双星の陰陽師 最新 60話 ネタバレ 感想 ジャンプSQ7月号

漫画「双星の陰陽師」、最新第60話「おやすみなさい、おかあさん」のネタバレ感想です。加布羅に追い詰められた桜と美玖。十二天将を引き継いだ志鶴が勾陳で加布羅に反撃開始!ろくろは銀鏡を相手に本格対戦開始! ジャンプSQ2018年7月号掲載エピソード。

 

 

60話の続き、双星の陰陽師最新61話のネタバレ感想はこちら

前話、双星の陰陽師 59話のネタバレ感想はこちら

 

前話、双星の陰陽師 59話の振り返り

 

双星の陰陽師 59話 ネタバレ

美玖がやられ、治療を急ぎたかった桜は加布羅に襲いかかるも全く効果なし。

鳴海を匿っていた志鶴だが、最後を覚悟した鳴海は志鶴に十二天将を引き継ぐことに

志鶴は涙しながら、女性陰陽師最強になることを誓う

志鶴は勾陳を使い、加布羅に襲いかかる

ありすは公彦たちに助けられ、ろくろの元へ戻ろうとするが、そこへ銀鏡が。大ピンチに現れたのは百々々々々目鬼の死骸。ろくろが百々々々々目鬼の尻の穴から飛び出したのだった

 

双星の陰陽師 最新 60話 ネタバレ 感想

 

ジャンプスクエア表紙。そして巻頭カラー
いやー表紙のろくろと婆娑羅化した紅緒がちょっとアニメっぽいテイストで描かれていてかっこよかったです。

巻頭カラーは婆娑羅集結!
みんなスーツだからかどれが赫夜と千怒かちょっと迷った(笑)

 

 

 

志鶴の勾陳
勾陳を受け継いだ志鶴は加布羅に襲いかかる
勾陳をかわしつつも、肩で息をし始める加布羅。攻撃は確実に効いていた

てめぇみたいな化け物からすれば俺たちの呪力なんて蟻みてぇなもんなんだろうな
でもな・・ひとつひとつちゃんと重さがあるんだぜっ・・・
命の重さがっ
覚悟の重さがっ
お前に支えきれるかあああああああ

 

志鶴ぅぅ!!
このまま行ったれー!って応援してましたが
やっぱりそんなにあまくなかった
志鶴自身が十二天将の呪力に耐えきれなくなり、疲労困憊
見かねた蔵土弾馬が加布羅の動きを封じ、禍野門を開場!
「加布羅はワシがこのまま別階層に連れて行くっ!! ワシが」

正直、その発想はなかった(笑)
誰が加布羅に勝てるんだろうって絶望だったけど。とりあえず逃げるってことですね。

 

チームプレー
蔵土弾馬のがんばりも虚しく秒で腕をふっとばされてしまう
「じゃけんっ・・・よえーーーーやつがじゃますんなっちいうとろうがぁーーーつ」

 

ひぃ

加布羅に生じた隙を見計らい攻撃をしかける志鶴
そして仲間を呼ぶ
「サボってんじゃねぇぞっっ さっさと手伝え十二天将おおおお」

次の瞬間、桜が加布羅に蹴りをかます!!

 

 

 

超かっこいいコラボ攻撃。
志鶴のセリフしびれたー

この攻撃でも禍野門へ加布羅を追いやることは出来ず
しかし、加布羅の放った言葉は予想外のものだった
「ざーーんねん がぶのまけだぁーー」

美玖が桜と志鶴の間から式神で攻撃
加布羅はそのまま禍野門へと吸い込まれていく

 

瀕死の状態だった美玖が最後の力を振り絞りトドメを刺した。。。でも加布羅まだ死んでないけど
美玖はそのまま力尽きてしまう

壮絶な最後でした。。。泣

桜と志鶴はふたりして号泣する

 

ラストシーンはようやく鵜宮家がうごき出す!!
鸕宮天馬が登場!!
今から出陣ってことは加布羅じゃなくてもしかして・・・悠斗ですか?

 

双星の陰陽師 61話へ続く
 

 

2 thoughts on “双星の陰陽師 最新 60話 ネタバレ 感想 ジャンプSQ7月号

  • 2018年6月7日 at 9:41 PM
    Permalink

    メタ的な視点から、美玖さんには後継者になりそうな身内が出ていないので死なないと思ってましたが亡くなりましたね…(´;ω;`)

    誰が継ぐのでしょう

    まさかデブ正こと斎さん?(ないない)

    桜さんがダブル天将?

    太陰と大陰で字が似てるので紅緒?

    十二天将は元々は晴明の式神なので晴明の後継者的な存在であるろくろ?

    ともあれ「最強」が出陣!

    誰と戦うんでしょう…

    Reply
    • 2018年6月7日 at 9:55 PM
      Permalink

      もにゃらさん

      コメントありがとうございます!美玖の後継者・・・・桜が両家の代表ってなっちゃうとルール無視展開ですしねー
      紅緒はあり得るかもしれませんね!面白いです。更にパワーアップ

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。