双星の陰陽師 最新 66話 ネタバレ 感想 ケガレ堕ち有馬 対 無悪

漫画「双星の陰陽師」、最新第66話「僕のお父さん」のネタバレ感想です。無悪が創り上げたケガレ400体が土御門島を襲う。呪装した雲林院憲剛と水度坂勘久郎が応戦。ろくろは無悪を倒そうと怒るが有馬が復活しケガレ堕ちして無悪に立ち向かう。ジャンプSQ2019年1月号掲載エピソード。

 

 

66話の続き、双星の陰陽師最新67話のネタバレ感想はこちら

前話、双星の陰陽師 65話のネタバレ感想はこちら

 

前話、双星の陰陽師 65話の振り返り

 

双星の陰陽師 65話 ネタバレ

鳥居が壊されケガレが土御門島へ大量に飛び出す、ふたがりが発生し島は恐怖のどん底へ。呪装した雲林院憲剛と水度坂勘久郎が応戦する

無悪に怒りをぶつけようとするろくろだったが有馬が息を吹き返す。瀕死の状態の有馬は最後の力を振り絞り自らケガレ堕ちする

 

双星の陰陽師 最新 66話 ネタバレ 感想

 

センターカラー
17巻そして天縁若虎、小説も発売ってすごい!
3冊同時ってすごすぎます

 

 

 

ケガレ堕ち有馬 対 無悪
ケガレ堕ちした有馬の姿に言葉を失うろくろ、有馬はケガレ堕ち自体、陰陽連が生み出したものだと説明
ケガレ堕ちは陰の気を取り込み、双星と神子に近づくために生み出された呪術で
陰の気を制することができるのは太陽と太陰のルーツを持つ双星か
安倍晴明から呪力の恩恵を受けた土御門宗家の陰陽師だという

有馬は無悪の持つ陰陽消滅という力に勝つにはケガレ堕ちしかなかったと
無悪に襲いかかる。応戦する無悪、ふたりの殴りあいがはじまる。

 

同じ頃
呪装した雲林院憲剛と水度坂勘久郎は破壊された鳥居から飛び出すケガレに対処していたが限界が近づいていた
蛇穴証算と戦っていた御厨はケガレにやられ、勝神コーデリアが助けに入る

目を覚ました繭良の目の前には御幣島すばるが
繭良はケガレの大群が現れなげきの台が破壊された時にみんなを守るため
白蓮虎砲を呪装したのだった
ともに勘久郎らの助けに向かおうとしたところでケガレが襲いかかる

 

繭良やっとでてきたーーとテンション上がったんですが出番一瞬だった(笑)

 

 

 

苦戦する有馬
その姿をみつめるありすは最高の陰陽頭になりたいと母に告げた時に言われた言葉を思い出していた
「陰陽頭はね この島で最も強く 最も勇敢な陰陽師のことを言うのよ」

ありすは泣き笑いの表情で有馬に声援を送る

「頑張って・・・お父さん 悪いケガレなんてやっつけて下さいっ!!」

 

有馬は無悪の胸に両腕を突っ込み自爆する
深度2013と深度1230を繋いでいた甘露門が消失
移動中のケガレたちも消滅した

 

有馬はこれでついに亡くなってしまいましたかね・・・
圧巻の最期でしたが、まだ生きてるんじゃないか、生き返るんじゃって期待しちゃいます
無悪が死んだので婆娑羅たちも一旦退却でしょうか
無悪亡き後は誰が仕切るんでしょうか、まさかの悠斗?

それとも紅緒もまだ来てないのでしばらく戦い続く展開でしょうか?

 

双星の陰陽師 67話へ続く
 

 

 

4 thoughts on “双星の陰陽師 最新 66話 ネタバレ 感想 ケガレ堕ち有馬 対 無悪

  • 2018年12月8日 at 6:09 PM
    Permalink

    悠斗の一番の目的は陰も陽兼ね備えた究極の陰陽師!!
    この後ろくろと戦うと思う。
    無悪が言った「太陽の呪力を手に入れるのは私ではない」とも辻褄合う。
    でも歴代の太陽や太陰も婆娑羅にやられているはずなのでその婆娑羅たちは現在どうなっているのか不思議??

    Reply
    • 2018年12月8日 at 6:30 PM
      Permalink

      コメントありがとうございます。もう有馬死んでしまって、この闘いは終わったんだって勝手に解釈してましたが(笑)
      悠人いましたね!なんとかしなきゃですよねーまだピンピンしてるし

      Reply
  • 2018年12月21日 at 12:28 AM
    Permalink

    そもそもケガレ堕ちしているゆうとは何で制御できるんですかね?
    蘆屋道満の血筋だからなのかな、、、

    Reply
    • 2018年12月22日 at 2:11 PM
      Permalink

      コメントありがとうございます!
      悠人って蘆屋道満の血縁なんでしたっけー?
      次回は悠人エピですかねー

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。