終わりのセラフ 100話 ネタバレ 感想 ミカエラ VS 阿朱羅丸

漫画「終わりのセラフ」最新第100話「鬼がデタ」のネタバレ感想です。グレンは自分のせいで世界が滅びたのだと君月と与一に説明。そして人類を全蘇生したいから協力して欲しいと頼む。アシェラはミカエラを追う・・ジャンプSQ2021年4月号掲載エピソードです。

 



スポンサーリンク


 

100話の続き、終わりのセラフ最新101話のネタバレ感想はこちら

前話、終わりのセラフ 99話のネタバレ感想はこちら

 

吸血鬼たち始祖ランキングはこちら

終わりのセラフ、小説版 一瀬グレン 世界の再誕 最新のネタバレ感想はこちら

 

終わりのセラフ 99話 振り返り

 

終わりのセラフ 99話 ネタバレ

シノアの意識の中、弱る四鎌童子はアシュラにミカエラを捕まえるように伝える。シノアは目を覚まし皆にそのことを伝えようとする

グレンの説得に応じない君月と与一、グレンは世界が滅びたのは自分が仲間を蘇らせてしまったせいだと説明。そして人類を全蘇生するつもりだから力を貸して欲しいと涙を見せた

シノアからミカエラが狙われていることを聞いた優一郎、精神世界ではミカエラをアシュラが追う

 

終わりのセラフ 最新 100話 ネタバレ 感想

 

ミカエラ VS アシェラ

優一郎は精神世界の中で阿朱羅丸に呼びかける
四鎌童子の仲間だと聞いたが、返事がないなら本当ということになるぞと脅すも
誰も姿を現さず、返事は帰ってこない
 
 

 



スポンサーリンク


 

精神世界から戻ると、道路にグレンが呪術式を描いている
基礎術式を描くのを君月たちも手伝うが、優一郎と与一は授業を聞いていなかったせいか手伝えない

 

そういえば学生な時もありましたね 笑
授業シーンとか新鮮すぎます

与一も勉強できないとか意外すぎる

 

術式が描き終わると、真昼が札を撒き、胸から剣を取り出す

クルル・ツェペシは真祖を抑え込むシノアを引きずりながら皆の元へと連れて行く
引きずられながらシノアは阿朱羅丸は兄で、その兄は真祖を手伝っているのはどうしてか
過去に何があったのかと尋ねる

しかしクルル・ツェペシは何も応えない

 

阿朱羅丸だけじゃなく、鬼全般は真祖に従ってますよね。「真祖」だからそりゃ、しょうがないのかと思っていましたが
過去に真祖と鬼たちの間に何があったのかは描かれそうですね

 

ミカエラを追うアシェラ
お互いに攻撃をかわしあいながら、ミカエラの欲望を喰うとアシェラ
ミカエラは大切なものを守るためになら何でもすると、攻撃を緩めない

 



スポンサーリンク


 

 

鬼化したミカエラどんなもんか心配だったんですが強強ですねー

 

ミカエラの隙を突き、鬼籍王と月光韻も参戦
鬼籍王の出した棺桶の中に、アシェラが飛び込む。月光韻がそれを消し去った

棺桶の中には幼い優一郎とミカエラが
アシェラは鬼が出たぞーと襲いかかる

 

棺桶はミカエラの大切なもの。というか記憶ということですかね。
食われちゃったらミカエラどうなるのでしょうか

キレてすんごいことになりそうな・・・

 

終わりのセラフ 101話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。