パーフェクトワールド 52話 ネタバレ 感想 樹の育休 KISS6月号

漫画「パーフェクトワールド」、最新第52話「迎え入れの前に」のネタバレ感想です。特別養子縁組のためにつぐみと樹は準備を進める。樹は仕事に区切りがつき、後輩も頼もしくなったので自分が育休をとってつぐみにプロジェクトへの参加をしてほしいと提案した・・・KISS2020年6月号収録エピソードです。

 



スポンサーリンク


 

52話の続き、パーフェクトワールド最新53話のネタバレ感想はこちら

前話、パーフェクトワールド 51話のネタバレ感想はこちら

 

前話、パーフェクトワールド 51話の振り返り

 

パーフェクトワールド 51話 ネタバレ

つぐみは上司に養子縁組のことを説明しプロジェクトへの参加を断ろうとする。上司は事情はわかったのでもう少し考えてみてはと提案

ふたりは保育園で研修を受けたり、家庭訪問をこなしたりして養子を受け入れる準備を進めていた。

つぐみがコンペチーム入を養子縁組のために諦めたと知った樹は、仕事に区切りもついたし自分が育休を取るのはどうかと相談員の丸山さんに相談する。

 

パーフェクトワールド 最新 52話 ネタバレ 感想

 

樹の両親

樹とつぐみは樹の両親を訪ね養子縁組について説明する
ふたりは賛成だと笑顔でふたりを迎え入れる

樹の母は樹が育休を取ることを考えていると聞いてふたりを誇らしげな眼差しで見つめる
樹は今までいろんな事があったが、今はあえて障害とは向き合わず
まずはやってみようと無責任に考えることで道が開けてくる気がするんだと話す

 

良いこと言う!樹とつぐみが前向きに取り組む姿勢に勇気をもらえます

 

父と樹はビールを一緒に飲みながら話をする
父は樹が大きくなってから出逢ったから、生まれた時の樹を知らない
それがちょっと淋しかったのだと

樹は出逢ったころを思い出しながら、特別養子縁組を決められたのは父さんのおかげなのだ
自分たちも親子になれたから、そして父になってくれてありがとうと

父は気持ちが軽くなった気がすると涙を目に浮かべながら喜ぶ
そして自慢の息子だと伝えた

 

泣かせるーーこれは泣いちゃう

 

翌朝
家を出ようとするふたりに樹の両親はふたりが子育てに慣れるまで、樹たちのそばに住んで育児のサポートをさせてほしいと申し出た

つぐみはアヤさんに近況報告
アヤさんは樹にとって育児は自分たち以上に大きな経験なのだろうという

つぐみは帰りの電車で窓の外を見つめながら自分の半生を振り返る
そしてこの育休は自分のためじゃなく樹のためだろうと決心した

ふたりは母の助けを借りることを決め、特別養子縁組の希望登録を出した

 

樹の両親手伝ってくれるなんて・・・しかも引っ越しして側に住むってすごくないですか?
献身的ですよね

 

樹は会社に育休の申請をする
自分には考えられないという男性社員もいたが、大方は育休取得に好意的だった

 

樹は引き継ぎを開始し帰宅時間が早まる
つぐみはプロジェクトに加わり、忙しい毎日を送る
そして髪を切る

ある日名前を決めようと話しているところに特別養子縁組団体から電話がかかってくる
赤ちゃんが生まれ樹たちが選ばれたのだが・・・・赤ちゃんについて伝えたいことがあるという

 

なんだろーーーもうめっちゃ気になるとこで終わってしまいました
また困難が待ち構えているのですか・・・嬉しいけど複雑な気持ちです。なかなか手放しで喜べないですね

 

パーフェクトワールド 53話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。