終わりのセラフ 86話 ネタバレ 感想 優一郎を救え ジャンプSQ2月号

漫画「終わりのセラフ」最新第86話「味方からニゲロ」のネタバレ感想です。グレンは真昼、ノ夜で真祖を封じ込めることに成功。ミカエラが優一郎を助けに行こうとすると真昼が邪魔に入る。グレンはノ夜を呼び出す。ノ夜は優一郎とミカエラの成長した姿を見て感心する・・ジャンプSQ2020年2月号掲載エピソードです。

 

 

86話の続き、終わりのセラフ最新87話のネタバレ感想はこちら

前話、終わりのセラフ 85話のネタバレ感想はこちら

 

吸血鬼たち始祖ランキングはこちら

終わりのセラフ、小説版 一瀬グレン 世界の再誕 最新のネタバレ感想はこちら

 

終わりのセラフ 85話 振り返り

 

終わりのセラフ 85話 ネタバレ

グレンはノ夜と真昼と協力し真祖を封印する。グレンは優一郎の元へと急ぐ。ミカエラは優一郎を助ける機会を伺う。

クルルはあいつを先に会わせてはいけないと急ぐ。

古代ギリシャ、透明な棺桶に入ったミカエラの亡骸を覗き込むアシェラ、ノ夜、クルル。ノ夜はこれが僕らがなりそこなったミカエラかと話す

そこへ優一郎がやってくる。来ちゃダメだというアシェラ。ノ夜は優一郎の首をはねた。

グレンが優一郎の元へ。優一郎の吸精結界の効果が切れてきて深夜たちの体から鎖が開放される。ミカエラには真昼が襲いかかる。グレンの刀からはノ夜が姿を表す

ノ夜は鎖に繋がれた阿朱羅丸に目をやる。ミカエラに助けられた優一郎は刀を呼ぶ

 

終わりのセラフ 最新 86話 ネタバレ 感想

 

優一郎とミカエラ

真祖が抜け正気を取り戻したシノア
そこへ三葉が駆け寄り無事を確認し安堵する

 

 

 

感動の再会シーンのはずが巨乳トークでいきなり笑わせにきました!(笑)

 

優一郎が白夜教にさらわれると聞いたシノアは
日本帝鬼軍は四鎌童子だし・・・もはやどの組織に所属して安全かわからなくなったと悩む

ふたりは君月と未来を抱えて歩く与一に遭遇
与一は事情を説明。グレンに未来を殺されたと聞いたシノアは何が正解か難しくなったと感じる
そんな中、取り急ぎ優一郎を救うことで皆は合意する

 

与一ふたりも抱えて歩くとか、結構タフですね!
ほんとにシノアの言う通りどこに行けば正解かわからなくなってしまいました。グレンの裏切りの真相が早くわかると良いですね

 

グレンとノ夜と対峙する優一郎とミカエラ
優一郎はあいつ味方だろ?と状況が解っていない。焦るミカエラは説明を試みるがすぐに方針転換し
味方だったけど自分たちを守るために鬼化して今大変なんだ、助けるための計画があるから逃げることになっていると嘘をついた

 

 

 

優一郎の扱いにミカエラ慣れてますねー(笑)
このやりとりめちゃ微笑ましかった

 

ノ夜は逃げる前に捕まえようと戦闘態勢に
先に真昼が現れ、優一郎に語りかける
5歳だった牢屋ぶりだが、生きる理由は見つかったかと問う

親に殺されかけた後、牢屋に入れられていた記憶が蘇った優一郎
頭痛しながら真昼のことを思い出す
真昼に操られるのでは?と焦るミカエラだったが、優一郎は俺にはミカがいると笑顔で応えた

阿朱羅丸で鬼化した優一郎はミカエラと退路を作ろうとする
グレンがふたりに立ちはだかる

 

 

 

次号はついにグレンと戦闘ですか!!
シノアたちも合流してなんとか逃げれるかな?って感じでしょうか
でも皆無事ではすまなさそうなので、誰か優一郎の代わりに人質になっちゃうのかな

 

終わりのセラフ 87話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。