終わりのセラフ 89話 ネタバレ 感想 ミカエラ 優一郎 対 グレン

漫画「終わりのセラフ」最新第89話「吸血鬼のオワリ」のネタバレ感想です。グレンとノ夜に追いかけられる優一郎とミカエラ。鬼化してアシェラと意識半分の優一郎はミカエラと共にグレンと戦う決意をする。グレンとノ夜を前に生き延びることができるのか・・ジャンプSQ2020年5月号掲載エピソードです。

 



スポンサーリンク


 

89話の続き、終わりのセラフ最新90話のネタバレ感想はこちら

前話、終わりのセラフ 88話のネタバレ感想はこちら

 

吸血鬼たち始祖ランキングはこちら

終わりのセラフ、小説版 一瀬グレン 世界の再誕 最新のネタバレ感想はこちら

 

終わりのセラフ 88話 振り返り

 

終わりのセラフ 88話 ネタバレ

ミカエラと優一郎はグレンから逃げる。優一郎は鬼化して一時的に身動きが取れなくなる。そこへノ夜がやってくる。ノ夜は匂いで優一郎ではなくアシェラだろうと理解しアシェラだとして話しかける。優一郎(アシェラ)はノ夜を攻撃。ノ夜は傷つきながらもアシェラとの再会を喜ぶ、やってきたグレンの刀に同化する。

優一郎はゆっくりと意識が半分だけ残っていて混濁している状態だとミカエラに説明、二人は逃げるがグレンが追いつく。ミカエラは剣に血を吸わせ戦闘態勢に入る。

 

終わりのセラフ 最新 89話 ネタバレ 感想

 

グレン VS ミカエラ・優一郎

グレンは優一郎(アシェラ)と対峙
目で見えない斬撃がグレンを襲う
真昼に自動で受けるように命じ、グレンは呪術に集中しようとする

優一郎は「阿修羅観音 無限抜刀 運命交錯」と唱える
凄まじい数の刀が宙に現れ、次の瞬間グレンに襲いかかる

 



スポンサーリンク


 

 

アシェラの怒涛の攻撃で幕開け!
半分優一郎の意識が残るとのことでしたが、見る限りもう完全にアシェラですけどね(笑)

 

手応えを感じなかった優一郎
背後からグレンが現れ呪術でミカエラと優一郎の動きを封じる

抵抗しようとするミカエラ
しかし優一郎は心臓を突き刺され重症。そして注射を射たれ意識を失う

アシェラから優一郎へと意識が戻る

 

あれ、鬼のまま優一郎ですね。どうなってんだろ

 

ミカエラはグレンに噛みつき血を吸う
抵抗するグレンに吹っ飛ばされる。グレンが止めを刺しに来る間、剣に自らの血を吸わせる
助けに入ろうとする優一郎だが心臓の修復に時間がかかり動くことができない

 



スポンサーリンク


 

ミカエラは覚悟を決めグレンの攻撃をまともに受ける
同時に放ったミカエラの一振りで周りのビルが吹き飛ぶ

 

ミカエラめっちゃ強いじゃないですか
火事場のクソ力ってやつでしょうか

 

君月やシノアたちは優一郎の元へと車で急ぐ

優一郎は半分となってしまったミカエラを抱きながら涙
声をかけ続け、血を飲まそうとするがもう手遅れだった

優一郎は助ける方法を教えてくれと涙ながらに阿朱羅丸に懇願する
阿朱羅丸は血を流しすぎた吸血鬼は鬼になると応える
何でもすると涙する優一郎
そこへクルル・ツェペシがやってくる

 

 



スポンサーリンク


 

ミカエラはこのまま死んじゃうのでしょうか
それともアシェラとクルル・ツェペシの力で一命を取り留めるのでしょうか

そしてーグレンはミカエラの一撃で重症を負ったのかなー。なんか死んだとは全く思えず・・・
ここでまた襲われると詰みますね

 

終わりのセラフ 90話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。