終わりのセラフ 吸血鬼 始祖ランク まとめ ネタバレ注意

漫画「終わりのセラフ」に登場する吸血鬼たちの始祖ランクをまとめました。ネタバレになっちゃってる部分もあるので注意です。間違ってるとか、追記があれば教えてください!まとめてみるとまだ出てきていない上位始祖がいますねー

 

 

終わりのセラフ、最新話ネタバレ感想はこちら

 

終わりのセラフ 吸血鬼 始祖ランク

 

第一位始祖 四鎌童子
真祖/シカ・マドゥ
とも呼ばれている

数百年前から失踪中だったが
四鎌童子として柊天利とシノアに取り憑いていた
現在は柊暮人に取り憑いている

 

第二位始祖 ウルド・ギールス

 

元第二位始祖 斉藤、リーグ・スタフォード
フェリドとクローリーの親 「白夜教」の斉藤
真祖に吸血鬼にされたのは16,17か20過ぎの頃

 

第三位始祖 レスト・カー
ドイツを統治
クルルより200歳くらい若い。実力はレスト・カーのほうがある

 

 

 

第三位始祖 クルル・ツェペシ
日本拠点であるサングィネムを統治していたが帝鬼軍に奪われてしまい
ウルドとレスト・カーから日光拷問を受ける

 

第三位始祖 ガーベル・ファテマ

 

第四位始祖 影だけ登場@上位始祖会 6巻

 

第五位始祖 キ・ルク
クルル・ツェペシとフェリドの日光拷問を見張ってたが、優一郎達に襲われてクルル・ツェペシだけ連れて逃げる
サングィネム(京都)へ向かう

 

第五位始祖 ケーク・サノリアム
小説「終わりのセラフ 一瀬グレン、19歳の世界再誕 2」に登場
斉藤の手下

 

第六位始祖 サイレン
女性
小説「終わりのセラフ 一瀬グレン、19歳の世界再誕 1」に登場
フェリドに敗れる

 

第七位始祖 フェリド・バートリー
斉藤から血を受けた

 

第十位始祖 フオラ・オント
クローリーにやられる

 

第十三位始祖 クローリー・ユースフォード
フェリド派閥 第二位始祖斉藤の血を吸ったから実力は実は7位

 

 

 

第十五位始祖 ルカル・ウェスカー
名古屋を治めていたレスト・カー派閥
8巻で優一郎が倒す

 

第十七位始祖 チェス・ベル
クローリーの従者

 

第十七位始祖 ホーン・スクルド
クローリーの従者

 

第十七位始祖 ゼイン・リンドウ

 

第十九位始祖 メル・ステファノ
8巻でグレンが倒す

 

 

 

アシェラ・ツェペシ
クルルの兄。阿修羅丸

 

ニュクス・パルテ 
仮面を付けて上位始祖会に登場 11巻
7位のフェリドより上位だが3位のレスト・カーよりは下位

 

ラクス・ウェルト
 ミカの同僚 与一の姉を殺した。貴族階級ではない

 

レーネ・シム 
ミカの同僚

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。