パーフェクトワールド 最新 56話 ネタバレ 感想 KISS11月号

漫画「パーフェクトワールド」、最新第56話「真実告知」のネタバレ感想です。養子縁組で絋樹くんを授かったつぐみと樹。子育てに奮闘した3年後、絋樹くんは無事にすくすくと成長していた。・・・KISS2020年11月号収録エピソードです。

 



スポンサーリンク


 

前話、パーフェクトワールド 55話のネタバレ感想はこちら

 

前話、パーフェクトワールド 55話の振り返り

 

パーフェクトワールド 55話 ネタバレ

特別養子縁組により絋樹くんを受け入れてから3年。絋樹くんはすくすくと元気に育っていた。樹が育休を取った頃は慣れない育児にふたりとも苦労したが、樹の母のサポートもあり乗り越えることができた

樹は絋樹くんが車イスを認識しており、これから他のお父さんにはできて自分ができないことがたくさんあることに気づくと思うと、できるだけ子供らしく甘えさせてやりたいのだという

保育園の授業参観で樹の車イスが羨ましいと他の園児たちが興奮する。つぐみは自慢げな絋樹くんに笑いつつ、樹と他の人のことはあまり気にせず自分たちは自分たちでやっていこうと伝えた

 

パーフェクトワールド 最新 56話 ネタバレ 感想

 

ふたりの告白

絋樹くんが4歳になり、そろそろ本人に養子だと伝える、真実告知をするタイミングが近づいてきた
石橋さん家族とカフェでご飯しながら、そのことについて語る樹とつぐみ
石橋さんは去年褥瘡で入院してから体力が落ち、できないことが増えてきたのだとバスケを引退するのだという

 

 



スポンサーリンク


 

帰りの車内で樹は石橋さんの言葉で、今できることはできるだけやって家族の思い出を残したいと
幼い頃、亡くなった父に連れて行ってもらった江ノ島の展望台の話をする

樹はもう、あの展望台へは行けない。地形的にバリアフリーはできないからと語る

 

石橋さんバスケ引退ですか・・・なんだか時の流れを感じます
そして樹も褥瘡が少し出てるというのも気になりますね

 

樹は新しい車イスを購入
お店、ウィルチェアーエンジニアリングのイベさんは何か家族旅行などお手伝いできることは無いかと尋ねる
つぐみはふと江ノ島の展望台のことを思い出し、そこへ車イスで行けないかと聞いてみる

イベさんは自分たちと一緒に行かないか?と提案
樹が遠慮しようとするのを制し、つぐみはお願いしますと頭を下げた

 

つぐみ大胆!なかなか思ってても手伝ってって言いにくいですよね

 

その日の夜
樹があまり展望台のことについて嬉しそうじゃないのに気づいたつぐみ
樹は日常生活以外のことで他の人に迷惑をかけてまでやりたいと思っていないと説明
つぐみは、展望台に行けるわけ無いと樹が言った時に、東京で再会した時に樹が恋愛はできないと言ったことを思い出したと応える
恋愛、結婚など、できるわけないということをふたりで乗り越えてきたでしょと

 

泣かせる・・・つぐみ、なんだか久しぶりにめっちぃ良いこと言ってる

 

これは新しいチャレンジでできなかったことができるようになるのは過去を取り戻すということだと続ける
手を差し伸べてくれる人がいて、できることが増えるなら、そのほうがずっと良いだろうと

 

 



スポンサーリンク


 

江ノ島当日
イベさんたちの手助けでついに展望台へ
嬉しそうな絋樹くん、ふたりはここには昔樹がお父さんと一緒に来たのだと話す
お父さんとは松本のじーじのことかと絋樹くん、樹はもう1人お父さんがいたのだと説明

ふたりは今が真実告知のタイミングだと目を合わせ、絋樹くんにももう1人お母さんがいて、そこから来てくれたのだと説明した
絋樹くんが今日の話をどう受け取ったかわからなかったが、樹はここに来れたのと来れなかったのでは大違いだったと考えていた

 

絋樹くんどう思ったんですかね
次回は更に時が進んだところからでしょうか?もしかして樹がおっさんになるまで時が進んでたりして?

 

パーフェクトワールド 57話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。