プラチナエンド 最新 43話 ネタバレ 感想 米田の過去

漫画「プラチナエンド」の最新第43話「名誉の代償」のネタバレ感想です。星は米田と出会った高校時代を思い出す。人に迷惑をかけるのが嫌だという米田の言葉を思い出し、星は米田を説得できるのではと考えていた。ジャンプスクエア2019年9月号掲載エピソード。

 

 

43話の続き、プラチナエンド最新44話のネタバレ感想はこちら

前話、プラチナエンド 42話のネタバレ感想はこちら

 

前話、プラチナエンド 42話の振り返り

 

プラチナエンド 42話 ネタバレ

星は米田と同じ高校だったことを明かす。米田は高校入学後すぐに退学してしまうが、星は米田が人を不快にすることが嫌いだというのを思い出していた

中海は神候補が神にならなくていい方法を再確認する。米田は死んで死後の世界に興味があると語る

 

プラチナエンド 最新 43話 ネタバレ 感想

 

米田自殺の理由
米田はこの神選びが本当の神選びだったとしたら
神になり死後を人に伝えられるなら、喜んで神に立候補しただろうと話す

 

 

修滋は死後が無ならいいけど、そうじゃなかったら怖いのだという

米田は一部の人間の信仰心がクリーチャーに搾取されている
そのエネルギーを正しく使えば、科学が進歩するだろうと考えていた

 

米田は死後の世界を知りたいけど、知れないだろうから
とりあえず神になって神はクリーチャーだと伝え信仰心を無くしたいってことなのでしょうか

 

魚を焚き火で焼きながら、米田はムニに出会った頃について語りだした
芥川賞ノミネートを辞退、最年少でノーベル物理学賞を受賞
マスコミへの露出が増え、毎日知らない人に会うことがストレスとなり
米田はこわれてしまう

遺書を書いて薬を大量摂取し自殺しようとしたところにムニが現れた

ムニに人間の死の先が何か知りたいと言うと、ムニはいずれ辿り着けると応えた

 

 

 

ちょっと米田に同情しますね・・・
有名になると知らない人がよってくるの怖い

 

米田は修滋に赤の矢が刺さっている間にすべてを終わらせようと考えていた
まずクリーチャーに味方しているかもしれない天使の有無とその特別な力を知りたかった

修滋につく闇の天使
オガロから話を聞こうとするもオガロは修滋が神になる邪魔をしたと拒否

米田は特別な天使を知らない、教えないと言うなら白の矢を今ここで修滋に刺すと脅す
オガロは米田の要求に応じることにするが、条件として向から貰い受けた白の矢を修滋に渡せという

米田はオガロの条件に理解を示しつつも、所詮引き伸ばしだと応える
オガロは赤の矢を刺された修滋には期待していないが、架橋明日に期待しているのだという

 

 

 

オガロは明日というよりもナッセに期待ってことなのかな
何れにせよ修滋が神にならないけど、米田はやべー奴だから、明日でガマンって感じなのでしょうか

 

現存の神候補整理

明日 + ナッセ(特級)
咲ちゃん + ルベル(1級)
中海 修滋 + オガロ(1級 闇の天使)
手毬 由理 + ヤゼリ(2級)
米田教授 + ムニ(特級 破壊の天使)

 

プラチナエンド 44話へ続く
 

 

 

「プラチナエンド 最新 43話 ネタバレ 感想 米田の過去」に7件のコメントがあります

  1. オガロが明日の名を出しました。これは米田教授自身に赤の矢を刺しておくよう勧めた伏線だと思います。狙いは ①教授自身に赤の矢を刺しておけば、修滋に白の矢が使えなくなる ②明日との話し合いの時、有利(明日は白の矢を使わない)・・・・結果は狙い通りにいくのではないでしょうか。そして話合いは決別して、バトルで神を決めることに・・・・。明日チームは赤の矢を刺し合い、白の矢を持った2人組と戦うことに、というのが私の想像です。なお、特別な天使というのは真実(まこと)の天使ヤゼリのことだと思います。手毬さんはきっと、最後にいいね♡の仕事をするでしょう。

    1. 考察ありがとうございます!
      明日と米田はバトルになっちゃいますかね。双方それは望んでないのかと思ってましたが、もはや米田が何考えてるかちょっとわかんなくなってます(笑)
      特別な天使はナッセだとばかり・・・ヤゼリって展開も面白そうです

  2. 最近インプットミスが多くなりました。『米田教授自身に赤の矢を刺しておくよう勧めた伏線』ではなく、『米田教授自身に赤の矢を刺しておくよう勧める伏線』ですね。中海君は自殺願望者ですが、オガロはそれを防ぎ、中海君を神にしたいのですから、米田教授に中海君の赤の矢を刺してしまえば 米田教授も白の矢を向けることが無くなります。

  3. 飛躍的な想像ですが、もしかしてヤゼリは神自身ではないでしょうか?自分自身は全く神になる気のない神候補に憑き、他の天使たちを見張る目的で加わっているのだと思います。天界には自分のダミー置いて・・・・。41話目で天界のダミーが消えかかったのは、その前の 米田教授とムニの『天界破壊説』に怒って、一時念波が乱れたため・・・・と考えれば説明がつきます。処罰に移れないのは、米田教授の言葉であり、ムニの言葉ではないからです。ヤゼリがただの2級天使なら 恐れることはないですが、神自身の化身となれば オガロにとってもムニにとっても脅威です。44話目で展開が見られると思いますが・・・・。

    1. 考察ありがとうございます。

      ヤゼリがこのままただの2級天使で終わりというのも、たしかになさそうではありますね。実は神だったとか、ゾクゾクしますねーー!!

  4. アメトリコさんの44話目のネタバレがのりません。これは43話目の想像推定コメントが、出版社側のネタバレ注意規定に引っかかったのではないかと思いますが、投稿側として 申し訳ないです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。