ノラガミ 最新 91話 ネタバレ 感想 雪音と姉の過去 月マガ12月号

漫画「ノラガミ」の最新91話「正しいことを」のネタバレ感想です。雪音は父の手がかりを追いかけて手に入れた住所へ向かうもそこにはもう、住んでいる形跡は無かった。雪音は父に似た酔っ払いを見て、新しい術を生み出す・・・月刊少年マガジン12月号掲載エピソード

 



スポンサーリンク


 

前話、ノラガミ 90-2話のネタバレ感想はこちら

 

前話、ノラガミ 90-2話の振り返り

 

ノラガミ 90-2話 ネタバレ

雪音と術師は雪音の母の残した父がいるであろう住所へ向かうが、そこにはもうアパートが無かった。手がかりを無くした雪音、顎にほくろのある大人を必死に探す

居酒屋で酔っ払って子供に金を持ってこさせていた男を父かと勘違い。雪音のイラつく想いが店員に乗り移ったようになり、酔っぱらいにやり返す。術師は雪音の新しい術に感心、雪音は人をさばくのは人だと新しい術を別の誰かに使おうと考える

 

ノラガミ 最新 91話 ネタバレ 感想

 

雪音の姉が語る雪音との思い出

雪音は新しい能力で人の善意を覗き見る
術師に、もっとこの善の網、善網をばらまいて父を捕まえようと考える

術師は善網って天網のパクリか?とつぶやく

 

 



スポンサーリンク


 

見つかるんですかねー、雪音の父
なんだかもう亡くなってるような気もしてます
亡くなってたほうが見つけやすいのかな

 

ひよりが倒れてしまい、そのまま雪音の姉の家で横になる
野良はひよりが寝ている間、雪音の姉と話をすることに

野良は雪音が亡くなった冷蔵庫で手に持っていた姉への手紙を手渡した
姉は手紙をすぐには読まず、目の前に置いて雪音との過去を語り始めた

 

お手紙すぐに読まないんですね。気にならないのかな・・・

 

雪音の父から慢性的に暴力を受けていたふたり
母はそれが当たり前のようにいつもにこにこ笑っていたという

姉は大きくなってそれがおかしいことだと気づき、電車に飛び込み自殺しようとするが雪音が阻止
雪音とふたりで母に離婚するよう説得、父は応じたが
どちらかを置いて行けと言った

じゃんけんで勝ったほうは父に引き取られると決め、雪音が残ることになったのだった

姉は姉なのに代わってあげることが出来なかった自分を責めた

 

 

 

辛い・・・ふたりが疎遠になったのはそういうことだったんですね
お姉ちゃんと年離れてそうですが、仲良かったのに
離婚したは良かったけど、一人置いてけ・・・ですか。残酷過ぎる。お母さんあらがってふたり連れて行ってほしかった

 

目を覚ました毘沙門が兆麻を呼ぶも、現れず
代わりに囷巴を召喚
歓喜する囷巴。皆無事であることを報告、明日は年末で大祓いだがサボろうと毘沙門を安心させようとする

 

兆麻、夜卜といる場合じゃない!!(笑)
早く兆麻と毘沙門の再会がみたいですね

 

ノラガミ 92話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。