双星の陰陽師 最新 65話 ネタバレ 感想 ジャンプSQ12月号

漫画「双星の陰陽師」、最新第65話「変態パンツ男の最期」のネタバレ感想です。有馬と対峙する無悪。呪力を一部使ってしまっていた有馬は無残にも無悪にヤラれてしまう。無悪は杠と悠斗と協力してケガレたちを現へとおびき出した。ジャンプSQ2018年12月号掲載エピソード。

 

 

65話の続き、双星の陰陽師 最新66話のネタバレ感想はこちら

前話、双星の陰陽師 64話のネタバレ感想はこちら

 

前話、双星の陰陽師 64話の振り返り

 

双星の陰陽師 64話 ネタバレ

有馬の前に姿を現した無悪、銀鏡を倒し、他の階層でも分身を戦わせている有馬は三割減の呪力だった

無悪は真っ白く姿を変えて、有馬を真っ二つにする。泣き叫ぶありす。怒るろくろ。しかし有馬が作った箱の中、手出しが出来なかった

無悪は現と禍野を繋ぐ最終結界のある白大鳥居へ到着した杠に甘露門でケガレたちを繋ぐ。石鏡悠斗は鳥居を攻略し、ケガレたちを現へとおびき出した

 

双星の陰陽師 最新 65話 ネタバレ 感想

 

大量のケガレ!
白大鳥居の最終結界が消滅し、大量のケガレが土御門島に出現
7度目のふたがり発生となる

蛇穴証算が死を覚悟しながら式神で応戦
雛塚寧々が続こうとするもケガレに襲われてしまう

 

 

助けに入ったのは呪装した雲林院憲剛と水度坂勘久郎

「あーっ割に合わねーーー!! これもしもの時ちゃんと労災下りるんだろうなー!?」

「真蛇一体討伐すれば3ケタは余裕スよ!ケガレの顔が札束に見えてこないスかあーー?」

憲剛と勘久郎かっこよかったー
しばらく憲剛だってわかんないくらい(笑)

 

無悪は十数年かけて創り上げたケガレの軍勢の数は400体で、陽の気に満ちた現では半日と生きていけない体だが
半日もあれば土御門島はこの地上から姿を消すとろくろに説明する

 

怒りを顕にするろくろだが無悪は陽の力しか持たないろくろ一人では絶対に勝てないと指摘
ろくろはその言葉で、悠斗が陰の力も陽の力も統べる存在を目指しているとい言っていたことを思い出す
それでも何もせずにいられないと叫ぶろくろをたしなめる声がする

「だぁ〜かぁ〜らぁ 君が戦うのはまだ早いって言ってるじゃないか」

瀕死の状態で有馬が姿を現した

 

有馬生きてたーーー!!
って一瞬ありすとおなじくテンション上がったんですが
無悪に「風前の灯火・・・いや既にただの死骸に過ぎん」って言われててかなしー
遅かれ早かれ死んじゃうのは間違いなさそうですね・・・

 

有馬は彼らは星の未来を紡ぐ宝
この肉体がどうなろうと戦いを止める理由にはならないと宣戦布告

 

 

涙ながらにありすはもう止めてくれと頼む
ろくろは結界を解き、一緒に戦うと鼻息を荒くする
ふたりの言うことを聞かない有馬は振り返って微笑む

「僕は変態パンツ男 ゲス顔で皆をおちょくるのが大好きなちょっぴりドジでキュートなおとぼけリーダーさ♡」

有馬は無悪に対抗する手段は双星か神子だけじゃなく
あとひとつだけ残っていると言う

「己の命を以って可能とする”禁忌”が!!!!」

術を唱えて有馬はケガレ堕ちする
ケガレへと姿を変えた有馬は魚師をぶん殴る
「穢れすら我が物とすル人間の業!見事だ その力があれば小生は更に人と穢れを超えた高みに上がれることだろう」
「いいや君は死ぬんだ ここで僕と一緒にね」

 

まさかのケガレ堕ち!
前話65話で衝撃の死を迎えたと思ってたので驚きの展開です!(毎回驚きの展開ですよね、最近凄い!)

ここで死んじゃわないでそのまま婆娑羅として残って欲しいけど・・・
そうなるとありすは複雑な気持ちですよねーーでも姿はどうであれ生きていてほしいはず
無悪はどうにか倒せるのでしょうか?でもまだ悠斗や加布羅もいるわけで・・・ピンチはそれでも続きます
400体相手にする、外も気になりますね!

 

双星の陰陽師 66話へ続く
 

 

 

“双星の陰陽師 最新 65話 ネタバレ 感想 ジャンプSQ12月号” への6件のコメント

  1. この先の展開は全く読めません。が、頻繁に「陽の呪力だけでは」「双星じゃないと」と紅緒登場のフラッグが立ってます。
    有馬を救うにはレゾナンス以外ないようなので。

    1. たしかにー紅緒登場フラグたってましたね!!そろそろ二人揃うとこが見たいです

  2. そうかケガレ墜ちか
    呪力の増大と肉体の欠損部位の補修。両方出来る一手です

    島に渡ってからほとんど話題に出なかったので忘れてましたがケガレ墜ちがありましたね

    いや、むしろこの衝撃の展開のために島ではケガレ墜ちの話を出さなかったのか

    陰陽頭様最後の戦い…(´;ω;`)

    後気になるのは
    ・無悪さんの陰陽消滅はやはり神子の模造品になるもの
    ・婆娑羅も現では半日しかもたない

    辺りでしょうか

    1. もにゃらさん

      コメントありがとうございます!ケガレ堕ちは驚きの展開でしたね。これで無悪はなんとか倒せるって展開でしょうか。まだヤバイのがたくさんいるので・・・無悪だけでもなんとかしてほしいですね。

  3. 有馬がここまでしないと未来が守られないというのは過酷だ、ここの人達の予想どおり有馬が生きている展開だったのは嬉しかった。だが、清弦のときは出ていけたが、強くなったろくろは出ていけない。それほど清弦と有馬の力の差が大きいのだろう。聖丸、銀鏡と無悪の差もこのぐらいなのだろう。ろくろは今回何もできないのだろうか?
    ここで一点気になることが、無悪はあまり穢れ落ちのことを知らないようだが、有馬は知っていた。更にこの結果はあまりにも出来すぎていると思う。何がどうなるかわかっているようだ。優斗の行動は有馬とつながっていた?又は優斗の成果をどこかで手に入れた?それとも、有馬、天馬、鈩の家だけ裏の顔があるとか?優斗の黒幕は優斗によって有馬に売られた?想像すると穢れ落ちについてはまだ別件がありそう。
    気になることが2つ、恵治はどこに向かっているのだろう。紅緒はどうやって島に渡ってくるのか?それとも既に到着する寸前なのか?
    12天将達はどうなるのか?コーデリアは死を覚悟している。繭良と昴は?みんな死んでほしくないのだが・・・。既に来月が待ち遠しい。

    1. 暇人Aさん
      コメントありがとうございます!
      有馬、天馬、鈩だけしか知らない事情というのはいろいろありそうですよね!
      ケガレ堕ち状態での戦闘シーンでそのあたりが明かされていくと面白いのですが。。。
      にしても天馬は今何処にいるんでしょうね。。。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。