ノラガミ 93話 ネタバレ 感想 まもなく大祓 月マガ 4月号

漫画「ノラガミ」の最新93話「むく先」のネタバレ感想です。夜卜と兆麻は術師と戦うも術師との実力差を感じる。術師は息子である夜卜から天照のことを耳にし本気で殺しに来ているのだと理解する・・・月刊少年マガジン4月号掲載エピソード

 



スポンサーリンク


 

93話の続き、ノラガミ最新93-2話のネタバレ感想はこちら

前話、ノラガミ 92-2話のネタバレ感想はこちら

 

前話、ノラガミ 92-2話の振り返り

 

ノラガミ 92-2話 ネタバレ

夜卜は術師に斬りかかるも術師は手にした筆で攻撃をかわす

夜卜が天照が来る前に息子の手にかかって死んでおけ!と斬りかかると術師の余裕だった表情からは笑みが消える

 

ノラガミ 最新 93話 ネタバレ 感想

 

大祓ついにはじまる

アラハバキと椎が大祓の会場にやってくると七福神たちがふたりをねぎらう
椎は恵比寿と大黒天がいないのがわかるとテンションが下がる

 

 



スポンサーリンク


 

七福神がスパチャにハマってお金ないの笑う

 

アラハバキたちは関西一帯を持ち場として与えられる
随分広いな・・・と戸惑いを見せていると、人手不足なのだと福禄寿
弁財天が説明のためアラハバキを隅の方へと呼び寄せる

弁財天は先日の大逆で代替わりしたり、紙の秘め事が暴かれた神器もいるらしいと人手不足な理由を説明する

 

おう・・・雪音のことですね・・
にしても確かに北の大地も守りつつ、関西一帯担当って人手不足がすぎる
アラハバキと七福神しかいないの?てレベル

 

天照は戦神を呼びつけて、今日の狩りの供では神器は使わないでほしいとお願いする
荒御霊に転じても良いから、今日は必ず術師を討つと決めたのだという

 

これは期待!
でも術師が何も用意していないわけ無いと思うんですよね。むしろ天照が大丈夫なのかな?と心配ですね

 

 



スポンサーリンク


 

自分を売ったのかと怒りを顕にする術師
夜卜は夜が明けて大祓が始まればお前は終わりで、自分もそうだと言うと
術師は雪音に代替わりしてひよりに自分の面倒を見てもらうつもりだと入れ知恵する

 

夜卜が代替わりって有り得そうですね・・・・
天照は日中なのかー。ちょっと術師に攻め入る時間が早すぎましたかねー。大祓がはじまるまでに持ちこたえられるかなー

 

ノラガミ 93-2話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。