終わりのセラフ 最新 108話 ネタバレ 感想 ミカエラと優一郎 VS 真祖

漫画「終わりのセラフ」最新第108話「優のツルギ」のネタバレ感想です。斉藤のグレンの計画で真祖を追い詰める。ミカエラと優一郎は精神世界で話をして、ついにミカエラは優一郎の鬼となった・・・ジャンプSQ2021年12月号掲載エピソードです。

 



スポンサーリンク


 

前話、終わりのセラフ 107話のネタバレ感想はこちら

 

吸血鬼たち始祖ランキングはこちら

終わりのセラフ、小説版 一瀬グレン 世界の再誕 最新のネタバレ感想はこちら

 

終わりのセラフ 107話 振り返り

 

終わりのセラフ 107話 ネタバレ

真祖は目を覚まそうとするミカエラと優一郎を眠らせる。精神世界でミカエラに優一郎はアツく語りかける。斉藤は深夜と暮人の体を通じて、白虎丸と雷鳴鬼を鎖で貫き閉じ込めた

真祖の頭上に斉藤の作った魔法陣。真祖は反撃に出る。斉藤は苦しむがグレンたちに協力を求める。計画通りグレンたちは斉藤からもらった薬を打つ。君月と与一は真祖のもとへ現れて優一郎を救おうとするが秒殺される。その間に、ミカエラは優一郎の鬼となった

 

終わりのセラフ 最新 108話 ネタバレ 感想

 

センターカラー。。。というかセンターポスターでした!!
豪華!!ミカエラと優一郎が肩組んでるのって・・・・やっぱいいね!

 
優、ミカエラ VS 真祖

鬼化したミカエラ
優一郎と握手して真祖を倒すため、剣に姿を変えた

 

(ひさびさのでっかいミカエラ、これまで幼少期の姿でしたもんね・・・)

 

 



スポンサーリンク


 

優一郎は空間を切り裂いて真祖の目の前に現れる
速さに驚く真祖
背後を取る優一郎
シノアの毒で上手く動けない真祖の頭が飛ぶ

 

(めっちゃ強くなってますね・・・真祖がそんなに強くないとか?(笑))

 

真祖の頭はすぐに復活
そこへ君月と与一が合流

ミカエラは優一郎の欲望次第で真祖を倒せるという
優一郎は欲望を全部食っていいと仲間たちに愛されたい想いを吐露する

 

(欲望が愛されたいって優一郎らしいですね)

 

優一郎の欲望を食べたミカエラ
真祖はそれ以上二人でつながるのはだめだと警告

真祖を追い詰める優一郎
真祖はそんな大きな力を使ったら、アイツラにバレる・・・と慌てる

空に3人のラッパ吹きの姿が

 

(ラッパ吹きが出てきたら何がまずいんでしょうね・・・真祖はともかく優一郎たちも襲われるんですかねー)

 

ラッパ吹きからの攻撃を防ごうとする真祖に背後から君月と与一が攻撃
その隙をついて優一郎が斬りつけた

 

 

 

(君月と与一が後ろからしれっと攻撃するの小者感あっていいですね(笑))

 

とどめを刺そうとしたところで、空からラッパの音がする
ラッパ吹きは罪人を発見、呪われた子の蘇生をし、世界を呪ったと咎める

そして処刑だと攻撃を開始、防壁でなんとか防ぐ信組
しかし体力がもたない

堪らずウルドとリーグに助けを求めると
斎藤のチェーンが現れて真祖を連れ去る

連れ去られる間際、真祖はその天使たちは君たちの敵だと言い残した

 

(どういう意味なんでしょう・・・敵?次はミカエラたちが攻撃されるってことなのかな)

 

目を覚ました真祖
目の前にはウルドと斎藤が

真祖は牢に閉じ込められていた
ふたりは世界のはじまりと二人を捨てた理由を問いただした

 

 

 

真祖を倒してハッピーエンド
ってシンプルな筋書きじゃなさそうですね。まずは真祖が語る世界の始まりと吸血鬼の生い立ち・・・が暫く続くのかな?

 

終わりのセラフ 109話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。