プラチナエンド 最新 44話 ネタバレ 感想 米田の作戦

漫画「プラチナエンド」の最新第44話「夜空の星」のネタバレ感想です。米田はムニに出逢った経緯を修滋に語る。最年少でノーベル物理学賞を受賞、芥川賞にもノミネートされるも辞退。米田は修滋の天使オガロから特殊な能力を持つ天使について聞き出そうとする。ジャンプスクエア2019年10月号掲載エピソード。

 

 

前話、プラチナエンド 43話のネタバレ感想はこちら

 

前話、プラチナエンド 43話の振り返り

 

プラチナエンド 43話 ネタバレ

米田は修滋に神候補になった経緯を話す。米田は芥川賞ノミネートを辞退、その後最年少でノーベル物理学賞を受賞

授賞式やマスコミの対応で知らない人に囲まれる生活が続いた米田、神経をすり減らし薬を飲んで自殺しようと考える。そこへムニがやってきたのだった

米田は修滋の天使、オガロから特殊な力をもった天使が誰でその能力は何かと訊く。オガロは教える代わりに向の白の矢を修滋にわたすようにいう。オガロは修滋ではなく明日に期待しているのだという

 

プラチナエンド 最新 44話 ネタバレ 感想

 

米田の計画
オガロが明日に期待してると言うと米田は驚きつつも約束通り白の矢を修滋に渡す
オガロは特殊な能力を持つ天使はナッセで
自分の神候補である明日に触れることができると打ち明けた

 

 

 

そもそも他の天使は触れられないんでしたっけ・・・
さいっしょっから読み直さなきゃですね(笑)

 

驚愕する米田
神候補に触れられるということは運命を変えられるということだという
オガロはナッセは特別な力に気づいていないし、天使のあり方もわきまえていないと不満そう

 

オガロはナッセ嫌いなの?
天使同士も、たしかにライバルだもんね

 

米田はナッセが矢を直接刺せないことは確認し
次は日時と場所だと自らの計画を進める

 

 

ネットでは米田以外の神候補をディスる書き込みが
咲ちゃんはもう米田が神になればいいのに、神候補ってなんだろうと疲れた様子
向の死を嘆きつつ、神を決めるため犠牲になるのが神候補なのかと問う
ナッセは神候補に選ばなきゃ皆死んで人だし、違うと笑顔で否定

 

ナッセ、オガロの話のあとだけに・・・やべー奴に見えてきますね・・
これが天真爛漫ってやつか

 

咲ちゃんが弓木に刺した赤の矢があと2日で切れる
明日は次は星に赤の矢を刺し、咲ちゃんから翼と矢を渡す
星には警視庁の偉い人に矢を刺し、警察の代表として行くのが良いと作戦を語る

そしてあと6日で赤の矢の効果が切れる南河のことは放っておいても大丈夫だろうという

 

 

 

いつの間にか明日が切れ者になってますね
今のメンバーだと明日しか仕切る人いないしな・・・

 

米田は首相に電話し、新国立競技場で神選びの中継を行うと伝える

予定通り星に矢を刺し、星は弓木に赤の矢を刺し翼を授ける

 

どうでもいいけど翼はやっぱり、あげるって表現より「授ける」がしっくりきますね
レッドブルのCMの影響ですけど(笑)

もはや矢と翼の数が不明ですが、米田チームのほうが総数は多いのかな?

 

米田は首相官邸へ自ら赴き、首相に赤の矢を刺す
そして有能な大臣に優先的に刺すようにと赤の矢を渡す

 

電話じゃ信用ならないってことなのでしょうか?
刺してから命令しても同じだったような気もするんだけど

 

 

 

咲きちゃんは明日に次の話し合いで場合によっては
明日が神になる覚悟はあるかと確認、うんと応じた明日に話し合いの前にふたりで話がしたいという

 

咲ちゃん改まってなんなのでしょう
もう死にたいからいざとなったら躊躇せずに殺せとかいうのでしょうか

 

南河は早百合と久しぶりの再会
神選びがどうなるか怖いという早百合に皆、人の気持ちのわかる優しい人だったから大丈夫だと説明

夜空に飛び立つ明日と咲ちゃんの姿が星に見えたふたり
早百合は世界の平和を願い、南河は早百合とのキスを願った

 

南河、目が怖いんだけど
もしかしてまだ出番あるんでしょうか
米田がなんか仕込んだ?
このふたりの掛け合いもただの再会シーンだとは考えにくく
なにかの伏線なような気がしますよね?

 

アスタと咲ちゃんはふたり夜のピラミッドの頂上へ

 

咲ちゃん何言うんだろうなー
もうクライマックス、最終回が間近に迫った感がありますね!!

 

 

 

現存の神候補整理

明日 + ナッセ(特級)
咲ちゃん + ルベル(1級)
中海 修滋 + オガロ(1級 闇の天使)
手毬 由理 + ヤゼリ(2級)
米田教授 + ムニ(特級 破壊の天使)

 

プラチナエンド 45話へ続く

 

「プラチナエンド 最新 44話 ネタバレ 感想 米田の作戦」に4件のコメントがあります

  1. 南河くんの赤の矢の効果が切れるは10月8日ですね?弓木さんの効果が切れたあとの6日なら10月10日です。物語の流れから見て8日の方が妥当でしょうが、10月10日の新国立競技場。米田教授は様々な罠を仕掛けていると思います。当然ナッセ対策も。しかし、南河くんが飛び込んでいけば、完全に想定外です。南河くんは修滋君とも親しいし・・・・。たんに修滋君説得のみのため 登場させたキャラかなあ。

    1. 考察ありがとうございます。南河をどう使うのかはこれから注目ですね。
      まさか彼女とイチャイチャしておわりだったりして(笑)

  2. 推測ですが、特別な天使とはナッセだけでなくムニもそうなのでは・・・・。純粋な特級天使は白の矢だけでなく 別の特殊な能力を持っていると考えます。ナッセは物に触れる力。ムニは矢を刺す力、かな?
    米田教授にはすでにムニの赤い矢が刺さっていて、ムニに操られている。
    新国立競技場で神選びの中継、これは[神候補の全員死]⇒[神の消滅]を全世界にアピールするプランでしょう。だから教授は 明日に期待を寄せ、自分越しにムニを倒してほしい・・・・と。全て想像の範囲ですが・・・・。

    1. ナッセだけじゃなくムニも特別な能力を持っていてもおかしくはない、たしかにーーー!!オガロは気づいてて、でもムニの手前それが言えなかったということでしょうか

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。