パーフェクトワールド 最終回 59話 ネタバレ 感想 KISS3月号

漫画「パーフェクトワールド」、最終回第59話「この世界にて」のネタバレ感想です。遂に最終回。晴人は職業訓練校で知り合った七海と交際を経て無事に結婚する。晴人は引きこもりがちだったのを救ってくれた礼を樹とつぐみに伝えた・・・KISS2021年3月号収録エピソードです。

 



スポンサーリンク


 

前話、パーフェクトワールド 58話のネタバレ感想はこちら

 

前話、パーフェクトワールド 58話の振り返り

 

パーフェクトワールド 58話 ネタバレ

バスケの練習を終えて打ち上げへ向かう樹たち、晴人は友人の七海を連れてくる。同じく車イスの七海は晴人が障害を背負っても自由に外へ出ていく姿を見て世界が広がったと語る

ふたりは仲を深め、交際から結婚へ。結婚式は車イスファーストな内容でふたりは夢がかなったと喜ぶ。式の後、晴人は樹の背中を追いかけてきたと感謝を伝える。

 

パーフェクトワールド 最終回 59話 ネタバレ 感想

 

ふたりの世界

樹は褥瘡が悪化し、尿路感染も併発したために入院
苦しむ樹を見守るつぐみ、しかし、ふたりとも以前のように取り乱したり自己嫌悪に陥ることはなかった

無事に回復し、退院日も決まったある日
樹はつぐみにフランスで記事になったのだとタブレットで自分についての記事を見せる

 

 



スポンサーリンク


 

ハッピーな最終回!と思いきやいきなり苦しむ樹から始まって驚きました。
ただふたりとも強いですね。全く悲壮感なく、無事に退院出来てよかったです

 

病室で久しぶりに絋樹君がいないふたりきりの時間を過ごすふたり
つぐみは樹に東京で再会した時にどう思った?と尋ねる
3年片思いしていた相手だったから、私は嬉しかったというつぐみ

樹は高校時代の話をはじめる
幻肢痛が辛かった夜、つぐみが電話してきてくれて心地よかった
高校時代、つぐみと過ごした図書館での時間を思い出し電話を切った時には痛みが消えていたのだった
そして、高校の頃からつぐみのことが好きだったのだと気づいたのだという

 

驚くつぐみ、もっと早く言ってくれないとーと照れる
樹はつぐみと夫婦になれてよかったといつも思っていると続けた

 

高校時代の回想シーンは懐かしかったです
回想シーンあるとおもってたんですがそこまで遡るとは!

 

 



 

退院を待ちきれず、絋樹くんが病室へやってきた
河原で摘んだという花を樹にプレゼントする

 

絋樹くんもほんと良い子に育ってる(泣)
なんか泣ける

 

後日
樹の記事が日仏親交会の目に留まりパリで公演することになる
樹だけでなく、つぐみと絋樹くんも一緒にパリへ行くことに

空港で樹とつぐみはパリはあまりバリアフリーじゃないと聞くけど本当かと話す
樹は日本はバリアフリーが進んでいるほう、パリは日本とどう違うかが楽しみだという

 

ラストシーンの樹のモノローグからの、ふたりの?モノローグ。素敵でした
ふたりにずっと幸せになってほしいと祈るようにして毎エピソード読んでました。無事にハッピーエンドで嬉しいです。
車イスで生きることについて色々と考えさせられる作品でした。特別養子縁組についても、自分は何も知らないなーと気付かされました。
有賀先生、既に次回作の準備に入られているとのことで、楽しみですね!

 

パーフェクトワールド 完

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。