ノラガミ 85話 ネタバレ 感想 野良の妖の姿 月刊マガジン1月号

漫画「ノラガミ」の最新85話「会いたい」のネタバレ感想です。雪音のあとを追う兆麻。術師は雪音の話をきいてやり同情をみせ、言の葉で雪音に新しい名をやる。タケミカヅチは小福や恵比寿たちに術師と戦うなら器を用意するように告げる。月刊少年マガジン1月号掲載エピソード

 

 

85話の続き、ノラガミ最新86話のネタバレ感想はこちら

前話、ノラガミ 84-2話のネタバレ感想はこちら

 

前話、ノラガミ 84-2話の振り返り

 

ノラガミ 84-2話 ネタバレ

タケミカヅチはふるゆわジャージ姿の男に襲われたことを小福たちに報告。小服たちはそれは夜卜に違いないと驚く

タケミカヅチは術師と戦うなら、別の器を用意しろと伝える。連れ去られる雪音の姿を発見した兆麻。後を追う

雪音は夜卜への恨みを募らせていた。術師は言の葉で雪音に新しい名をやる

 

ノラガミ 最新85話 ネタバレ 感想

 

雪音の名

術師は雪音を新しい名、「莠(はぐさ)」と名付けた
術師は雪音の家がだいたい判ったので会いに行こうと提案する

 

 

 

生前の家に生き死の原因、神の秘め事を知ってしまうのでしょうか
「業の塊」ってやつに雪音もなるのでしょうか、それとも妖に転じることなく何か別のものになったり?

ちなみに「莠」でググるとエノコログサって意味で、他には悪いものの例え、みにくいって意味なんですね

 

兆麻は夜卜に雪音が術師の野良になったことを報告
話が信じられない夜卜だったがヤスミが消え3時間たっても刺されないことから事実だと受け止める

兆麻が雪音は神器になるのかと訊く
野良は緋と同じなら、器にもなるが主を刺さず、妖のようにもなると説明
驚く兆麻に緋は滅多に人前ではならないが魚みたいになると続けた。
ふたりの話を聞いていたかのように、近くの水路で魚が跳ねる音がする

 

雪音は妖のようにもなることができるのか・・・、緋こと野良が魚みたいなら雪音はカラスに連れてかれたってのもあるので鳥みたいになるのかな?

 

 

 

夜卜は術師へ殺意を抱く
兆麻に雪音がいたところまで案内するように頼む

 

水辺で実は話を聞いていた野良は怒り、自分もわがまましてやるとヤケになる

ひよりはまた気を失い目を覚ました
元に戻れるのか自分の身を案じていたところで野良の声が聞こえる
庭の方へ出てみると、小さな池から野良が顔を出していた
野良はひよりに絡む、あたしかわいい?と訊く野良はひよりの応えを待たずして攻撃を開始
姿は醜い人魚のようだ
一生懸命頑張ったのに、誰も自分を一番にしなかった
それは自分が偽物の女の子だからだろう、ひよりみたいに普通の女の子になりたかったと八つ当たりする

 

 

 

野良の妖バージョン、早速登場しました!
人前で見せない理由が解るなかなかパンチの効いた見た目ですね。
普段の姿でも野良はかなり強いという理解ですが、妖の姿だと更に強いのでしょうか

 

野良が祖母のいる部屋を攻撃
止めてと叫ぶと黒い影が現れ、野良の前に立ちはだかる
その後祖母の部屋へ黒い影が向かう
後を追うひより、野良にはそこにいるように伝える

野良は「そこにいて」という言葉で赤子から生まれる前まで姿が戻り、池の中へ落ちた

 

野良はどうなっちゃったんでしょう。成仏したということですか!?

 

 

 

ひよりが祖母の部屋へ行く
祖母は黒い影は祖父だと説明、お迎えに来たのだという
祖母はひよりにも好きな人がいるのだと知り、会えなくなってからでは遅いから、今から会いに行くように伝えた

 

おばあちゃん・・(泣)
ひよりは意を決し夜卜を探すんでしょうか

 

夜卜は雪音を探すも見当たらず
同じ頃、術師は雪音を連れ、家へと向かっていた

 

次回は雪音の秘め事が明かされる展開になりそうです
夜卜が止めに向かうんでしょうが、もう間に合わない感じでしたね・・・
ひよりの元へやってきた野良は、ひよりに力を貸すことになるのでしょうか。野良の新しい姿にも注目です!

 

ノラガミ 86話へ続く
 

 

 

「ノラガミ 85話 ネタバレ 感想 野良の妖の姿 月刊マガジン1月号」に1件のコメントがあります

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。