそれしか思い浮かばず
音をずっと使っているのは自分への戒めだと、夜卜は珠音を思い浮かべながら応えた

兆麻はその答えに、ヴィーナから兆麻の名をもらった時にも
麻のいち族にあったことをなかったことにしたくないという自分の戒めだと
説明を受けたことを思い出していた

 

まさかのやけ酒@道端 スタートで笑いました
ヴィーナを裏切ってしまったっていう気持ちなんでしょうが
真面目というか・・・兆麻らしいですよね

 

夜卜は兆麻の元を離れ、一人兆麻の人間の時の死因について考えていた
兆麻は平野清次という名で塩問屋の次男として生まれる
父親の命で家業を継ぐことになるが、祝言の直前実の兄に絞殺されていた
夜卜は14歳で父親に殺された雪音と似ていると考えていた

夜卜は雪音に殺し合いをさせていることに罪悪感を覚える

「もうよくねえか・・・?もっと穏やかなオレの方が雪音にはあってる」

そして裏切ってしまったことをつぶやくように詫びた

 

兆麻の死・・・壮絶ですね。実の兄に殺されるなんてツラすぎる

 

夜卜は兆麻の元へ戻る
眠ってしまっている兆麻は「好きだようヴィー・・・」と寝言を言う
夜卜は誰にも言っていないが好きな奴がいると眠る兆麻に語りかける
その手にはひよりが作ったカピパー稲荷が握られていた

 

 

同じ頃、ひよりは手帳を見直して「夜卜」の字がたくさん書いてあることに気づく

 

ひよりを兆麻が追っ払ったって知ったら夜卜は複雑な気分でしょうか
ひよりとはうまくいってほしいけど、兆麻が神器な間はいろいろこじれそうですね

 

ノラガミ 80話へ続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。