小説 終わりのセラフ 一瀬グレン、19歳の世界再誕 2 ネタバレ感想

終わりのセラフ小説版最新作「終わりのセラフ 一瀬グレン、19歳の世界再誕」の2巻を読んだネタバレ感想です。禁忌に触れ、世界が破滅する。仲間を蘇らせたグレンだが、破滅した世界には平穏などなく・・・

 

 

前巻、終わりのセラフ 一瀬グレン、19歳の世界再誕 1 のネタバレ感想はこちら

漫画版 終わりのセラフ 最新 ネタバレ感想はこちら

終わりのセラフ 吸血鬼 始祖ランキングはこちら

 

 

小説 終わりのセラフ 一瀬グレン、19歳の世界再誕 2 ネタバレ 感想

表紙は深夜でした! 本編でも最近ちょこちょこでてきますよね
そろそろパワーアップしなきゃ周りが強くなりすぎて深夜が不憫です(笑)

 

第一章 父
発電所を再稼働させ都内へ電力を復旧させようとするグレン達
しかしグレンは発電所の前に吸血鬼がいることに気付く

グレンが襲いかかったのは第五位始祖の「ケーク・サノリアム」
サノリアムは主である斉藤の命令でここにきたのだという

 

5位といえばキ・ルクでした
同じくらいの強さということであれば、めちゃ強い筈。ヤバイです
吸血鬼新キャラ登場でテンションあがりました

 

 

 

サノリアムにぶっ飛ばされた所に斉藤の姿が
斉藤はグレンに語りかける

・真昼の過去を知っている
・真昼がグレンの中で力になることを手伝った
・帝ノ鬼は真祖が作った
・一瀬家が柊と揉めるよう仕組んだ
・グレンは斉藤の血を引いている
・真昼とグレンの出会いは斉藤がお膳立てした
・優一郎とミカエラを助けるよう命じた

 

謎が多い斉藤のことがいくつか判明しました
真昼とのことは衝撃です。もっと詳しく知りたいですね

 

第2章、第3章、4章
2章は吸血鬼に連れ去られる優一郎とミカエラ
3章は日本帝鬼軍誕生、そして深夜とグレンの友情
4章はまさかの・・・五士と50型テレビでエロDVD観賞!

 

4章だけ違う話かと思うくらい、前半は微笑ましい展開でした(笑)
グレンもいつになく悪乗りしてましたね

 

エロ動画終わりで少年たちから絡まれちゃうグレン
絡んできたのが九鬼家の九鬼九郎
九鬼家初登場ですかね
結果雑魚だったんですけど・・
他にも四神家とか七海家とかまだ見ぬ柊家に使える名家出身のキャラがでてくるのでしょうか
二医は九鬼と百夜教について反乱を起こしたので
九鬼が出てきた今、次は二医かもしれません

 

 

 

ラストシーンは斉藤を追ってやってきたフェリドと戦闘状態へ
グレンに真昼が憑依してパワーアップ
しかしフェリドには勝てるわけもなく・・・

 

いいとこで終わっちゃいました。早くも続きが気になります
前巻に続いて鳴海の放浪記が掲載されるかと思ったのですが
鳴海の話は3巻なのかな?

 

小説 終わりのセラフ 一瀬グレン、19歳の世界再誕 3へ続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。