王子様には毒がある 最新 34話 ネタバレ 感想 別フレ11月号

漫画「王子様には毒がある」最新34話「本音と本音」のネタバレ感想です。颯太にもう一度好きだと伝えたりずだったが、颯太にフラレてしまう。颯太は今の自分は達海の代わりでしかなく、自分が変わる必要があるんだと考えていた・・・別冊フレンド11月号掲載エピソード

 

 

前話、王子様には毒がある 33話のネタバレ感想はこちら

 

前話、王子様には毒がある 33話の振り返り

 

王子様には毒がある 33話 ネタバレ

りずは吾妻先生のマンションで停電の中、颯太に告白。しかし颯太はりずをフル

フラれたりずはマンションの前で達海に遭遇。達海はりずを慰める。颯太は吾妻先生に達海の代わりの自分のままじゃだめなんだとりずをフッた理由を説明した

達海はりずを連れて遊園地へ。ふたりは乗り物にのって楽しむ。達海はりずの似顔絵を描いてやり、その後告白する

 

王子様には毒がある 最新 34話 ネタバレ 感想

 

達海の告白
達海から告白されたりず、返答に困っているのを察した達海は
返事は今じゃなくていい、颯太のことでいっぱいいっぱいだろうと理解を示す

家まで帰ってくると、颯太がりずのことを待ち伏せしていた
りずと話したいという颯太を達海がブロック

翌日学校でもりずと話をしようとする颯太だが達海が鉄壁のディフェンス

 

 

 

颯太が困っていたところでみゆが手を組もうと持ちかける
達海のせいでりずといちゃいちゃ出来ないのだという
ふたりは意気投合し作戦が実行される

 

みゆ久しぶり過ぎる(笑)
颯太もなんでもありだなー

 

放課後、達海を教室に残しトイレへ行ったりずを待ち伏せしていたみゆ
美術室をカフェにしてあづななの同人誌でおもてなし

あづななきたーーー

 

みゆはその隙に達海の元へ行き、颯太が体育倉庫にりずを無理やり連れて行ったと吹き込む
達海が向かうと颯太が待ち伏せしていて達海をそのまま体育倉庫に閉じ込めようとするが
みゆが裏切り、颯太と達海ふたりとも閉じ込められてしまう

みゆはたつななの同人誌を手に颯太が達海のこと好きだったなんて知らなかったと頬を赤らめる

「颯太くんふぁいと☆」

こんどはたつななきたーー(笑)

 

達海と颯太は体育倉庫でりずのことでケンカ
ひとしきり殴り合った後、ふたりとも幼い頃お互いを羨ましがっていたことを話す
達海はりずに告白したことを伝えた

 

 

りずが体育倉庫へやってくる
颯太はりずに傷つけたことを謝る

・・・オレ
もう逃げないから
もしまだ望みがあるなら
オレを許してくれないか
りずのことが好きなんだ

 

りずは

「・・・もうあたしから離れたりしない・・・?」

と確認
颯太は絶対に離れないずっとそばにいると応えた

同じ頃、校長室では颯太の父が颯太に代わって退学届を出していた

 

仲直りよかったねーー
達海最後のシーン完全に空気で居るはずなのに一コマも登場しなかったし(笑)
噛ませ犬すぐる・・・かわいそう

 

そして登場した颯太パパ。かっこいいのはもちろんなんですけど
なんか怖いんですけどーーー

 

 

 


王子様には毒がある 35話へ続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。