思い思われふりふられ 最新 43話 ネタバレ 感想 別マ1月号

漫画「思い、思われ、ふり、ふられ」、最新第43話のネタバレ感想です。和臣と朱里はお互いが好きだと告白しあう。ついにつき合うことになった2人、理央と朱里の両親も仲直りして、新展開がスタート・・・別冊マーガレット1月号掲載エピソードです。

 

 

43話の続き、思い思われふりふられ最新44話のネタバレ感想はこちら

前話、思い思われふりふられ 42話のネタバレ感想はこちら

 

前話、思い思われふりふられ 42話の振り返り

 

思い思われふりふられ 42話 ネタバレ

見晴らし台に急いでやってきた朱里、告白しようとするが和臣は好きな人がいると口を挟む。落胆する朱里だったが、好きな人は朱里だと和臣

驚く朱里、亮介の告白に好きな人がいると断ったのだと説明。朱里に好きな人がいることに驚く和臣。しかし朱里は先を越されちゃったと和臣が好きだと告白

朱里は家に帰って両親に仲直りしてほしいと提案。一足先に父が母に謝って仲直りしていた。

翌朝、朱里は和臣と登校。手をつなぐふたり、朱里はまだ何を考えているかわからないところのある和臣にドキドキが止まらない。

 

思い思われふりふられ 最新 43話 ネタバレ 感想

 

扉絵は理央と和臣
男ふたりの扉絵って久々な気がします!
得意げな顔の理央かわいいです

 

 

 

4人のデート
和臣は理央に4人で遊びに行こうとい提案するも、理央はその日は由奈の家にお呼ばれしているのだと断る
和臣だったら4人でというも、理央は「ふたりで家デートの日なの!」と主張
和臣は家デートってDVD見たりゲームしたりほかにもまぁいろいろという理央の説明を聞いて刺さる

 

和臣、ピュアすぎてかわいい(笑)
付き合うの初でしたっけ?
理央が随分先輩に思えますねーーー

 

和臣はふたりならではの事ってあるよなと納得し
朱里を誘ってくると席をたとうとする
理央は朱里はある程度は男慣れしてるだろうからと考え、和臣のテンションとは温度差あるだろうから
ガツガツしすぎるとひかれるから気をつけるように伝えた

 

朱里は由奈に和臣が好きすぎて泣きたくなって叫びたくなることがあると話す

「嬉しいより上の気持ちだよね」

と由奈は同意

 

 

 

うらやまーーそんな気持ち・・・・・いいなーー

 

和臣は家であのDVDを観ようと朱里を誘った
「その日は親もいないし」と言われた朱里は家でいろいろ想像してしまう

デート当日
シナモンロールを持ってやってきた朱里
ふたりでシナモンロールを食べてからDVDを観始める
朱里は和臣が近くにいることにドキドキしていた
朱里に肩が触れた和臣
朱里はたまらず家にふたりっきりと聞いて身構えてしまっていたことを告白
和臣はガツガツしすぎるとひかれるという理央のアドバイスがそっちの意味だったと今更理解する

 

和臣おいおい、ガツガツが食に対してだと思ってて
シナモンロール上品に食べてたとか笑う
かわいすぎるだろーーーー
付き合うとこんなに不器用になるのか。。。和臣ほんと意外な一面を見せてくれます!

 

 

 

ふたりはその後、くっついたりぎゅってしあって
からの
キス

結局映画はほとんど見てなくって最初から見直すことに。

 

真面目ですね(笑)ふたりとも何度も見た映画なのにまた最初からですかーーーーーー

 

同じ頃、市原家ではまさかの由奈パパママと4人でトランプだった・・・・

何というオチ(笑)
デートエピソード幸せな気分になれました
4人デートもやってほしいなーー

 

思い思われふりふられ 44話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。