思い思われふりふられ 最終回 ネタバレ 感想 それぞれの結末

漫画「思い、思われ、ふり、ふられ」、最終回最新第48話のネタバレ感想です。和臣と一緒にいるため、親のアメリカ転勤には同行しないつもりだった朱里だが由奈と理央に相談した結果、アメリカ行きを決意した。別冊マーガレット6月号掲載エピソードです。

 

 

最終回前話、思い思われふりふられ 47話のネタバレ感想はこちら

 

前話、思い思われふりふられ 最終回前話 振り返り

 

思い思われふりふられ 最終回前話 ネタバレ

朱里は下宿での生活に向けバイトを増やす。結果和臣とあう時間が少なくなってしまう。

久しぶりに一緒に帰れた日にも朱里は電車で眠ってしまう。和臣はあえて朱里にキツイことを言って別れるかと迫る。自分のために日本に残るのは違うと考えていた

由奈と理央に相談した朱里、翌日和臣を見晴台に呼び出す。ふたりで決めた下の名前で呼び合うルールで仲直り

朱里は涙ながらにアメリカ行きを決意したことを告げた

 

思い思われふりふられ 最終回 ネタバレ 感想

 

ついに最終回(泣)
しかし!アニメと実写映画化決定で超絶めでたい!

マーガレット6月号表紙
黒板に書かれた最終回の文字がセツナイ

巻頭カラー見開きは
カラーはこれで見納めかなぁ・・・4人キラキラしてる!!

って次号7月号のとじ込み付録にカラーイラスト集が!!やったーーー

 

 

 

朱里の決断、それぞれの未来
朱里は和臣と離れたくないけど、がっかりさせるのはもっと嫌だ
離れても和臣と大丈夫だと思っていると話し涙する

和臣は朱里を抱きしめて
昨日言ったこと(「別れる?」)は本気じゃない
自分のためなら夢を捨てられると言ってくれた人の選択を間違えさせるようなことをしたくなかったのだと説明

朱里はわざと言ってくれたと分かっていたと応じる
和臣は別れるなんて二度と言わないと宣言し
どういう意味か分かるかと尋ねる
頬を赤らめる朱里、その反応なら多分合ってると言って和臣と朱里はキスする

和臣は離れるのはこれから続く中のたった数年で、ふたりの定番の思い出話になると伝える

 

別れるなんて二度と言わない。。か。。。
いやーーーー
素敵すぎるプロポーズ
なんですかーーーー

 

 

 

由奈は戻ってくる朱里を見つけて抱きしめる
これから話しに行こうと思っていたという朱里に応援すると涙で応じる
朱里は由奈と出逢ってたくさん影響されて新しい自分に気づけたと感謝
由奈も価値観の違う朱里と一緒にいられて世界が広がったと感謝する

理央は由奈のことも、和臣のことも自分にまかせてと朱里に伝える

 

違うタイプのふたりの友情も素敵でしたよね
特に由奈は初期と比べると変わった感ありますね!
なんせ彼氏が理央だもんね!(笑)

 

4人で帰れる最後の放課後
帰り道、4人は最初に出逢った思い出の場所について話す
朱里は最初に和臣に最初に会ったのは由奈の家の窓の外だったと話す
和臣はイヤ、確かその少し前に横断歩道で保育園の園児たちと並んで信号待ちして
青になったら手をあげて横断歩道を渡る朱里を見た話しをする

由奈はその後、朱里に初めて会ったのだと気付き、出会いの渋滞だと笑う

 

 

 

4人はマンションに到着
4人一緒の最後のただいまをする

 

カフェで並んで座り、近況について話す理央と由奈
4月から大学に入学するふたり
アメリカの大学に進学するという朱里はもう戻ってくるつもりがないのかなと寂しそうな由奈
理央はこのまま行けば朱里と義理の姉妹になるじゃんと伝え、由奈を励ます

 

理央しか言えない!(笑)
大胆発言
和臣だけじゃなく、理央までプロポーズするとは!!

 

理央は和臣が心配だと話す
和臣は映画の勉強の為、アメリカの大学へ進学を決めたのだった

空港で「Catch Me!!」と描かれたボードを持つショートカットの朱里
和臣は朱里を抱きしめた

「捕まえたっ」

 

 

 

やだーーー最後の和臣と朱里
大人っぽくなってる!!

特に朱里、ショートカットめちゃ似合ってました
アメリカ楽しいんだねーー

最後は皆ハッピーエンドで大満足の最終回でした!
和臣と朱里にはほんと最後までドキドキさせられました

私のお気に入りのエピソードは理央の学園祭エピです!
王子コスがたまらなかったのと、空を舞う紙吹雪のシーンとか美しすぎた

咲坂先生の次回作も楽しみにしてます!!

 

思い思われふりふられ 完

 

コメントする