ノラガミ 93-2話 ネタバレ 感想 恵比寿とタケミカヅチ 月マガ5月号

漫画「ノラガミ」の最新93-2話「むく先」のネタバレ感想です。アラハバキと椎は大祓の会場へ。天照はこの大祓で必ず術師を討つと誓う。夜卜に売られたと術師は怒りを顕にする・・・月刊少年マガジン5月号掲載エピソード

 



スポンサーリンク


 

93-2話の続き、ノラガミ最新94話のネタバレ感想はこちら

前話、ノラガミ 93話のネタバレ感想はこちら

 

前話、ノラガミ 93話の振り返り

 

ノラガミ 93話 ネタバレ

大祓の集合場所にやってきたアラハバキと椎に七福神が声をかける。担当範囲が関西一帯だと知ったアラハバキは大変だとこぼす。弁財天は先日の大逆で代替わりしたり、紙の秘め事が暴かれた神器もいるらしいと人手不足な理由を説明する

天照はこの大祓で必ず術師を討つと誓う。術師は本気で夜卜が大祓で自分を殺しに来ているのだと理解し怒る。

 

ノラガミ 最新 94話 ネタバレ 感想

 

恵比寿の向かう先

術師と雪音こと莠におされる夜卜と兆麻
なんとか排水路に逃げ込む

 

 



スポンサーリンク


 

勝てる気がしないですね…何か作戦がアレば良いのですが

 

恵比寿はタケミカヅチと共にとある場所へ小さな船で向かう
船を漕ぎながらタケミカヅチはなんで櫓船だと文句をつける

少し前のこと・・・
恵比寿は遂に術師に繋がる情報を発見
それは術士の出生地で「圭調(たまつき)」という場所だった

昔の唄をたどり、進めば術師の墓が見つかるのでは?と考えた一同

恵比寿は先代もその場所を訪れていたようだが、禁足地と指定しており
神器を連れて向かったが、秘め事が暴かれて全滅したのかもしれないと考え不安に

 

!恵比寿たちの調査のことすっかり忘れてました(笑)
術師の墓ですか・・・そこに何があるのでしょうか

 

意を決し、独りで行こうという恵比寿にタケミカヅチがついていってやると申し出たのだった

 

やだ頼もしい!!タケミカヅチさすがです

 

 

 

雪音は攻撃を続けながらも自分を捨てた父を探していた
力が暴走しはじめ、術師が声をかけても聞かない

同じ頃、雪音の姉はずっと開けることが出来ずにいた雪音こと春樹からの手紙を
意を決して開け中身を読んだ・・・・

 

手紙自体に重要なことが書かれているようには思わないのですが
この手紙が雪音に何か影響を与えそうではありますよね

雪音が正気を取り戻すには術師をやはり倒す必要があって、それは夜卜が正面対決するよりも
恵比寿たちが墓で何かヒントを得て、毘沙門たちと協力して成し遂げるような展開になるのでしょうか

 

ノラガミ 94話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。