ノラガミ 87話 ネタバレ 感想 雪音 真名へと近づく 月マガ4月号

漫画「ノラガミ」の最新87話「闇に至る途」のネタバレ感想です。ひよりは野良と一緒に雪音が殺された現場へ。恵比寿は先代恵比寿からのビデオメッセージを発見。先代が残した術師に関する資料が倉庫に隠されていることを知る・・月刊少年マガジン4月号掲載エピソード

 



スポンサーリンク


 

87話の続き、ノラガミ最新87-2話のネタバレ感想はこちら

前話、ノラガミ 86-2話のネタバレ感想はこちら

 

前話、ノラガミ 86-2話の振り返り

 

ノラガミ 86-2話 ネタバレ

ひよりは野良に連れられ雪音が殺された現場へ

野良はかつて夜卜の後をつけ、この場所にやってきたのだという。夜卜が雪の中から掘り出したのは冷蔵庫。そこで雪音はまだ息をしたまま閉じ込められ死んだのだと理解したひよりは涙する

恵比寿は先代恵比寿の残した動画を見て、術師に関する資料が倉庫の書類ケースに隠されていると知る。

 

ノラガミ 最新87話 ネタバレ 感想

 

雪音の名

雪音は父親に冷蔵庫に閉じ込められる夢を見てうなされる
術師が大丈夫かと声をかけ、目覚めた雪音
そこはかつて、雪音が暮らしたという古いアパートだった

 

リ・・・リアルな木造アパート
ここに住んでいたのか・・・

 

 



スポンサーリンク


 

術師はどこに雪音の机があったのかや、網戸が破れていたことなど細かい話をしてやる
窓の直ぐ側を走る電車を見下ろしながら、雪音は何も思い出せないやと謝る
術師は雪音が通った学校やラーメン屋なども案内してやっていたのだった

 

術師は自分も全てわかるわけじゃないから・・・とフォロー
莠と名付けた時に見えた記憶は断片的で、もう35年も経っているからと
雪音は35年前に14歳で死んだのだと知る

最近死んだものだと思っていたので驚く雪音
もう自分が生きていた証なんてないだろうとうつむくと術師は見つけたと微笑み、探してみろと持ちかける

 

35年前・・・
生きていたら雪音は49歳だったのか・・・
そしてお姉ちゃんってまだ存命なのかなーーそれとも一家心中だったのでしょうか

 



スポンサーリンク


 

 

雪音は柱に刻まれた身長の記録を発見
術師に自分の名はハルだったのかと尋ねる
術師はそうだよと応える

嬉しそうに微笑む雪音に笑顔で対応しながら、術師はそれが真名ではなく呼び名で、まだ秘め事は暴かれないことをわかっていた
そしてキラキラした目をする雪音にもう死んでるのに、何を期待しているのか、こういうガキは少しずつ背中を押し道を指し示すのが良いだろうと考えていた

 

こっわ・・・・術師の笑顔の向こう側、怖すぎます

 

雪音はユカというのが姉だとも理解
名字が何かを探そうと家の周りを見に行くことに
アウターを着ながら、どうしてこんなに良くしてくれるのか、夜卜は何も教えてくれなかったのにと訊く
術師は傷つくことが多いから本当はダメなんだ、でも莠は自分のことを知りたいだろう?と説明

雪音はうん!と答えて部屋を出る
妖の犬がお供しますとついてまわる

術師は雪音が自分を知り絶望し、やり場のない怒りを矛に変えて厄災を撒き散らすよう期待していたのだった

 



スポンサーリンク


 

 

ああ・・・なんてこったい
早く兆麻と夜卜が追いつけると良いんですけど・・
名字も見つけて、真名にどんどんと近づく様が描かれるんでしょう
本名わかったら、過去の事件を調べることなんて容易いでしょうしね・・・

 

ノラガミ 88話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。